PSYCHO-PASS サイコパス2 #11「WHAT COLOR?」

PSYCHO-PASS Sinners of the System

ホントに綺麗に終わった…の巻。
ツイッターの実況および実況後の感想やら考察とか#pp_anime


「散れ、漆黒」と東金をドミネーター撃とうとした鹿矛囲と、鹿矛囲を殺すためにナイフで襲いかかる東金。しかし、「ダメ!」と朱が東金を押さえ、間に入られたことによって鹿矛囲のドミネーターは照準が朱に向いたことでロックがかかる。
揉み合いの末、東金を制圧する朱。…東金弱ッΣ(゚Д゚)!! …いや、朱がメスゴリラなだけだよな、絶対w
東金に手錠をかけ、身動きを取れなくする朱。
「ヤツのせいでお前の祖母は死んだ。何故守る!?」と、朱に対し鹿矛囲に殺意を向けさせようとする東金。しかし朱は「鹿矛囲はおそらく殺害に関与してない」と答える。
「正気か? その男が誘拐させたんだぞ」と尚も朱を煽る東金だが、朱は「確かに彼なら私の家族情報を得られた。でも、それは公安局の人間も同じ」と冷静に分析。
朱の答えに「犯罪者ではなく同僚を疑うのか?」と、朱はサイコパスが濁るのを恐れて鹿矛囲への感情から目をそらしているだけ…と、東金は言い、「憎しみも殺意も消せはしないぞ」と吐き捨てる。
その瞬間、朱の脳裏によぎったのは、槙島に殺された友人・ゆき、縢、征陸のとっつぁん、青柳さん、蓮池、そして葵ばあちゃん――死んでいった人たち。
私は、守らなければいけない大切な命を守れなかった。だけど、法を守ることを絶対諦めちゃいけないんです
1期で出した朱の答え――刑事としての信念。
1期最終回で、「法は人の思い、人の祈り」。だからその「思いや祈り」を無意味にしないために「法を守る」ことを信念として見出した朱。前回、その信念が揺らぎそうになるも、狡噛さん(のスタンド)がその信念を後押しした。
だからもう、東金が何を言おうと、朱は迷わないし揺るがない。
「行きましょう」鹿矛囲を促す朱。「待て!」その背に叫ぶ東金。
「ふざけるな。お前たちに母さんを汚させるものか!」

車両の対比区画では3係と鹿矛囲の仲間たちが交戦中。3係によって倒れていく鹿矛囲の仲間を援護するために水絵がボウガンで3係を襲うが、「そこまでだ酒々井!」とギノにドミネーターを向けられる。ボウガンとドミネーターを同時に撃つ水絵とギノ。しかし、ボウガンはギノの左腕(義手)に当たり負傷させることができず、ドミネーター(パラライザー)も水絵に当たるが、水絵は薬物を使っているために立ち上がってしまう。
「私…まだやれるわ、鹿矛囲!」再びボウガンをギノに向ける水絵。「神経刺激薬か、そうまでして…」水絵が薬物を使っていることに気づくギノ。しかしその瞬間ボウガンがドミネーターを弾く。
だが脇にいた雛河が水絵をドミネーターで狙撃したことでボウガンを取り落とす。「あと少しで鹿矛囲が世界を変えてくれる!」ボロボロになってなお、水絵はまだ鹿矛囲に尽くそうとしていた。

シビュラ本体へと向かう朱と鹿矛囲。「何故、案内する気になった?」と問う鹿矛囲に、朱は「あなたを正しく裁くためよ」と答える。朱の答えに「法の外で処分することもできた」と言う鹿矛囲。しかし朱は「そんな選択肢は存在しない」と言い切る。
「その断定が、あなたをクリアに保っているのが分かりますよ」と鹿矛囲のホロ――人格のひとつである向島は言う。
「君は、シビュラに何を期待しているの?」大津は問う。「シビュラに終わりをもたらすこと?」染水が言う。
人間性を犠牲にした、この理想社会で『正しい裁き』とは何でしょう?」向島は問う。
「俺は、あれが裁かれるのが見たい!」萩野*1が叫ぶ。
それを聞いた朱は「別の可能性もある」と答える。
「あなたも…いえ、あなたたちも気づいてるんでしょう? 望んだ答えが得られるとは限らない。それでも進むの?」
シビュラ本体の元へ行くとはいえ、シビュラが朱の提案を受け入れるとは、そして鹿矛囲の望みが叶えられるとは限らない。それでもこの先へ進むのか…朱は問う。
「僕たちが死んだ理由…死んだまま生きる意味を探して、ここに辿り着いた…」鹿矛囲が口を開く。
「大勢の願いを託されて…」鹿矛囲に向島が重なり、そして語る。
「みんな、癒やしという暴力に苦しんでる」大津は泣く。「救わなきゃいけないんだ」重なる鹿矛囲もまた、涙を流す。
「シビュラに報いを。それ以外に救いはない」そう言い切る染水。「人の怒りが社会をクリアにするのよ…」――果たして語っているのは鹿矛囲なのか、向島や染水たちなのか…。
おそらくは、それぞれの人格。向島・大津・染水・萩野は鹿矛囲の別人格というか、繋ぎ合わされた脳の人格なんだろう。多重人格のように「個」が切り替わるのではなく、シビュラのように知識も感情も共有しながら「鹿矛囲桐斗」を成している…と考えたほうがよさそうだな。
「これはゲームなのさ!」萩野は怒り叫ぶ。「俺たちとシビュラの」鹿矛囲もまた怒りを露わにする。
「違うやり方もあったはず」それを聞いた朱は言う。「社会を恨む人たちの思いばかり背負わずに」
「そんな選択肢は存在しない。もっと早く君と話せていたとしても…」きっとこうなる運命だった…とばかりに鹿矛囲は答える。

「私の実験動物が、こんな騒ぎを起こすとはね」シビュラ本体の入り口の前で待ち構えていた美沙子は、鹿矛囲にドミネーターを向ける。
「まだ答えは出ていない。そうでしょ?」恣意的にドミネーターをいじることで鹿矛囲を殺処分する気だと気づいた朱は、美沙子ではなく『シビュラ』の答えを聞こうとする。
常守朱。あなたの監視官権限はたった今剥奪されたわ」そう告げる美沙子。「ここを出て野垂れ死ぬといい」美沙子はシビュラではなく個人=禾生の権限で朱の監視官権限を奪った。
しかし、朱は動じることなく言う。「それがシビュラの答えか、あの扉の向こう側で聞くわ」
一触即発の美沙子と朱。しかし、そこで鹿矛囲が前に出る。
「僕たちという存在をかけて聞こう。シビュラよ、僕たちの色が見えるか?」鹿矛囲も美沙子にドミネータを向け、問う。

一方、朱たちを追いかけるため、東金は何とか手錠から抜けようとしていた。
「母さんさえいれば、他に何も要らなかった…なのに」回想する東金。
東金は子供の頃――おそらく10歳の時、母・美沙子に突然別れを告げられる。「この社会を司るものとひとつになるの。これはとても素晴らしいことなのよ」免罪体質者である美沙子はシビュラ入りすることに。そのことで東金に別れを告げるも、シビュラ入りすることに歓喜していた。
「あなたもいずれ、同じ場所に導かれるわ」まだ人工的免罪体質者であった東金もまた、美沙子同様にシビュラ入りするだろうことを暗示する美沙子だったが、愛する母と別れたくない東金は「母さんは僕だけのものだ」と美沙子を殺害してしまう。
…あ、あぁ、なるほどね。東金が史上最高値の犯罪係数を叩きだした理由ってそれね。これほど直接的にシビュラを憎めば、そりゃ700も超えるわw
しかし、8話での記録では、美沙子が死んだのは5年前になってるんだが、鹿矛囲の手術(15年前)にも立ち会っていたような描写だし、これはダミー美沙子=義体を使ってた可能性が高いな。小説でも高級官僚の義体にシビュラ脳たちが入って息抜きしているという説明もあったし、美沙子がシビュラと義体を行き来しながら東金財団に都合のいいようにシビュラをコントロールしていたと考えたほうが自然だもんな。
東金は施設に収容され、美沙子は脳を取り出され、シビュラの一員となった。

「そして俺は黒く染まった…」
執行官になり、母に再会した東金は、担当監視官のサイコパスまで意図的に悪化させ執行したことで「何故そんな真似を?」と問われる。
「それが俺の存在理由だからです」と答える東金。「黒いものはより黒く。清いものすら黒く染める。そうすることで母さんは美しく輝き続ける。全ては、あなたへの愛ゆえに」そう言い、子供のように笑う東金。しかし、美沙子は表情を動かさない。
果たしてこの時の局長は美沙子だったのか? 東金が美沙子だと思っただけで、実は中身は他のシビュラメンバーで、そこでちょうど鹿矛囲の手術の件もあって、東金母子を危険視したシビュラ反美沙子派が美沙子を排除するために画策し始めていたとしたら…。
「母さん…」思い出に涙をこぼす東金。
手錠から抜け出すため、万年筆を取り出すと東金は手に突き刺…したと思ったんだけど、どうやらあとの場面のキャプ画像を見ると、手首に傷があるんで、無理やり手錠を壊したみたいだな。
痛みに呻きながらも歪んだ笑みを浮かべる東金。…今回のゲス金ときたら、顔芸素材の宝庫すぎて困るw

鹿矛囲が美沙子に向けたドミネーターは案の定ロックがかかる。「無駄よ」と笑う美沙子はドミネーターを恣意的にエリミネーターへと変化させる。…やっぱりかいw
それを見ても鹿矛囲は動じることなく、問う。「シビュラシステムよ。裁きの神を気取るなら選べる道はひとつだ。お前たちがお前たちでいるために乗り越えねばならない存在が、目の前にいるぞ!」鹿矛囲は叫ぶ。美沙子ではなく、その奥のシビュラシステムに。「裁けるか、僕たちを! 問えるか、僕とお前の色を!」と。
――その瞬間、動きを止めるシビュラ。
「犯罪係数オーバー300。執行モード・リーサル・エリミネーター」鹿矛囲のドミネーターから発せられる音声。そしてエリミネーターへと変形する。「何!?」免罪体質者である自分に対してドミネーターが変形したことに驚く美沙子。
鹿矛囲のドミネーターに表示された美沙子の犯罪係数は325.7。「これがお前の色か、東金美沙子」引き金を引く鹿矛囲。
ドミネーターの光で鹿矛囲のホロが揺らぎ、彼の本来の顔が一瞬露わになる。184人の遺体を移植された継ぎ接ぎの体――そう、「鹿矛囲桐斗」の姿すら、ホロだった
「認めない! こんな…変化を!!」撃たれた美沙子は頭部を爆散させ倒れる。苦々しくそれを見つめる朱。
下顎から上の頭部を失った美沙子…いや、局長の義体の脇をすり抜け、シビュラ本体へを向かう鹿矛囲と朱。

「裁きの時だ」シビュラ本体と対峙する鹿矛囲。そして朱。
鹿矛囲と184人の犠牲者がシビュラにドミネータを向ける。発せられた犯罪係数はオーバー300。エリミネーターへと変化するドミネーター。
「これがお前の色か、シビュラ――」引き金を引こうとする鹿矛囲。しかしその瞬間、シビュラの声が…。
「ようこそ、鹿矛囲桐斗」その声に動きを止める鹿矛囲。
「協議により、私たちは貴方たちを認識することを、決断しました」「また、常守朱の提案通り、集合的サイコパスを成立させます」
ユニットから浮かび上がる数十体の脳たち。
「その上で、私たちの犯罪係数を上昇させる要因を廃棄します」浮かび上がった脳から生命維持装置的なものが外され、黒く濁っていく脳ユニット。その中でバラバラになり溶けていく脳。
…なるほど、集合的サイコパスを成立させ、そして犯罪係数上昇要因であった美沙子と美沙子派であろう脳を排除することでシビュラのクリアさを保ち、かつ鹿矛囲の裁きを成立させたか。…ん? 大体の予想当たっちゃったじゃん!?w
「今、私たちは新たな認識と完全性を獲得しました。これが、私たちの進化の形です」集合的サイコパスの成立によって、シビュラは進化を果たした…んだが、結構な脳を廃棄したけど、大丈夫なのか?
「対象の脅威判定が更新されました――犯罪係数ゼロ」
ロックされる鹿矛囲のドミネーター。これでまたシビュラはドミネーターでは裁けない免罪体質へと戻った。
鹿矛囲の裁きを見届けた朱は「これが答えよ、鹿矛囲桐斗」と、彼の背にドミネーターを向ける。
「あなたを逮捕します」今度は朱が鹿矛囲を裁く――。


一方、3係は犯人たちが立てこもる車内に突入し、最後のひとりを執行。ギノもボロボロの水絵に投降を呼びかける。
「もうよせ」と叫ぶギノに「まだよ…私が鹿矛囲の道になる」と、3係が設置した爆弾のボタンを押そうとする水絵。そこで物陰から水絵を狙う強襲型ドミネーター…こ、これは!!
強襲型ドミネーターに撃たれ、倒れる水絵。誰が撃ったとギノと雛河がその方向を見ると、そこにいたのは…す、須郷さん!!
須郷さん…待ってた、須郷さん! 超待ってた!!
「遅くなりました」姿を見せた須郷さんに「全くだ」と安堵の息をつくギノ。
「今回は間に合ったな」と、須郷の仕事を褒めるギノに「はい」と頷く須郷さん。そんな須郷さんを見て微笑むギノ…あぁ、やっと2人のわだかまりが解けたか。そして須郷さんもやっと1係メンバーになったんだな。
「大丈夫、生きてる」雛河が水絵の無事を確認。「お前の後輩を取り戻したぞ、青柳」穏やかな顔で意識を失っている水絵を見て、ギノは今は亡き青柳さんに報告する。
…てか、よかった。須郷さんもだけど、青柳さんの存在が忘れられてなくてよかった。彼女が自身の正義と信念を貫いた果てに命を落としたことは、朱もギノも知るよしがなく、我々視聴者しか知らないんだけど、それでも朱やギノが彼女の死に報いるべく自分の務めを果たそうとしてたことが、この最終回で描かれてよかった。
そして劇場版に登場することは分かっているのに一向に復帰しない須郷さんは、もう劇場版まで出てこないで終わるんじゃないかと思ってたけど、ここで復帰してよかったε-(´∀`*)ホッ
6話で、ちょっとだけわだかまりは解消してたけど、和解という意味では今回がそうだろうし、青柳さんを死なせてしまったという自責の念にかられている須郷さん自身が前に進むためには、このエピソードは必要だったな…と。
あと劇場版予告を見て、2期は雛河と須郷さんの顔見世と、強襲型ドミネーターの登場が必要だったってことが分かったので、ホントに上手くこのふたり(と強襲型ドミネーター)を活躍させるエピソードを作ったなぁ…と感服してるわ。

手錠を壊した東金は、朱と鹿矛囲の後を追い、その途中で美佳を呼び出す。…あ、親指プランプランしてるから、手錠に引っかかる親指の付け根部分を切るか折るかしたのか。
そしてシビュラ本体の入り口までたどり着いた東金が目にしたものは…頭部を飛び散らせた局長の義体=美沙子。
「母…さん」再び愛する母を失い、絶望の叫びを上げる東金。
一方、東金に脅され続ける美佳は「このままじゃないけない。全てアイツが悪いんだ」と、自身のサイコパスのために東金を排除することを決意する。
局長の命令で別任務に向かうと嘘をつき、現場を離れる美佳。しかし、弥生は美佳の行動に何かあると気づく。

ドミネーターから発せられた鹿矛囲の犯罪係数は400。エリミネーターへと変化する朱のドミネーター。
「僕は今、何色かな?」朱に問う鹿矛囲。そしてシビュラは朱に速やかな執行を求める。しかし朱は撃とうとせず、鹿矛囲に投降を呼びかける。
「感じるよ…。あれの中にも自分の色を取り戻せて喜んでる者たちがいる」そう語る鹿矛囲。そして「君こそ、何故シビュラにドミネーターを向けない」と朱に問う。
「集合的であるならば、ドミネーターを向ける者もまた、その一部になる。別の誰かが向ければあれは違う色になるかもしれない」
朱は気づく。鹿矛囲の真意に――。
「シビュラはもう後戻りはできない」鹿矛囲はなおも語る。「いつか本当の裁き手が現れた時、あそこにいる脳が最後のひとつになっても、犯罪係数は下がらないままかもしれない」
「まさか…最初からそのつもりで」朱は気づいてしまった。シビュラは全能者のパラドクスを解決するために集合的サイコパスを成立させた。それはシビュラ自身の集合的サイコパスを濁らせる要素を排除していくこと。そしてそれをし続けることでシビュラを構成する脳は減り続け、いずれシビュラはシステム=自身を維持できなくなる可能性がある――鹿矛囲の真意はそこにあった。
「もしかすると、その裁き手は、今、僕の目の前にいる人かもしれない」朱こそが真にシビュラを裁ける存在であることを、鹿矛囲は見出していた。もしかすると、それは最初から…。
「やめて…私はあなたじゃない。誰彼構わず人の願いを受け入れたりしない」否定する朱。
「せめて、血を流さない道を選んでいれば!」鹿矛囲と自分は分かりあえたかもしれない…。しかし朱にはもう鹿矛囲を裁くしか道は残されていない。
「そんな選択肢は、存在しないんだ」しかし、鹿矛囲たちは答える。こうするしかなかった…と。
その瞬間、「そこから出ろ、冒涜者ども!」と東金が現れる。

立ちふさがる朱に、東金は自分が葵ばあちゃんの殺害したと暴露する。朱は憎しみを募らせ、犯罪係数が80まで上昇。朱が濁り始めたことに笑う東金。
しかし、その瞬間「別の可能性もある。君も気づいているだろう」と鹿矛囲は朱に語りかける。
君が願う法の精神。もしそれが社会という存在に等しく正義の天秤となるなら、いつかその精神こそが、あそこにいる怪物を本当の神様に変えるかもしれない
その言葉に、自分を取り戻す朱。
それは朱が賭けた可能性。朱が願う未来――社会の形。そして、鹿矛囲が選ばなかった道。
「あり得ない」今まで黒く染められなかった人間はいなかったのに、朱の犯罪係数が下がり始めたことに動揺する東金。
「お前などが、母さんより清らかなものか!!」
おそらく、東金は気づいていたのかもしれない。免罪体質者ではあるが故に美沙子は数々の罪を犯していたことに。母を殺したことで「罪の概念」を持つに至ったが故に、東金は母・美沙子の犯罪を許容できなかった。しかし、母への愛が勝った東金は、ならば周囲の人間の犯罪係数を上げることで母の罪を薄めようとしたのかもしれない。そして母に敵対するものを排除することでしか、母の愛を得られなかった(得られたと感じられなかった)、そんな哀れな子供。
そして、母を奪ったシビュラを憎みながらも、シビュラとなった母を愛するしかないパラドクスに陥っていた、そんな哀れな子供。
…でもね、41歳という、いい年こいたオッサンになってもそれっていうのは、ドン引きですよ、ゲス金さん。
朱を突き飛ばし、東金にドミネーターを向ける鹿矛囲。

互いにエリミネーターを撃ちあう東金と鹿矛囲。エリミネーターが命中した鹿矛囲は朱に笑みを見せ、そしてその身を爆散させる。
やっぱり2期も鹿矛囲のひとり勝ちかい!!
サイコパス名物の「同じことを繰り返す理論」だと、1期で槙島が目的を果たして満足して死んでいったように、2期も鹿矛囲が目的果たして満足に死んでいくENDじゃないかと思ったら、やっぱりかい!!
てか、朱ちゃんってもうこのパターンがお約束なの!?
1期最終回の時にも、「朱ちゃんは欲張りすぎて目的を達成できないタイプ」って言ったんだけど、今回もまさにそのパターンやな。
…いや、厳密にはシビュラに集合的サイコパスを認めさせることによって鹿矛囲の犯罪係数を計測することができた=裁く寸前までは行けたけど、「エリミネーターによる執行」を避けたがために、結局は鹿矛囲に勝ち逃げされてんのよ、朱ちゃんさん。
小説版では朱ちゃんエリミネーターで執行している描写はあるんだけど、アニメ本編では一貫して朱本人はエリミネーターによる執行はしてないのよね。それは「人を殺すこと」を厭っているんじゃなくて、あくまでも「(シビュラによる)死刑回避の選択」なんだよね。朱の正義と信念が明確になっている2期は特に。
とはいえ、朱が死刑制度を否定しているかというと、そこはどうかな…っていう気もする。あくまでも1期終盤(狡噛さん脱走)以降の朱が否定しているのは「犯罪係数300以上は死刑」というシビュラの法制度を否定しているのであって、死刑という制度自体はまだ否定してない気がするんだよね。ただ、今後の社会の変化によって、朱が死刑制度を否定する可能性は充分にあるとは思う。
鹿矛囲が散り逝くさまを唖然と見つめるしかできない朱。
「何故だ…何故染まらない!?」鹿矛囲のエリミネーターは東金の腕をかすめただけだったが、それでも右腕1本を持って行くことはできた。
「東金朔夜。反逆行為、並びに常守葵の殺害容疑で、あなたを逮捕します」東金に告げる朱。
しかし、東金は朱ではないものを見て震えていた。――シビュラシステム。その本体を見て悲鳴を上げ、逃亡する東金。
だが、朱は追いかけなかった。

そんな朱にシビュラは語りかける。「あなたの提案により、私たちの中で議論され続けてきた問題が解決を迎えたのは、喜ばしいことです」
…あぁ、やはりシビュラ自体も美沙子と美沙子派を排除するためにはどうしたらいいかって思ってたわけか。なんかそう思うと、鹿矛囲が事件を起こしたこと自体が、シビュラの手のひらの上で転がされてたようにすら思えるな。
島風に言うなれば、偶然ではなく「必然」で起こった事象…ってことか。どこまでが「偶然」で、どこからが「必然」として仕組まれていたのか…。はたまた最初からシビュラが必然の事象として導いていたのか…。
少なくとも我々に分かるのは、朱を使ってシビュラを脅かす鹿矛囲を排除しようとした東金母子が、逆に朱と鹿矛囲を使ったシビュラから排除された…ってことだけだわな。
2期は「全てがシビュラの手のひらの上で転がされている感」が複雑かつ緻密だったし、1期以上に際立ってたよな。皮肉と絡めて。
「ただし、今の処理能力では、まだ社会全体の集合的サイコパスは成立し得ない。その日のために今後も社会に貢献し、健やかに生きることを推奨します」シビュラの真実を知る者として、そしてシビュラの観察対象として、朱にはまだその価値がある…とシビュラは判断した。
それに何も答えることなく、シビュラ本体から去る朱。

ついに倒れた東金は、美佳がやってきたことに気づく。美佳にドミネーターを向けられた東金。その犯罪係数は899。
「何がシビュラの子よ…真っ黒」美佳が呟くと、東金もまた「母さん…」と呟く。
「あなたも俺も、結局はシビュラの奴隷でしたね…」
シビュラである母に従い、尽くした自分も、そしてそのシビュラから排除された母も、結局は要らなくなれば捨てられる存在であった…と気づいた東金。
1話でさぁ、東金が喜汰沢に「お前は部品なんかじゃない。社会が強制しても抗う心がある限り、ひとりの人間だ」って説いたんだけど、それって彼の本心だったんじゃないか…って気がしてきたんだよね。
東金は自身が母、ひいてはシビュラに利用されていることとか色々と気づいてたのに、「母への愛」しか拠り所がなかったがために全てに目をつぶってしまって、自立できなかったんだろうな。
1期が狡噛・槙島・朱という、似たもの同士でありながら相克する3人組の対比だったけど、2期は朱・鹿矛囲・東金・美佳という、似たもの同士でありながら相克する4人組の複雑な対比だったな…と。
自立という面では朱と東金は立派な対比になっていたんだな。狡噛さんを拠り所にしながらも刑事として自立していった朱と、母しか拠り所がなかったがために自立できなかった東金…と。
そして、朱や東金と対立しながらも結局は東金と似たもの同士だった美佳の選択は…。
「あなたに従った自分が許せない。こうしなきゃ、私がクリアじゃなくなるの」東金を始末することを決意した美佳。
その呟きに、東金は力なく笑う。
この娘が、新しい奴隷というわけですか
シビュラの真実を知りながら、シビュラを否定せず、そして自らをクリアに保つためには手段を選ばない。まるで東金と鏡写しのような存在である美佳に東金は言う。「せいぜいシビュラを美しく保つためだけに、生きて…」
「私を濁らせる人間なんて、消えればいい…!」引き金を引こうとする美佳。しかし、その瞬間、ドミネーターにロックがかかる。
東金は絶命していた。
「私、ここから先へは進みません」それは文字通り、先へ進んでシビュラの本体を見ることなのか。それとも、自分をクリアに保つために人を殺すことすら厭わないと思う心か…。
引き金を引こうとしたタイミングで東金が絶命したことで、美佳は自分をクリアに保つために人を殺さずに済んだ…と考えるなら、後者だろうな。すでにシビュラの真実を知っているから、別に今更美佳はシビュラの本体を見る必要もないだろうし。
「秘密は守ります。いえ、全部忘れます! 何も知りません!」シビュラに向かって叫ぶ美佳。
「私、シビュラを信じます。私、この社会が大好きですから!!」泣きながら叫ぶ美佳。
美佳はもう、自分が後戻りできないところに来てしまったのを知ったよね。シビュラの真実を知ってしまったことで、シビュラに嫌悪感は抱けない。自分がしてしまったことへの後悔や罪悪感はあるにせよ、それに潰されてはいけない。
東金を殺すことでその罪悪感から逃れようとしたけど、今回は東金が殺す前に死んでくれたおかげで、新たな罪悪感に苛まれずに済んだ。
しかし、美佳はこの先、シビュラへの服従と己の正義や罪悪感との葛藤をし続けなくてはいけなくなったわけだ。
ちなみに私はウッカリ劇場版のバレを見てしまったわけだけど、どうやら劇場版でも美佳はこの美佳のままらしくて、そう考えると2期は「霜月美佳の物語」でもあったんだなぁ…と。
おそらく、劇場版を見た時に「いかにして霜月美佳はあぁいうキャラになったのか」という話を描いたのが2期になるんじゃなかろうかと。
美佳が朱と対極する位置に至った理由がこの2期にある。そう考えたら、まぁ…2期におけるこの美佳の描かれ方はしょうがないというか、こう描くしかなかったんだろうなあ…。朱との対比に加えて東金とも対比するキャラクター=美佳だから、これはもうどうしょうもなく嫌悪されるキャラにしかならないというか。
ただやっぱり、読み取り方を気をつけないと美佳というキャラは朱ageの道具としてしか見えてこないのが難点だわな。

地上に上がった朱は、監視官権限が剥奪されたという通達を受けた3係によって捕縛されそうになるが、ギノと雛河が監視官権限が戻っていることを伝える。
「私は今、何色ですか?」朱は問う。
その意味を受け取ったギノは朱にドミネーターを向ける。ロックがかかるドミネーター。
「綺麗なもんだ」朱に伝えるギノ。
そして朱は美佳から、東金が執行前に死亡したという報告を受ける。

雑賀先生は分析官を辞し、施設へ戻ることに。
先生のサイコパスは回復傾向にあり、戻る必要はないという朱に、回復の理由は分かっていると言う先生。
「依存するのは性に合わないんでね」東金に指摘されたことで朱に依存していることを自覚した先生は、あえて施設に戻ることで朱との距離を保とうとしたのだった。
「また来ます」と部屋に入っていく先生の背に言う朱。「楽しみしてるよ」先生は振り向くことはなかったが、拒絶はしなかった。
「触れたらサイコパスが濁る男、か…。いないとなると、ちょっと惜しい気もするのよね」そして先生が去った分析室では、志恩さんがその存在を惜しんでいた。
志恩さんと先生って、なかなかいいコンビだったと思うんだ…確かに惜しいです。同感です、志恩さん!!

一方、弥生の部屋を訪れた美佳は、桑島の証言から葵ばあちゃんの情報を流したのは東金だと判明したと告げられる。
「しかし、彼がどうやって情報を手に入れたかは今となっては分からない」と言う弥生に、「残念です」とシラを切る美佳。
そんな美佳に「誰であれ、許す気はないわ」とキッパリと告げる弥生。
「…同感です」カマをかけられていると美佳は気づくが、それでもシラを切るしかない。
ここで弥生がシャツのボタンを外してて、美佳も上着を脱いでて、「ん?」と思ったんだけど、ベッドらしきものに上着が無造作に置いてあったりすることから、もしかしなくても弥生さん、美佳を食っちゃったんですねw
おそらく弥生は、美佳が自分に対して好意を持っていることを知っていて、それを利用したんだろうね。
5話のように、自分に対しては本音を言うはずの美佳がシラを切ったのは弥生の誤算かもしれないけど、それでも「弥生に嫌われたくない」という美佳の気持ちを利用して、朱と美佳の微妙なパワーバランスを保つ(美佳のほうには傾けさせない)役割を担おうとしてるのかも…というよりは、弥生は彼女の居場所である「1係」を守ろうとしている…と言ったほうがいいのかもな。少なくとも美佳の存在は1係を危うくする存在なんだけど、執行官である弥生は監視官には反逆できない。でも、死んだ佐々山や征陸のとっつぁんに縢、そして逃亡した狡噛さんから受け継いだ「1係」を壊そうとする美佳に対する精一杯の反逆行為が彼女の気持ちを利用すること…と。
「優れた観察者」である弥生が、あえて自らの立ち位置を踏み越えたぐらいだから、弥生は相当、美佳の存在を危険視してる気がする。

そして局長=新体制となったシビュラのもとを訪れる朱。
今回の件でシステムに多くの空席が生まれ、そのことで朱をシステムに迎え入れてはどうかという案が出ているという。「変革を望むなら内側から試みてはどうだ」そう説く局長=シビュラ。
しかし朱は「そこまで私に興味はないくせに…挑発?」と意に介さない。
「断る…ということかね?」と問う局長=シビュラに、「今は、ね」と答える朱。
あなたたち自身が廃棄を選択する時が来たら、一緒に地獄に行ってあげる
朱はシビュラに抗いながら、シビュラと運命を共にする覚悟を決めた。
しかし、1期で予想して外れた「朱がシビュラ入りして、まどかのごとくシビュラの概念となる」というのが今ここで復活するとは…。
おそらく、美佳という「シビュラにとって退屈なほど模範的な市民」が出てきたことで、もはやシビュラにとって朱はイレギュラーな存在なんだよね。そして朱もそれを自覚している。
「今は、ね」とあくまでも現段階でのシビュラ入りを断っているけど、「一緒に地獄に行く」という覚悟もしているあたり、もしこの先、自分がシビュラに入ることでしか変革を望めないのなら、朱はシビュラ入りすることも考えるのかもしれない…無論、最後の手段として。
「集合的サイコパス…」局長=シビュラは語る。
遠くない将来、集団が基準となる社会が訪れる。個人としてクリアでも、集団としてはクリアでない可能性。その疑心暗鬼が混乱を招き、かつてない魔女狩り社会が訪れ、その結果、裁きは大量虐殺へと変貌を遂げるかもしれない。
「その扉を開いたのは、君だ」皮肉を浮かべて笑う局長=シビュラ。
…なぁ、あんまり考えたくないんだけどさぁ。今回、あまりにもシビュラが朱寄りで、まさかアイツがシビュラの中に入ってるんじゃねぇか…とか疑っちゃうんだけど?
あのさ…。鹿矛囲で脳の多体移植=脳を繋ぎ合わせるっていう技術があることが判明しちゃったわけよね。とするとさ、狡噛さんに脳天撃たれて損傷したはずの槙島の脳が、他の免罪体質者(例えば藤間とか)の脳と繋ぎ合わされて「ひとつの脳」としてあのユニットに入れられてる可能性も否めないよねぇ?
今回さぁ、あまりにも朱寄りなのと、もしも槙島がシビュラに入っていたら取りそうな行動――美沙子の排除とか集団的サイコパスの認知とかが行われてて、それこそ美沙子の企みが出てきたあたりで「槙島がシビュラに入ってたら朱の味方をしてくれそうなのに…!」って願ったことが起きちゃったわけよ。
そして朱を「変革するならシビュラの内側からやってみろ」と挑発したり、集合的サイコパスで社会が変貌することによってもたらされるかもしれない危険性を皮肉るとか、なんかこう…槙島を彷彿とさせるんだけど、穿ちすぎでしょうかねぇ?
逆に今の段階では穿ちすぎてても、もし3期をやるとしたらロングパス要件にはなるかもしれないよね。「実はシビュラに槙島がいた。さぁどうする朱に狡噛!?」みたいな感じの。
…いや、むしろ3期以降を続けるなら、いっそのこと集合的サイコパスが浸透した次世代の話にするべきだと思うけどね。
例の試写会での発言*2がどこまでがジョークでどこからが本気なのかは推し量れないけど、サイコパスという作品が本来ターゲットとしたサイバーパンク好きの男性をファン層に取り込めなかったことに悔いているのなら、3期でキャラを一新することで作りなおせばいいんじゃねぇの? と思わないこともなくてな。
まぁ、それでなくてもサイコパスをサーガ化して続けていくのであれば、いずれキャラの世代交代は行わなければいけないし、何よりも「常守朱が主人公の刑事ドラマ」という縛りであれば、朱が監視官でいられる10年間の話しかやれないから、そこでサイコパスという物語を終わらせるもよし、朱の次の世代へ繋げていくのもよし、あとは「どこまで続けるか」という見極めを制作側がやればいいだけの話ではあるがね。
ただ、フジは続編をダラダラと作り続けることでそのコンテンツを殺してしまうことに定評がある*3ので、そこら辺は要注意かな…。
個人的には来たる劇場版で(本編としては)締めてもいい気がするけど、いかんせん夏に謎のイベントがあることで、3期や劇場版2が来る可能性は結構高い気がするんだよねぇ…。
…って締めに入りかけてたわ。本編に戻ろう。
「私はそこまで悲観しない。訪れるのは、正しい法と秩序。平和と自由かもしれない」そう言って踵を返す朱。
「君らしい楽観だ」とその背に返す局長=シビュラ。「楽観だろうと、選ばなければ実現しない」朱は立ち止まる。
社会が人の未来を選ぶんじゃないわ。人が社会の未来を選ぶの。私は、そう信じてる」
それが、今回の事件を通して出した、朱の答えだった。
…てか、それ、選挙前に言って欲しかったわぁ…
今の有権者ってそうじゃない? 社会(政治家)が選ぶ未来に希望が持てないから選挙してもムダ…みたいに思って、棄権や白票を投じることで政治不信を表明するとかバカなこと言う奴までいるじゃん。あくまでも社会の未来を選ぶのは我々なのよ。
新編集版の頃にツイッターで、「サイコパスって話は現代から切り離された近未来SFに見えるけど、実はサイコパスの世界はこの今の世界と地続きになっているかもしれない未来の可能性のひとつであるという警鐘」みたいなことを言ったんだけど、2期でもそれを最後に出して警鐘を鳴らしたな…と。
我々が社会の未来を選ぶことを放棄した結果が、「決断力」をいうものを放棄して、システムに管理され、決断されるあの世界。そういう可能性を現代社会はもうすでに秘めているんだよ…というのが、サイコパスという物語がSF的警鐘を鳴らしている部分じゃなかろうか。
そして思うのは、前述した本来ターゲットとしたサイバーパンク好きの男性をファン層に取り込めなかったって理由の一因になり得ているのかは分からんけど、SF(サイバーパンク)としてはあまりにも現代社会に近すぎたせいかもしれんね。
ドミネーターという突出したSFガジェットやはあるにせよ、ホロなんかはあと一歩の技術だし、こまごまとしたガジェットがあまりにも現代社会寄りすぎて、変にリアル感がでてSFらしさを感じさせなかった…ってーのはあるよね。
SFだけどサイバーパンクってよりは、俄然、刑事ドラマ色のほうを強く感じるし、正直、あの例の発言は「どの口が言う」としか言えないわw むしろこれでサイバーパンク好きの男性ファンが多数つくと思っていたのかと…キャラデザなんかも含めて。

そして新たな日常へ…。
1係には正式に須郷が加入…てか、須郷さん、その机の位置は新ハウンド3っすか!?
ギノと仲良くやってる…とか、腐ったお姉さん方の胸が熱くなるじゃないですかー!!(人のこと言えんのかよw)
雛河も1係に馴染み、美佳はやっぱり美佳のままw
そして施設に収容された水絵は自分の目で世界を見る…。自分を見つめなおした水絵には、ぜひとも穏やかに生きてもらいたいもの。潜在犯になってしまったので穏やかにも何もないだろうけど、それでも今度こそありのままの自分で生きていって欲しいと願うよ。

そしてED後のCパート。
綺麗に片付けられた朱の部屋。タバコを消し、部屋を出て行く朱。
ものっそ綺麗に終わった―――――ぁ!!?
前回まで「本当にあと1回で終わるのか!?」と危惧していたのが嘘のように綺麗に終わった…。
…でもね、…ないよね? アレが、ないよね!? そう、「シビュラはどうたら…」っていう文言。
あ、そうか、劇場版に続く…というか、劇場版で出てくるのか、新しいその「シビュラはどうたら」っていう文言。
しっかしまぁ、ホントに綺麗に終わらせたよねぇ…見事なくらい綺麗に終わらせて感服したわ。
変に劇場版を意識した終わり方でないのがまたいいよね。逆にこれ、劇場版へ繋がるような終わり方だったら萎えてたと思う。
あくまでも2期単体でENDマークを付けたのは正解だと思う。
1期→劇場版として作られていたところに、そこを繋ぐために作られた2期なんだけど、ホントによく作ったなぁ…ってとにかく感服しかできない2期だわ。1期があって、そして先に劇場版があったというガチガチの制約の中で、新たなシビュラの穴を見つけ出し、鹿矛囲という革命者に犯罪を起こさせ、そして更に複雑に絡まりあったドラマを、ホントよくぞ描いた!!
細かい部分ではモヤッとしたりモニョる部分もあるけど、とにかく気持ちのいい終わり方だった。1期に比べたら爽快感は倍以上あるよね。
そして、全く劇場版へ繋げる要素もなく終わったのに、この爽快感が更に劇場版を楽しみにさせてくれるね。
ただ、2期をまとめるには、劇場版を見ないことにはまとめられない気がしている。おそらく、劇場版を見ることで分かる部分って結構ありそうな気がするし。
しかし、それでも現段階で2期をまとめるならば、1期があり、そして先に劇場版の脚本があり、その2つを前提としたガチガチの制約の中で、よくぞここまで緻密に、複雑に2期のドラマを作り上げたもんだと、ただただ感服するばかり。
ただ、1期および新編集版を超えたかと問われると、私は頷くことはできないけど、それでも「優れた刑事ドラマ」として私はサイコパス2期はお勧めできる。
そして1期は「未来に希望が持てたらいいよね」という終わり方だったけど、2期は朱が集合的サイコパスをシビュラに認めさせたこともあって、「もしかしたら未来に希望が持てるかもしれない」という一歩前に進んだ終わり方だったのもまた良かったよね…と。多分、2期の終わり方に感じた爽快感はそこかな。
「一歩前に進んだ」というのは、シビュラが集合的サイコパスを認めたことで「進化」したということなんだけども、ここでサイコパスという物語を見るにあたって必要な「2つの価値観*4」が出てくるのよ。
シビュラが集合的サイコパスを認めることで自らも裁きの対象となった。そのことで個人個人はクリアでも集団としては潜在犯となる社会となり、それが市民の疑心暗鬼を産んで魔女狩り社会になる危険性を孕むことになった。すなわちそれは、シビュラは進化しつつも旧社会へと「退化」して行くことになるのかもしれない。
それに、朱の望みはおそらく人々が自らの手でシビュラと決別することを選択する社会なのだと思うのだけど、早い話が自分で考え自分で選択するという旧社会への退化なんだよな。「シビュラが進化」することで「社会が退化」するってーのも、なかなかSFらしい皮肉ではある。
とはいえ、あくまでも「進化が退化という皮肉」…いうのは、我々視聴者の価値観での話。
サイコパスのあの社会は、人間が思考や決断といったものを放棄した世界。今回、シビュラが集合的サイコパスを認めて「進化」したことにより、もしかしたら市民(人間)が自ら考え、決断する要素は増えていくのかもしれない。
自分で思考することなく、シビュラに決断を委ねている人間たちが、シビュラの進化によって思考力や決断力を取り戻せば、それはあの世界の価値観では「進化」に当たるんだよね。
自分で思考することなく「決断力」を放棄し、シビュラに決断を委ねた人間たちが、そのシビュラが「進化」することで決断力を取り戻す…。進化であり、退化であり、原点回帰でもある…ってことか。
ループしているようで実は螺旋を描くスパイラルな物語でもあるサイコパスらしいっちゃサイコパスらしいし、1期とは違って、そこに希望を持たせた2期の終わり方は、それもまたスパイラルな物語であるサイコパスらしい終わり方だったのだろう。
…しかし、前述の通り3期や劇場版2をやって欲しいかというと、素直に頷けない部分が大きいのも確か。
最初に槙島(免罪体質者)というチートを出してしまったことで、それ以上の犯罪者はいないと詰んだはずの2期で出てきたのが、プチシビュラとも言える集合体である鹿矛囲。ならば3期or劇場版2で出てくる犯罪者は…?
探せばあるんだろう。なにせ今回「集合的サイコパス」という新たな概念が生まれた。ならば3期or劇場版2は、お手軽にそこつけばいい。
しかし、続ければ続けるほど、どんどん設定はガチガチになっていく。そしてそのうちサイコパスファンであるクリエーターしか物語を作れなくなる。この先続けていくことによってどんどん内輪受けの作品になるかもしれない…そんな危険性をもう孕んでしまったわけだ。この2期と劇場版で。
派生するスピンオフならまだいい。しかし、アニメ本編は内輪受けの作品になるべきではない…と私は思う。2期で冲方丁と熊谷純という新しいクリエーターを入れたように、この先も続けるならば、然るべきタイミングで新しいクリエーターを入れて風通しを良くしないと、攻殻機動隊シリーズのように「ファンにしか受けない作品」にサイコパスもなってしまう気がするんだよなぁ…。
ただ、個人的にはサイコパスという話がサーガ化していくことには賛成というか、あの社会が長い目で見た時にどうなっていくのか、その社会の中に生きる人間たちはどうあがいていくのかというのは興味があるし、できることならば見てみたい。
それに「常守朱が主人公の物語」としては、朱が監視官でいられる10年間しか描けないし、劇場版時点で2116年ということは、あと6年分…おそらくはあと1回か2回しか「常守朱が主人公の物語」は描けないはず。そしてその間に朱がどれだけ社会を変えられるというのか…。
とはいえ、「シビュラを打倒する物語ではない」ので、朱がシビュラを打倒する必要はないし、道半ばで物語が終わることだって充分にありえるわけで、要は、1期・2期、そして劇場版もそうであろう「綺麗に終わらせた」はずの物語をダラダラと続けてサイコパスというコンテンツが死んでしまう前に綺麗に終わらせることが最も重要だと思うので、そういった意味では、やはりこの劇場版で終わっとくべきという気もする…。
これはあくまでも2期が終わった今現在の気持ちなので、劇場版を見たら、もしかしたら「いや、やっぱり3期やろうよ、このメンバー(キャラクター)で」って気持ちになるかもしれないし、「やっぱり劇場版で終わっとくべき」という気持ちのままかもしれない。
もうなんかグダグダと言ってるけど、早い話が早く劇場版見たいってことですよ、今はw


そして、各話最大1週間遅れの範囲で何とかサイコパス2期のブログも完走出来ました。
拍手やコメント、ツイッターでの感想やコメント、ありがとうございました。
多分、劇場版までブログを書くと思うので、もし良かったらもう少しお付き合いいただけると幸いです。


Who What Who What(期間生産限定盤)(DVD付)

Who What Who What(期間生産限定盤)(DVD付)

ラジオCD「PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」復活SP

ラジオCD「PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」復活SP

*1:鹿矛囲のホロのひとつだった5話の軍事ドローン施設のオペレーター

*2:女性ファンの多さというか男性ファンの少なさに本広以下の製作陣が驚いたという話

*3:踊るシリーズや海猿なんかがいい例

*4:我々視聴者が持つ現代社会の価値観と、サイコパスという物語社会の価値観

PSYCHO-PASS サイコパス2 #10「魂の基準」

PSYCHO-PASS Sinners of the System

本当に次回で終わるの…か? の巻。
ツイッターの実況および実況後の感想やら考察とか#pp_anime


地下鉄をジャックし、ついに最終目的へと動き出した鹿矛囲たち。
管制室では鹿矛囲たちがジャックした地下鉄の異変に気づき、全運行列車の緊急退避措置を取るが、その措置もすでに鹿矛囲たちの計算に入っており、ポイント切り替えに失敗。鹿矛囲たちがジャックした列車を含む全列車が退避区画に集まってしまう。
てか、分かりやすいくらいの「交渉人 真下正義」オマージュだなw
フォロワーさんいわく、1期から端々に本広オマージュはあったけど、2期は更に本広オマージュが多いとのことなんだけど、これはもう誰が見ても真下正義まんまだわw
「…始めよう」ついに開始される作戦。地下で起こる爆発。爆発によって開いた穴から流れ込む汚染水。同時に水絵も地下でデコンポーザーによる破壊工作を開始。
同じ頃、公安局も地下の異変に気づく。列車が退避した区画は、周囲が汚染水の流入したことによって孤立。排水できない以上、乗客の脱出は不可能。…あぁ、さっき水絵が破壊してたのは排水装置か。
しかし、脱出できないのは中にいる鹿矛囲たちも同じこと――「自分たちごと閉じ込めた…その狙いは何だ?」首を捻るギノ。

国交省を骨抜きにしすぎたわね。鉄道の隣接エリアが浸水したままとは…」当然、この自体は局長(美沙子)=シビュラも察知。泉宮寺さんの時もそうだったけど、国交省は地下については随分と杜撰なようで…。
「そう…。彼らが再び我々に取って代わろうとした時のために、不祥事のネタを残していたわけね」その国交省の杜撰さも、厚生省(シビュラ)VS国交省という利権戦争の一部…厚生省側が仕掛けた国交省の不祥事のネタってわけか。で、それを鹿矛囲に使われてしまった…と。
「おかげで乗客500人以上が鹿矛囲の人質になったようよ?」と嘲笑う美沙子。
…うーん。この国交省の不祥事のネタ=地下についての杜撰さをワザと作ったというのもシビュラなんだけど、それを「鹿矛囲に使われちゃったわよ」と美沙子が嘲笑うあたり、やっぱりシビュラ内で、美沙子VS他シビュラメンバーの対立がありそうな感じだよなぁ。
「目的? …まさか。地獄の季節の再現だけで満足する程度なら、とっくに処分できているわ」美沙子は鹿矛囲の「本当の目的」に気づいているようで…。
地下鉄車内では鹿矛囲たちが乗客にドミネーターを向け始めていた。
そして、現場には3係が向かうが…。

一方、葵ばあちゃんを始末した東金は何食わぬ顔で朱の前へ。「何処へ行こうというんです?」と、状況の分析と作戦の立案をしようとする朱の前に立ち塞がる。肉親が人質になった時点で、朱は事件に関わることはできないと言う東金だが、「それを判断するのは、監視官である私」とあくまでも仕事――自分の使命に戻ろうとする朱。
そんな朱が刑事部屋から出てきたところを見た美佳は取り乱し、「私は悪くない」と連呼。自分が葵ばあちゃんの居場所を調べたのは脅されてやったことだと、罪悪感から逃れようとする。
朱の姿が消えた刑事部屋で東金は呟く
「そうだ。自分のせいで大切な存在が失われる苦しみを味わえ。――黒く染まれ、常守朱
…ゲスい。キモい通り越してゲスい。もうアンタ、ゲス金でいいよ、ゲス金で!

車内でドミネーターを撃ち始めた鹿矛囲たち。しかし、今回は「(犯罪係数が)300を超えそうな者からパラライザーで意識を奪え」と指示し…って、え!? 虐殺祭じゃない…だと!?
…あぁ、基本的に殺したいのはシビュラの尖兵である公安局であって、一般人を殺す気は毛頭ないんだったな。今回は「ドミネーターを使う」という行為に目的があるのか。
次々に、そして無慈悲に発砲されるドミネーター。
乗客を無差別にドミネーターで撃つことに憤る六合塚。朱が局長命令で待機であることから、「私が1係のトップなんだ」と笑みを浮かべる美佳。「大丈夫。私はシビュラの意思に従っただけ。サイコパスが濁るわけがない」と自分に言い聞かせる。
…てかさー、思うんだけどさぁ、ここまで来てなお、美佳ってキャラの扱いはこれでいいの? って思うんだけど…。
朱とは違う方法で強靭なサイコパスを保てる存在、対比として美佳が存在しているのは分かるんだけど、ここまで美佳を視聴者からの憎まれ役、朱ageの道具としてしか存在させないのもどうよ? 劇場版もこれで行くの? 霜月美佳ってキャラは本当にそれでいいの?
元がモブキャラ*1だから霜月美佳ってキャラに製作陣自体が愛着なくてもしょうがないのは分かるけど、正直ここまで美佳の扱いが酷いと、いっそのこと2期で退場させてくれよとか思うのだけど、最終回で1発逆転あるの? ないなら霜月美佳ってキャラがかわいそうだと思うんだが、2期は小物で終わっても劇場版で成長してる可能性が微レ存?
てか、2期さぁ、「仲良しチームだった1係を1回崩壊させる」とか言われてたけど、実際のところは、朱と美佳がそれぞれ独走して、それに執行官たち(主に雛河)が振り回されてるだけなんだよね。朱と美佳がギスギスしてるだけで、ギノや弥生はちゃんと立ち回れてるし、確かに「仲良しチーム」とは言えないけど、1係のチームワークが崩壊しているわけではないし、アニメ誌で言われていた「朱が孤立する」という状況も、朱の精神的な問題(しかも「孤立」というよりは、朱が自ら精神的に「孤独」な方向へ向かっていっている)であって、立場ではない。
1期よりマシとはいえ、やっぱりサイコパスって尺の関係*2で情報量をその尺に入れられる最大公約数で切ってしまうから、どうしてもアニメ誌とかで製作陣が発言することによって補完される部分がかなりあるんだけど、2期もやっぱりそうだったか…orz
そしてギノもいつ「苦しい立場」に立ったんだと疑問なのだが、もしかして、須郷さんが青柳さんを撃ったことで割り切れない気持ちになった時がそれだったのだろうか?
ともあれ、2期で残念なところをひとつ挙げろと言われたら、私は迷うことなく「霜月美佳というキャラクターの描き方」を挙げるわ。
別に美佳が朱に対立するキャラクターである分にはいいんだ。朱の対比(シビュラ社会における退屈なほど模範的な市民)として描かれるのもいいんだ。ただ、終盤になるに従ってどんどん「朱ageの道具」として描かれていっていることに失望したんだ。
3係が噛ませなのはしょうがないにせよ、一応メインキャラクターである美佳まで朱ageの道具にしてるのを見るとねぇ…そりゃ失望するよね。
だって中盤までは上手い具合に「朱と対比」になってたのよ? なのにシビュラの真実を知った途端に小物化して、結局、視聴者の憎まれ役でザマァされるだけの役割とかね…ホントにキャラに愛がないね。
そういう失望よね…2期に対する失望感があるとすれば。
まぁ、美佳には「劇場版で成長してるかもしれない可能性」に賭けるしかないわな…。
てか、劇場版で新たな敵に立ち向かうためには、この鹿矛囲の事件を経て1係のチームワークが再生しないと勝てない相手なんじゃ…って思うので、どうか劇場版で美佳が、別に朱様マンセーしろとは言わないけど(むしろしてたほうが嫌だけどw)、朱のことを認める部分は認め、違うことは違うと言えるような存在に成長してくれてたらいいなと願うわけで…。
「鹿矛囲ってドミネーター効かないのに、どうやって…」怖気づく雛河だが、「だからって出動しないわけにはいかないでしょ」と弥生。
今になって気づいたけど、2期の弥生って頼もしいわ…。1期から「自分にできることをする」「自分が置かれた状況の中でベストを尽くす」人だったけど、1係の中では最もベテランの執行官*3という立場とか、雛河という年下キャラがいるとか、「頼れるお姉さん的頼もしさ」が2期ではさり気なく滲み出てるよね。

「せめて鹿矛囲の目的が分かればな…」と言うギノ。
美佳は「鹿矛囲の目的は東金財団への報復」「今回も何らかの形で(鹿矛囲と東金財団が)繋がっている」と朱に自分の推理を告げるが、「それを報復だとする根拠は?」と朱に問われる。
美佳は鹿矛囲と東金財団の繋がりを調べた報告書を朱に送付し、東金美沙子が鹿矛囲の手術を推進したことから、鹿矛囲が東金財団に恨みを抱いていると推測したと答える。
「脳の多体移植…」鹿矛囲に行われた手術内容を知る朱。そして朱は何かに気づく。
ここで美佳があの報告書を朱に送ったことが、朱にヒントを与えたんだけど、これって美佳の罪悪感からだろうなぁ…。
美佳が葵ばあちゃんの居場所を調べたことで、桑島に危害を加えられたり、ゲス金に殺られたりしたわけなんだけど、「私は(東金に脅されてやったんだから)悪くない」と自分に言い聞かせつつも朱に対して後ろめたさがあるから、朱に「恩を売る」ことで後ろめたさと相殺した…ってことよね。
こういう責任転嫁と図太さが美佳のクリアを保つ秘訣である以上、やっぱり最終回での一発逆転はなさそうよねぇ…orz
ただ、劇場版にも美佳が登場するってことは、自分のしでかしたことに対する罪悪感に潰されることもなく、この事件を終了するってことだから、やっぱり劇場版でも美佳のスタンスは変わらないってことなのかしらねぇ…?
1話でギノが「理解を超えたものから目をそらして否定するだけじゃ、いつか後悔することになる。目の前の現象を事実として受け入れろ。それが大人になる近道だ」と美佳に言ってたけど、最終回でこれがなきゃ美佳は劇場版でもこのままだろうなぁ…。
…あ、そうか。美佳=渡る世間における赤木春恵かw
あぁ…そう考えたほうが腑に落ちるというか、半ば無理やりなところもあるけど腑に落とすことができるかもしれないわ。
なるほどなぁ…霜月美佳っていうキャラクターはそういう立ち位置か。美佳=(渡る世間における)赤木春恵と考えたら、もう美佳というキャラクター(の作られ方・描かれ方)に失望はしないで済むかもしれんねw 必要悪という言い方も変だけど、物語上必要な身内の憎まれ役という。…てか、1係は幸楽なのかよw

地下で撃ち続けられるドミネーター。「これだけ飛ばせば…」ここまでドミネーターを乱射する目的――。
「…これは。やはりそうきたわね」美沙子はその目的に気づく。
ドミネーターが捉えた情報によって、罪に応じた裁定が必ず下される。これだけ絶え間なく一挙に動作すれば、データは膨大となり、通常の処理では追いつかない。そうなった時使用されるのがネットワークに現れるバイパス経路。
「バックアップのデータ経路はセキュリティが一段劣る。それを使わせるの目的というわけね」――バイパス経路を掴むことで知りたいのは…。
「ドミネーターを集めていたのはシビュラシステムの位置を知るため――そうなのね、桐斗くん」
…なるほど。ドミネーターで虐殺祭がしたかったんじゃなくて、ドミネーターを使うことでシビュラの位置を知るためだったのか。
そうなると、鹿矛囲はどこまで槙島事件について知っていたのか気になるところだな。まぁ、あのグソンさんがそう簡単にデータを漏らすわけもない(漏れるようなところに保存しているわけがない)し、データの在処を知っていた当の本人も、知っていただろう槙島も、とうにこの世にはいないからな。むしろ鹿矛囲本人は槙島事件というか、槙島聖護自体は全く知らない可能性のほうが高そうだな。
しかし、槙島が鹿矛囲(と鹿矛囲の犯罪)を見たら、鹿矛囲が槙島(と槙島の犯罪)を見たら、互いにどんな感想を抱くのかは知りたいところではあるな。

そこへやって来たのは朱。「待機を命じたはずだが」と言う美沙子に、「そんな悠長なことを言っている状況ではないはず」と朱。
「そうか、ならば別の任務を与えるとしよう」と言われた朱は「鹿矛囲桐斗の暗殺…」と返す。「その通りだ」と美沙子。その反応に「やはりそう…」と朱は自分の推理に確信を抱く。
「今までに起こした事件の性質や、地獄の季節という接点を考慮すれば、鹿矛囲の目的が東金財団ではないことは明白」
「彼が問うているのは色――その相手はシビュラ」
「鹿矛囲の始末を急ぐのは、今まさに彼がシビュラに触れようとしているから」
推理を述べる朱。
鹿矛囲の目的が東金財団=美沙子への復讐…ってーのはミスリードだった…ってことかい?
この部分、アニメ誌での塩谷の発言でも強調されたけど、別にミスリードでも一向に構わないんだけど、なんか強引だなぁ…。
この強引さ、まさに1期の狡噛さんの槙島に対する執着の理由がTV放送だけでは全く見えてこなかった*4けど、とにかく「運命なんです」って製作陣の発言で強調されまくってた強引さに似てるわw
逆に鹿矛囲の目的が東金財団=美沙子への復讐でない分、シビュラ多数派が美沙子を排除しにかかっている可能性は高まったけどね。
「相変わらず余計なことを考えるのが好きだな」と美沙子。朱の推測通りことが進めば、あと1時間もしないうちに鹿矛囲は目的を果たす。「無論、そんなことを許すつもりはない」美沙子は3係に命じて、鹿矛囲たちが立てこもっている区画の頭上に爆弾を設置していた。
「あそこには500人以上の人質がいるのよ!?」叫ぶ朱。しかし美沙子は、閉鎖空間で一方的に狩られる側となった人間がサイコパスをクリアに保てる可能性は極めて低い。すでにほとんどが潜在犯化しているだろうから見殺しにしても構わないと言う。
「だからって見殺しにしていいわけがない。こんなふざけた作戦」と憤る朱だが、決定事項なのだと有無を言わせない美沙子は、「君の任務でもある。起爆の指揮をとれ。君の手で終わらせろ」と命じる。
「白々しい…。鹿矛囲を殺したいだけでしょ」と吐き捨てる朱。しかし美沙子は「社会とシビュラを守るためだ。鹿矛囲による秩序崩壊を止めねば、遥かに多くの犠牲が出る」と、朱が社会秩序維持のためにシビュラは必要と認めている部分を突く。

「それと、今しがた残念な知らせを受けてね…」美沙子は告げる。「常守葵の遺体が倉庫街で発見された」映し出される遺体画像。
拘束された状態で撲殺…ゲス金ェ…。
身を震わせる朱に美沙子は命じる。「最後の引き金は君に委ねよう。我々の住むこの社会を守りたまえ」…と。
そしてその頃、葵ばあちゃんを殺した東金は不気味に笑う。
「鹿矛囲を殺せ、常守朱。己の無力さを思い知れ。自分を取り戻すための殺意を肯定しろ。そうすれば必ず黒く染まる」
鹿矛囲に殺意を抱きかける朱。刑事部屋に朱の叫びが響き渡る。
そこに聞こえた「殺すのか? 奴を」という声――こ…狡噛さああぁぁぁぁんっっ!!
狡噛さんのスタンドは朱に問いかけた。
…てか、朱、東金=かつての狡噛さんの席に座ってんだよな。


その頃、現場に到着した美佳たちは3係が受けた爆破命令が最優先だと伝えられ、自分の出る幕がないことに落ち込む。
「一刻を争う状況だというのに、どうなってるんだ!?」ギノもまた事態が飲み込めない。

狡噛さん(のスタンド)に「殺すのか? 奴(鹿矛囲)を」と問われた朱は「分かりません。でもそうすべきなのかも」と自分の無力さを訴える。
そんな朱に狡噛さんは「らしくないな」と言い、かつて朱が狡噛さんに言ったこと――「法が人を守るんじゃない。人が法を守るんだ」それを信じているから、朱は狡噛さんを止めようとしたんじゃないのか…と言う。
「そうでした…あの時は」無力さに打ちひしがれる朱は、そうとしか返すことができない。そんな朱を見て、「まぁ、俺が言えた義理じゃないか」と苦笑う狡噛さん。
「シビュラに鹿矛囲は裁けない。でも鹿矛囲を止めなくちゃいけない。もう手段がないんです」そう訴える朱。

「もう手段がない」と言う朱に、狡噛さんは「違うな」と言い、「『もう手段がない』んじゃない『今は手段がない』だけだ」と告げる。そして「可能性のピースはもう揃ってるはずだ。アンタがためらってるだけで…」とも。
「失敗は許されない。でも…」決断できない朱に、狡噛さんは言う。「賭けてみてもいいんじゃないか?」と。
そして「負けるなよ」と言い、狡噛さんは朱の背を叩く。
…つ、ついに狡噛さんのスタンドが質量を持った!!
ついに質量を持った狡噛さんをスタンド召喚した朱ちゃんは、もう狡噛スタンド使いでいいw
きっと劇場版で「野生の狡噛」をゲットして狡噛マスターになるんや、朱ちゃんは…。

「あっ…」いきなりのことに驚く朱。当然、振り返っても狡噛さんはいるわけがなく…。
そういやさ、朱ちゃんが狡噛さんのスタンド召喚した時って、ふたりの視線が合わないというか、絶対に向き合わないんだよね。

7話でスタンド召喚した時は背中合わせ、今回は狡噛さんが朱の方を向いている=つまり文字通り朱の背中を押すために現れた。おそらくもう最終回はスタンド召喚ないと思うから、次に狡噛さんが朱の前に現れるとすれば、劇場版でそれこそ生身の姿…しかもちゃんと朱と向き合う形で現れるはずなので、すんごいロングなステップね…これw
朱ちゃんが狡噛さんのスタンド召喚してる時に、その内容を海の向こうの狡噛さんが「夢」って状態で見てたら面白いのに…とか思うんだけど、今は海の向こうの狡噛さんなんて1期の時点ですでに槙島のスタンドを召喚させる能力があるだけに、朱ちゃんのスタンドも召喚する能力を持っている可能性も微レ存?
…いや、奴のことだから槙島の他にも、佐々山やとっつぁんら死者のスタンドは召喚可能な気がしてならん…てか、むしろ死者召喚ならSPECか? 狡噛さんなら槙島・佐々山・とっつぁん・縢と死者召喚のSPEC持ってても不思議じゃないよw 朱ちゃんスタンド使いなら、狡噛さんはSPECホルダーだなw
そこにいたはずはないのに感触だけが残っていて、思わず笑う朱。
「ありがとうございます」
狡噛さんに背中を押され、朱の心は決まった。

取調室に入った朱は、桑島に「頼みがある」と協力を求める。
そんな朱の行動に、朱が置かれている状況を知る先生は呆気に取られ…。

朱は桑島から鹿矛囲との連絡方法を聞き出し、鹿矛囲に連絡を入れると「シビュラは乗客ごとあなたを葬る気よ」と告げる。
「その前に出口は見つかる」と言う鹿矛囲に、その場合、全ての監視官・執行官が鹿矛囲たちの前に立ちふさがるだろうと牽制する朱。しかし鹿矛囲は「僕がそれを恐れるとでも?」と答える。
朱は鹿矛囲に人質を開放するなら「私があなたの望みを叶える」と言う。
地下のマップデータを鹿矛囲に送り、目印の地点まで来るように告げる朱。

「何を考えている?」そこに割り込む美沙子。だが朱は動じることなく美沙子に告げる。
全能者のパラドクス――鹿矛囲の目的はシビュラシステムを裁くこと。シビュラはそれを受け入れるべきと言う朱。
「それが鹿矛囲を裁くことにも繋がる」
シビュラは免罪体質者という、裁くことができない例外を取り込むことで完全な裁きを実現させてきた。しかし、新たな例外が生まれた。
個人ではなく「集合体」として形をなす鹿矛囲。彼を裁くには、彼を成り立たせている概念をシビュラが認めるほかない。
「君は何を口にしているのか分かっていない」反論する美沙子。
鹿矛囲を裁くには集合体としてのサイコパスを計測する必要がある。だがそうなれば――。
「集合体であるシビュラも裁きの対象になる」そう答える朱。
それが鹿矛囲の狙いだった。自ら社会の脅威となることで「集合的サイコパス」を認めざるを得ない状況を作り、シビュラをパラドクスに追い込んだ上で、裁く――。
…ん? 待てよ。鹿矛囲の目的が東金財団=美沙子への復讐ではなく、あくまでも「シビュラを裁くこと」=「(集合体としてサイコパスを計測させ)集合体としての自分を裁かせること」だとするならよ? 鹿矛囲は事故で生き残ったことこそが自分の「罪」で、それをどうしても裁いて欲しい…って考えることができないか?
8話で「犯罪を起こし裁かれることを期待した」と語ったように、「自分の罪を裁いて欲しい」というのが鹿矛囲の根源なんじゃなかろうか?
槙島が「誰かに認めて欲しい」なら、鹿矛囲は「誰かに裁いて欲しい」――だからこそ朱を裁きの見届け人として選んだ…と。
…そういうことか! 槙島と鹿矛囲の決定的な違いって、コレか!!
鹿矛囲はシビュラに「認めて」欲しいんじゃないんだ。あくまでも誰かに「裁いて」欲しいんだ。…なんかやっと腑に落ちる、槙島とは決定的に違う理由を見つけられた気がするぞ。
「ならば余計に奴らをシビュラに近づけるわけにはいくまい」美沙子は、朱がシビュラシステム本体の場所を鹿矛囲に送ったことに気づいていた。
「そして裁くことなく彼を処分するの? 自らの完全性を否定して…」あくまでも朱は「法による裁き」を実行するつもりだ。
朱は目先の目的にとらわれ、事の重大さを理解していないと言う美沙子は「集合的サイコパスを認めた社会がどのようなものになるかを…」と問う。
「個人個人がクリアでも、集団として裁かれる可能性がある社会。そのリスクは理解しているわ。…でも、今まで目を背けていたその問題を直視することは、あなたたちの進化にも繋がるはず」もう朱はシビュラの手の上で転がされるだけではなかった…。
「逆にこの問題から目を背け、鹿矛囲の処分という逃避を選ぶなら、あなたたちに未来はない」朱はシビュラに突きつけた。
「君の御託は聞き飽きた」苛立つ美沙子は、独走するなら朱の監視官権限を剥奪すると脅す。そして社会から抹消することも考えねば…とも付け加える。
「あなた個人の見解はどうでもいいと言っているの、東金美沙子!」
朱は局長の中の人の正体を見破っていた。

「シビュラシステム…」美沙子ではなく、シビュラシステム全体に朱は言う。
シビュラがこの社会に存在を許されている理由は、平等で完璧な裁きを行えるから。その完全性に綻びが生まれた今、シビュラシステムの存在価値そのものが揺らいでいると言っていい。
「知ったふうな口を」吐き捨てる美沙子。
「あなたたちがこの社会に必要であり続けるため、何を選択するべきか…『全員で』じっくり考えることね」そう告げる朱。
そしてその会話は、ゲス金も聞いていた…。
…あぁ。「全員で」って朱が脅して言ってるってことは、東金財団に絡むラインは、やっぱりシビュラ別派が美沙子を排除するためのラインか。
となると、シビュラさんたちは記憶と知識を共有していることで鹿矛囲と東金財団の因縁を当然知ってるから、鹿矛囲の事件で美沙子を「担当者」として禾生に入れた時から、反美沙子派シビュラは鹿矛囲を利用して美沙子排除を開始してたってことね。
ただ、美沙子以外のシビュラ全員の落とし所を何処に持ってくるかよね…。
朱の言うように「集合的サイコパス」を認めるのか、鹿矛囲に「東金美沙子」を裁かせることで「シビュラシステムを裁いた」ことにさせるのか…。反美沙子派シビュラの目論見としては後者だと思うんだけど、劇場版に繋げるとしたら前者の可能性もあっておかしくないしなぁ…。落とし所が全く見えねぇわ。
でも、朱を利用して鹿矛囲を始末しようとした東金親子が、逆に鹿矛囲と朱を利用した反美沙子派シビュラによって排除される…っていう落とし所は見えてるので、あとは最終回でこれが合ってるのかどうかという答え合わせだよな。
そして鹿矛囲は死ぬにしても槙島同様目的を果たして一人勝ちして勝ち逃げ…という結果と。

通信を傍受した東金は隙を見て現場から姿を消す。
地下では3係が爆破命令を受け、その起爆スイッチを押す…が、起爆しない。
起爆しないことに首を捻る3係・兵頭に撃たれるドミネーター。エリミネーターだったそれは兵頭の上半身を爆散させる。
撃ったのは…もちろん水絵。公安に爆薬が配備されない以上、使うとなれば事件で押収したものを流用するしかない。それを読んでいた鹿矛囲は喜汰沢の爆弾を自分の側で優先的にコントロールできるよう細工していた。
「こんな風に何もかも見通せるからこそ、鹿矛囲はみんなをクリアにしてあげられるの」ウットリと鹿矛囲の素晴らしさを説く水絵。
「あとは公安をここに縛り付けておくだけ…」首に注射打つ水絵…アカン、コイツ、ヤク中や!!
「もう少しで鹿矛囲が世界をクリアにしてくれる!」そう叫ぶ水絵は…えぇ、本当にヤク中でした。本当に(ry
てか、女海賊水絵で登場した時にツイッターで言った(というかブログに書き忘れてそのまんまだった)んだけど、水絵って、いいとこのお嬢様が悪い男に捕まって、「とりあえずこうしたら悪く見えるだろう」というステレオタイプのセンスだけで悪ギャルデビューした…という分かりやすいくらいにテンプレ通りなのに、挙げ句の果てにはヤク中にされて風俗に沈められる(捨てられるってことまで本当にテンプレ通りなのな水絵!!
でもって水絵=さやか枠は当たったんだけど、この水絵は…「私ってほんとバカ」って気づかないで死ぬよね、絶対w

そしてヤク中水絵が、まんま薬物中毒の啓発ポスターに使えそうな顔だったので、やっつけで作っちまったわw

そうこうしているうちに別の排水施設を利用することで地下の水位が下がり、乗客たちは開放される。
人質が開放されたことで、犯人確保に向かうギノたち。「霜月監視官!」ギノが美佳に声をかけるが、美佳は葵ばあちゃんが殺されたことを知り、「そんな…違う、私のせいじゃない。こんなの…!」と、自分のしでかしたことのデカさを受け止められずにいた。
「…東金執行官は?」雛河が東金がいなくなっていることに気づく。「…っ!!」東金の目的を知る美佳は、奴もまた目的のために動き始めたことに気づくが…。
さぁ美佳よ、一発逆転するのか? それともずーっと渡る世間における赤木春恵ごとく、憎まれ役の朱age要員でザマァされ続ける存在のままで終わるのか?

地下を歩く朱を待ち構えていた東金。白々しく「局長から話を聞いた」と同行を願い出る東金だが、朱は「何故?」と問う。
東金は、朱は東金美沙子と鹿矛囲の関係に気づいているはずだと言い、母が怪物を生み出した責任を負うのは息子である自分だと答える。
更に「たとえこの手を血で汚すことになっても…」と言う東金に、「殺すつもりですか? 鹿矛囲を」と問う朱。
「狡噛執行官ならそうしたはずだ」と答えた東金を、朱は笑う。そして訝しむ東金に朱は言う。
「お芝居はもうやめませんか、東金さん」
朱は東金の目的にも気づいていた。
「あなたの母親が鹿矛囲に行った脳の多体移植…。私はそれによく似たシステムを知っている」
もちろん美沙子も知っていたことになる。でもそれはこの社会では許されないこと。「免罪体質者を除いて――」
東金美沙子が免罪体質者なら、システムに組み込まれているはず。そして今回の件で、責任者として活動を強いられている可能性が高い。
「つまり、今、禾生局長の皮をかぶっているのは――東金美沙子」

東金・美沙子・シビュラの繋がりを推理する朱。しかし東金は「何の話かさっぱり」とシラを切る。
「あなたの経歴データを見せてもらいました。隠匿していた本当のデータを」東金の正体を知っていると告げる朱。
美佳の報告書には、東金の経歴と矛盾する点が多々あった。それでファイルを調べ直した朱は東金の正体を知った。
「監視官をことごとく潜在犯に陥れてきたその経歴。正直信じたくなかった。もしくは、意図してやっているわけではないと思いたかった」
「雑賀先生のように?」正体を知られてなお、東金は動じない。
「でも、あなたは違った」朱は断言する。
「今までのあなたの言動を振り返れば、だんだんと分かってくる…あなたがどうしたかったのか」
朱は東金の目的に気づいた。
私を黒く染めたかった…そうですね?」
おそらく、東金は狡噛さんをトレースすることで朱の心理的ガードを下げて信頼を得たところで裏切る→そして朱を黒く染める…という作戦だったんだろうけど、狡噛さんトレースでは朱のほうが優ってるんだよな。
朱も確かに一瞬、2話のあたりでは狡噛さんと重なるものを見たかもしれないけど、それ以降はどれだけ東金が狡噛さんトレースをしても「この人は狡噛さんじゃない」って、むしろ朱のほうが線引してたようにも思える。6話で鹿矛囲を撃とうとした時に狡噛さんが重なってしまった時を除いては。
2期は「朱の守破離の物語」と前に何度か言ったんだけど、これって、朱が東金を通して狡噛さん依存を卒業するんじゃなくて、朱が似てる誰かに狡噛さんを重ねることなく、自分の中に「明確な狡噛慎也像を持つ」ことで、「自立した刑事になる」ってことだったのか。守破離で言えば「破」の段階までようやく進んだ…ってとこか。
よく考えると、刑事としての朱を形成したのが狡噛さんである以上、朱は狡噛さんからは完全に卒業はできないと思うのよ。
いずれ朱は今回みたいに迷った時にスタンド狡噛さんが背中を押さなくてもひとりで決断できるようにはなるんだろうけど、それでも朱の根っこの部分には狡噛さんによって形成された「刑事としての魂」があるし、それは永遠に消えることがないものだろうから、朱が守破離の「離」の部分に達する時が来るとしたら、それは自分の中に持った狡噛慎也像を自分に同化(昇華)させた時…なんだろうな。
東金に誤算があったとしたら、それはやっぱり狡噛トレースなら朱のほうが何枚も上手だった…ってことだろうな。
まぁ東金もそれに気づいてたんだろうから、途中からは狡噛トレースよりも朱に精神的ダメージを食らわせるのには何が有効かを考えたんだろうし。

「彼女は君程度には染められないよ」そこに現れた鹿矛囲。
「好都合だ」東金はナイフを取り出す。「貴様の存在が母さんを貶める。だから…」
ナイフで殺そうとするところまで狡噛トレースのゲス金さんマジでお疲れ様です。というか、それだけ「オリジナリティがない」ってこと(の描写)なんだろうな。
生まれた時から母に盲従し、それが自分の意志に見えるけど実は自分の意志じゃないという……って、コレ、水絵たち鹿矛囲信者と一緒だ。
鹿矛囲もまたドミネーターを東金に向ける。はじき出された犯罪係数は――769。
「貴様は存在してはならない!」鹿矛囲に襲いかかる東金。
「駄目!!」エリミネーターに変わるエリミネーターを見た朱はふたりを止めようとするが…。
「散れ、漆黒」鹿矛囲はドミネーターの引き金を引く。
…って、オイ! 本当にコレ、次回で終わるのかよ!!
全くもって…というか、2割ぐらいしか着地点見えてこねぇよ!
7話ぐらいから「本当に全11話で終わるのか?」という危惧をしているんだけど、製作陣は「2期は2期でスッキリと終わります」と明言してるのが逆に怖いのよね…。
もう、かのディケイド最終回のようにひたすら草を生やすだけにならなきゃそれでいい。ディケイドなんか完結と残された謎を劇場版にぶん投げんたけど、完結もしてなきゃ謎も解けてないのに、それでも「TVはTVで完結したんです」って言い切ったもんなw
…てか、「ディケイド最終回より酷くなきゃいい」ってかなりハードル低くないか?w 別にサイコパス2期に(今のところ)失望はしてないけど、最終回に対する期待のハードルを最低ラインに下げざるを得ない状況ってどういうことだ狡噛!?
ちょっと残念だなぁ…とか、ちょっと強引だなぁ…と思う部分はあるにせよ、サイコパス2期の出来自体はいいものだと思うのよ。
先に劇場版の脚本が上がっている状態からスタートして、1期と劇場版との整合性を取らなければならないガチガチの中で、鹿矛囲という新たな革命者を作り出してシビュラ社会の穴をつく犯罪を生み出し、そこから劇場版へと繋がる布石を敷いていくという物語作りは、そりゃぁ「ちょっとこれはガバガバだろ」とか「ご都合展開じゃね?」と思う部分はあったにせよ、(現時点で劇場版を見てないにせよ)1期と劇場版を繋ぐ2期としては緻密に作られていたと思う。
少なくとも、このラスト1回前ですら着地点が見えてこないという予測不可能さこそがサイコパスだと思うし、予想が当たっても裏切られても気持ちよくさせてくれるのがサイコパスだと思っているので、最終回でガックリするということはないと思っている。
少なくとも、どんな結果であれ、劇場版への期待はさせてくれるはずだしな。
ただ残念なのが、公開日(1/9)の関係上、どうしても2期放送中に劇場版の予告を出さざるを得なかったために、2期の生存者=劇場版登場キャラが分かってしまって、そのことがキャラの生死でハラハラするという楽しみ(?)を奪ってしまったのがねぇ…美佳とか美佳とか美佳とか。
…そしてアレか。今回も復帰しなかった須郷さんは、最終回も登場することなく、あとはもう劇場版まで出てこない流れ?
2期における須郷さんって、劇場版の前に顔見世しただけだったんかい?
あー、あとそうねぇ…最終回に期待することといったら、ギノたち執行官を活躍させてくれよ…ギノパンチ1回だけとか寂しいだろ…。でもこの流れだともう、アクション成分は劇場版にぶん投げられた気が…。

ラジオCD「PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」復活SP

ラジオCD「PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」復活SP

ノイタミナ クロニクル (ムック)

ノイタミナ クロニクル (ムック)

*1:1期6〜8話(女子校編)に出てきた、友人を璃華子に殺されるキャラ。そのことがきっかけで監視官を志し、1期最終話ラストシーンで1係に配属される。

*2:ちなみにノイタミナは通常のアニメより本編放送時間も放送話数も少ない

*3:公安局に所属している年数なら、もちろんギノのほうが長い

*4:その代わり尺が長くなって新規カットが入った新編集版では上手く「運命感」「宿命感」出せていた

PSYCHO-PASS サイコパス2 #09「全能者のパラドクス」

PSYCHO-PASS Sinners of the System

ついにこのブログも1週以上遅れになったでござる…の巻。
ツイッターの実況および実況後の感想やら考察とか#pp_anime


シビュラの真実を知らされた美佳。どんな反応を見せるかと思いきや、美佳は「素晴らしい」と受け入れる姿勢を見せる。
「社会が是とするものを無条件で受け入れるその姿勢。確かに理想的な市民のモデルケースではあるわね」
前回、シビュラの真実を知った美佳の立ち位置が「シビュラの秘密を知りながらも、シビュラに疑問を抱かない者」になるのでは…と予想したんだけど、まさにその通りだったw
「退屈なほど理想的な市民」である美佳は、目の前の現実を受け入れることを拒否(思考停止)し、シビュラに対して生理的にどんな感情を持とうとも盲従するということで朱とは違ったサイコパスの濁りにくさを発揮したんだろう。
要は、基本的に美佳は徹底的に自己保身に走ることでクリアさを保っている…ってことか。
しかし、2期の美佳を見ていると、じゃあ1期で加賀美を失ったことで監視官を志したはずの彼女の「正義感」って何処行ってしまったんだろうな…って残念になってくるんだが、美佳の「正義感」って、あくまでも「理由の如何を問わず潜在犯をこの社会から抹殺すること」にあるから、我々視聴者から見たらとても残念な正義感であって当然というかしょうがないというか…。1期最終回で勝手に朱の後継者を期待した我々が間違ってたよねー…って話だわなw
そんな美佳を「極めてクリアな存在」と語る東金。そんな東金に局長=美沙子は「あなたとは違ってね」と皮肉を飛ばす。

美沙子の実験によって人工的に作られた免罪体質者――それが東金朔夜だった。
…てか、被験体ナンバー398…それで朔夜って名前なのかよwww*1
実験で小動物を残虐に殺しても濁ることのないサイコパスを賞賛する美沙子。
…あ、キモ金さんの「黒く染めたい」欲望の裏から感じる、悲痛なまでの「愛して欲しい」って叫びと繋がったわ。
そうか、東金は人工的免罪体質者としては失敗作だったことで母の愛を得られなくなったのか。それで「愛して欲しい」って叫びが常に「黒く染めたい」発言の裏にあったわけか…。てか、自分のドM感知センサーの感度の良さにビックリだよw
10歳で史上最高値の犯罪係数を叩きだしたってことは、そのあたりに「(実験で)自分がしていることが何なのか」ってことに気づいたんだよな、きっと。そこで芽生えた罪悪感やら、知ってしまったであろう出生の秘密とかで濁りに濁りまくって真っ黒になった…と。
そして美沙子も息子に皮肉を投げるあたり、かつてのようには愛していないようだし…というか、美沙子は元々「東金朔夜」という存在を愛してたんだろうか?
イレギュラーな人格を持つ免罪体質者に「愛」はあるのか…という疑問があるけど、もし美沙子が東金を愛していたとしても、それは「成功例である実験体」として東金であって、「息子」としての東金ではないよね。
ただ、失敗作である東金を即処分しなかったのは、東金に対して情があるというよりは、東金の「息子」という立場と、そして愛されたいが故に母に盲従する心を利用していると感じる。

「私、感動しました。これは法の理想の形です」と免罪体質者によるシステム運用および支配と統治を賞賛する美佳に、「もう染める理由はない」と言う東金。そして「別の使い道がある」とも。
「へぇ…どんな?」と問う美沙子に、東金は答える――「常守朱を黒く染めるために」


「人を裁く完全な存在がいたとして、その存在を裁くことは可能ですか?」雑賀先生に尋ねる朱。「全能者のパラドクス…ってやつだな」そう答える先生。
全能者は自分でも持ち上げることのできない重い石を創造できるか? ――もし、持ちあげることができない石を創り出せたなら、石ができた時点で全能者ではなくなる。――そして、石が創り出せないなら、その時点で全能者ではない。
「どちらにしても矛盾が生じてしまう」そう言う先生は朱の問いに答える。
裁きを下すその存在が完全なら、自分をも裁かねばならない
…おっと、今のシビュラさん状態じゃねぇかw
パラドクスの解決法を問う朱。
先生は「前提か過程か結論のどこかに誤りがある。もしくはそれらのうち、どれかが実は正解だと証明すること」と答える。
「誤りか…正解か…」呟く朱。そんな朱を見て先生は「何故こんな話題になったんだろうな? 俺たちはシビュラの話をしていたはずなんだが…」と苦笑う。
…先生、実はシビュラの話なんです、コレw

自宅に刻まれた「WC?」のメッセージを眺める朱。
鹿矛囲が知りたいのは「シビュラの色」。そして「鹿矛囲自身の色」――もしも、それら2つが同じものだとしたら…。
朱はその可能性に気づく。
「この世界の神様か…」同じ頃、雑賀先生はひとりごちる。「そんな危なっかしい話はするなと言うべきだろうに、あいつの答えに期待してしまっている」「俺も大概だな」東金に指摘された朱への依存を自覚する先生。「鹿矛囲のシンパどもも、これと同じ気分だったってわけか…」

一方、拘留中の升嵜のもとに訪れたのは局長=美沙子と東金。「会うのは桐斗くんの手術以来かしら」と語る美沙子=禾生に「やはり生きておられたのですね、東金院長」とその正体を悟る升嵜。…てか、消されるだろコレw

全能者のパラドクスの解消手段――そのひとつは、全能者は同じ瞬間に全能である必要はないということ。
自分でも持ちあげられない重い石を創りだしたあと、軽くする――これなら全能性を保てる。そして今のシビュラシステムが採用しているのも、この解消手段。
シビュラは自分に裁けない免罪体質者を自らに組み込むことで完全性を保っている。しかし、鹿矛囲は他人をクリアにすることで、事実上あらゆる人間を免罪体質者に等しくした。結果、パラドクスの解決を封じてしまった。
その上で鹿矛囲は更に疑問を投げかけている――シビュラはシビュラを裁けるのか…と。
裁けないなら、シビュラはシビュラ自身の例外となる。解決は自分を自分に組み込むことだが、もちろんそんなことは不可能であり、シビュラの完全性は失われる。
では、シビュラが自分を裁けるなら――「裁けない者はない」という点で完全性は保たれる。しかし、もしそうならシビュラを構成する者たちをもう免罪体質とはいえず、裁くべき者を裁かなかったことになってしまう。
「このパラドクスの解決は、ひとつだけ――」朱は気づく。その瞬間、朱のデバイスにコールが。

拘留中の升嵜が殺された。使われたのはドミネーターと判明。「また話し相手を失っちまった」と残念そうに呟く雑賀先生。
「ドミネーターが使用された以上、鹿矛囲の犯行と見るべき」と言う東金だが、自分の正体を知っている美佳に、余計なことを言うなとばかりの目線を送る。怯える美佳。
志恩さんの調べで公安局内の監視カメラのログデータが別日のデータに上書きされていることが判明。「公安のシステムに侵入されたということか」と驚くギノに「痕跡らしいものも残ってる」と言う志恩さんだが、「これが不思議なのよねぇ…」とも。
分かりやすいくらいに升嵜消されたわwww
そしてキモ金さんてば白々しいwww白々しいにも程があるwww
いい加減、美佳もゲロればいいのに…と思うが、余程でないとゲロんないだろうなぁ…美佳だものw
しかし、東金の「黒染めたい」欲望は、欲望ではなく「母の邪魔をする者を黒く染めて排除する」ことだとしたら、母の愛を得たい東金の心理に一致する。人工的免罪体質者としては失敗作でも、汚れ仕事で母の役に立つことで愛を得ようとしている…そういうことか。
そして知りすぎた者を残酷に殺すことにこだわるのも、かつて幼少時の実験で「残酷に殺せば殺すほど母が喜んだから」だとしたら、悲しいくらいのマザコン…というか、悲しすぎる子供だな、東金

美佳を呼び出した東金は「升嵜は知りすぎた」「母さんの秘密に触れる者は排除すべきだ」と、彼を殺した理由を告げる。「やっぱりあなたが…」と、東金に更なる嫌悪感と敵愾心を抱く美佳。
だが東金は「どうした、俺が怖いのか?」と、意に介さない。「その感情は誤りだ。なぜなら俺は、母さんの…シビュラの申し子なのだから」とドヤ顔の東金…安定のキモさだよ、キモ金さん!!
「俺の意志は社会の意志。俺の目は社会の目。遵法精神を誓う以上、お前は俺を否定することはできない。たとえどんなに潜在犯を嫌悪していようともな」と美佳の弱点――どんなものであれ社会=シビュラが是としたものに盲従することでクリアさを保っている美佳が、そのシビュラ=美沙子が是としている東金を否定することは、そのまま美佳のサイコパスが濁ることに直結する――を突く。
「…要件は何?」東金に屈する美佳。東金は朱の祖母の居場所を美佳に調べさせる。
「彼女には鹿矛囲を殺す役目を担ってもらう」
…なるほど。朱に鹿矛囲を殺させることで、鹿矛囲と朱、両方を排除できるって算段か。
それにしても、自身を「シビュラの申し子」と称する東金だけど、これは自分に言い聞かせてるっぽいように聞こえるんだが…。おそらく東金自身、母が自分を愛してないし、母に利用されているって自覚だって薄々はあるんだろうけど、「シビュラの申し子」って自分に言い聞かせることで、潜在犯である自分が利用価値があるから生かされてることを「母の愛」だって自分に錯覚させてるんだろうなぁ…悲しい子供だよなぁ、東金。とはいえ、していることは許されることじゃないし、全く同情はしませんがね。


弥生の調べで、ここ最近、国交省の役人が頻繁に会合を開いていることが分かる。主催者は桑島浩一*2
桑島は省内一の若手ホープと目される国交省の役人で、例の飛行機事故の1週間前に転校して難を逃れた鹿矛囲の同級生だった。
更に桑島は鹿矛囲の隠れ家だった港の管理会社の株主でもあり、桑島が協力者ならば、彼を介して鹿矛囲が各界の大物と接触できたことにも説明がつく。
「その点も本人に聞いてみましょう」朱は桑島を確保することに。

桑島が開いたパーティー。自らを「茶番のセレモニーマスター」と称する桑島。このパーティーには何らかの目的があるようで…。
役人たちが口々に「これでシビュラを排除できる」「やっと我々の時代が来る」と言うことからも、鹿矛囲の手によってクリアにされたことで堂々と(?)シビュラを否定できる反シビュラ・反厚生省派の役人や議員…ってことか。
「君がいるから皆安心してシビュラを否定できる。それだけでも革命的だ」予想通り、桑島は鹿矛囲の協力者ってことね。
そんな役人たちの姿を見て溜息をつく鹿矛囲。「そろそろやってしまおう。見るに耐えない」
「君たちの役目はこれまでだ」謎の言葉とともに役人たちの前に運ばれた料理。桑島は言う「最後にメインディッシュを用意させていただきました。ご堪能ください」
首を傾げる役人たちがそれを開けると――饗された料理は全て人肉だった。
悲鳴が上がり、人肉を食べていたことに混乱する役人たち。そんな役人のひとりにドミネーターを向けた水絵は「かわいそうに」と嘲笑う。

何故と問う役人に「それはこちらのセリフだ」と鹿矛囲。「地獄の季節を黙認し、数多の犠牲者を貪って今の地位を手に入れ、更には自らをクリアに保つため人の命を弄んだ」このパーティーの目的は、地獄の季節で利益を得た役人たちへの報復だった。
命乞いをする役人たちに「これが君たちの本当の色だ」と冷たく言い放つ鹿矛囲。そしてエリミネーターが放たれ、虐殺祭開始。

水絵のドミネーターが使用されたことを感知した志恩さんは朱に知らせる。場所を聞かされた朱と美佳は、今まさにそこへ向かおうとしていた。
朱は現場一体をドローンで封鎖することを指示し、現場へと急ぐ。

「ありがとう。これでみんなに謝ることができる」と礼を言う桑島に「君が責任を感じることじゃない」と鹿矛囲。
自分だけが助かった罪悪感で潜在犯になりかけた桑島。「社会秩序を守るシビュラシステム。そのエゴ故に184人の友が殺され、俺は社会から消えるとこだったよ」と語る桑島に「君を曇らせはしない」と言う鹿矛囲。
「行こう。ともに裁きの場へ」桑島を促す鹿矛囲だが、桑島は「俺はお前のように人を導けない。結局俺もこいつらと同じ救われた側の人間だ」と断る。
桑島の決意が変わらないことを知った鹿矛囲。立てこもり事件の美馬老人や升嵜医師のように鹿矛囲のために身を挺する桑島に鹿矛囲は何を思うのか…。
そこに「半信半疑の情報だったが、無事、切り札を手に入れた」と桑島。「必要ないといったはずだ」と鹿矛囲は言うが、「常守朱は最大の障害になり得る。行動を封じるに越したことはない」と桑島。…あ、葵ばあちゃん死ぬわ。てか、この情報流したのキモ金だろ?
だが鹿矛囲は「その程度で彼女は止まらない。どんな状況でも自分の色を保ち続ける彼女だから、裁きの証人になって欲しいんだ」と語る。
「ならこれで彼女を試せるさ」と自分は自分なりに動くという桑島は、「行け、桐斗」と鹿矛囲を促す。
「俺はここで役目を果たす」そう鹿矛囲に告げる桑島。同時に水絵も公安が来ることを鹿矛囲に告げる。
「君は再会するずっと前から、もう僕たちの大切な仲間だったよ」――鹿矛囲のその言葉は果たして本心なのか…。
洗脳するために相手を肯定する言葉を吐き続ける鹿矛囲だけど、同じ飛行機事故によって傷を負った同級生でもある桑島に語った言葉は果たして鹿矛囲の本心なのか…。それとも「同級生である国交省の役人」を利用したのか…。それは鹿矛囲にしか分からない。
「お前たちなら世界を変えられる。お前たち全員でシビュラを裁け」桑島は屋敷に火を放つ。

現場――屋敷に到着した朱たちを「さすがに早いな」と出迎える桑島。
「鹿矛囲は何処?」と問う朱に「彼は行った」と答える桑島。
「だが、無駄足ではないよ。代わりに彼らを見送ってやってくれ」燃え盛る屋敷を見る朱たち。そこに見えたのは動物のホロをかぶった人間――それも無残に切り刻まれ、歪にその姿を変えられていた。
「酷い…なんてことを」「これが人間にやることか」憤る弥生とギノ。「まさに地獄絵図…だろ。身の毛もよだつ行為だ」桑島は答える。
「これをやったのは鹿矛囲か?」と問う東金に「冗談を言うな」「こんな遊びでしかサイコパスを保てなかったのは、あの中で残骸になっている役人どもだ」と吐き捨てる桑島。
「これはその報復だと?」朱は問う。その問に、桑島は答える。密入国者を甘い言葉で集め、臓器移植に利用した挙句、人体をおもちゃにした…と。
「こんな真似をしておきながら、いざ犯罪係数が上がったら奴らは鹿矛囲に救いを求めた」それが鹿矛囲の逆鱗に触れた。
…あ、そうか、ちょっと間違ってたかもしれん。鹿矛囲が移植を主導してると思ったけど、サイコパスをクリアにするために移植をしていたのは役人たちで、鹿矛囲はその臓器から役人たちを突き止めて接触してた…ってこと?
それとも臓器移植自体も鹿矛囲が主導してたけど、移植に使われた密入国者の身体を切り刻んでおもちゃにしたことに鹿矛囲が怒ったってこと?
必要な臓器移植であれば鹿矛囲も否定はしないと思うんだけど、この場合、臓器移植自体が人体をおもちゃのように弄ぶことだから、前者な気がするんだけど。
「焼いてくれと願ったのは、家畜にされた人々だ」「彼らはもう、元の姿には戻れない…鹿矛囲がそうであるように」歯噛みする桑島。

「同行に応じてもらえますか」と言う朱に、「もちろんだ。だがその前に、これを」と小箱を差し出す桑島。
中を開けた朱は「何をした!?」と桑島に掴みかかる。
朱の異変に駆けつけ、抑えるギノは弥生に箱の中身を調べるよう指示。箱の中身を見た弥生は驚き、慌ててスキャンする。
そしてスキャンして出てきた結果は…「常守葵…!?」――葵ばあちゃんの耳だった。
そうか、葵ばあちゃんのピアスが意味ありげに光ったのはこれのフラグだったのか…orz
自分のしたこと――葵ばあちゃんの居場所を東金に教えたことで何が起こったのかを知った美佳は恐怖する。そんな美佳を見てニヤリと笑う東金。
もう東金さんはキモ金さん通り越して、ゲス金さんでいいかな?
怒りに震える…いや、憎悪の炎を燃やす朱。

桑島を取り調べる雑賀先生は「なんでも俺と話すとサイコパスが濁るそうだ」「本当にそんなことができるのか試してみたくなったのは初めてだ」と語る。
「要求は何だ」と問われた桑島は「常守朱は鹿矛囲に近づいた。厄介だし、冒涜ですらある。少しおとなしくして欲しい」と葵ばあちゃんに危害を加えた理由を話す。
その行為が桑島の独断だと判断した先生は「鹿矛囲は常守に来て欲しがってるだろう」と言い、鹿矛囲の居場所を問う。
桑島は答える「この都市の、腸(はらわた)に――」
またもノナタワー襲撃…なのか!?

地下鉄に乗り込んだ鹿矛囲たちは、いともたやすく地下鉄をジャック。その姿は監視カメラにも捉えられていた。
一緒にいる仲間は年齢も職業もバラバラだが、先生から「15年前、交通・航空の関係で親しい人間を失ってないか調べろ」と指示が飛び、志恩さんが調べると、全員が交通・航空事故で家族を失っていた。
「やはり、接点は皆、地獄の季節か」その問いに頷く桑島。
今まで透明人間として振る舞ってきた鹿矛囲が姿を見せながら行動を起こした。つまり…決着をつけようとしている。
どうする、朱!?

そしてな…まさかのCパートがあったんや…。

地下駐車場に止められた車のトランクを開けると、そこには葵ばあちゃんが。
「あーちゃんのお仲間さんかい?」そう問われた東金は「えぇ…」と微笑みながらも、彼女にドミネーター振り上げる。
そして…(殴る音)
逝った…葵ばあちゃん殺されたあああぁぁぁぁ!!
朱ちゃん酷い目に遭いすぎワロエナイ…。
シビュラというか東金親子が、朱に鹿矛囲を殺させることで両者を排除しようとしているのは明白なんだが、あまりにも東金親子の独断すぎて、果たしてこれが本当に「シビュラ」の総意なのか怪しいすぎるんだよなぁ…。
「全能者のパラドクス」を解消する方法として考えられるのは、鹿矛囲がそうしようとしているように、全てを無にする=シビュラをなくすことなんだけど、「全能者は同じ瞬間に全能である必要はない」としたら、シビュラの一員である「東金美沙子」をスケープゴートにして「自らを裁くことができる」という手法を取ることもできるんじゃないかって気がするんだよね。それこそ恣意的に美沙子の犯罪係数をいじってさ。
…しかし、まったくもってあと2話で終わる気がしねぇ\(^o^)/
てかこのブログを書いている段階で10話を見てしまってるわけだが、それでも残り1話で終わる気が全くしないんだな、これが\(^o^)/

ラジオCD「PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」復活SP

ラジオCD「PSYCHO-PASSラジオ 公安局刑事課24時」復活SP

PROPLICA ドミネーター

PROPLICA ドミネーター

*1:もっとも、佐々山も名前の「光留(みつる)」にかけて誕生日を3/26に設定されていたので、そういうお遊び的な要素とも考えられる。

*2:「くわ」は「桑」の旧字体なのだが、このブログでは字化けしてしまうため「桑」の字を使用

PSYCHO-PASS サイコパス2 #08「巫女の懐胎<AA>」

PSYCHO-PASS Sinners of the System

予想は当たるが、キモ金さんがワロエない…の巻。
ツイッターの実況および実況後の感想やら考察とか#pp_anime


東金を怪しむ美佳は、鹿矛囲と東金財団の繋がりを調べようと経済省特許局で東金財団の所有特許について調べる。するとそこにあったのは「多体移植・生体移植用複合体の製造方法」――184名の遺体を使った結合手術が…。
前回、「鹿矛囲はとんでもない数の人体パーツの集合体なんじゃ…」とか言ってたら当たったwww
とんでもねぇフランケンシュタインだな、鹿矛囲。
あと、その下に「無細胞化方法及び人体移植用人工組織――他の人体から採取した腱や靭帯について、固有DNAの残存量をゼロにする無細胞化と可能…」というのもあって、サイマティックスキャンがDNAにも関連するなら、フランケンシュタインであるが故に1人の体から複数のDNA反応が出てサイマティックスキャンがエラーになるというよりは、この「固有DNAの残存量をゼロにする」っていうのが鹿矛囲の透明人間化の原因っぽい気が…。

そして升嵜医師も鹿矛囲が飛行機事故の犠牲者184名の遺体からパーツを移植された存在であることを明かす。鹿矛囲いわく「7人の脳を含む184人の肉体と人格的存在」――そう語る升嵜。
脳まで継ぎ接ぎ…だと!? おい、そこは予想外すぎたぜ!
…ってことはだよ? 鹿矛囲桐「」から鹿矛囲桐「」になったのは、「斗」=7人の脳(人格)…ってこと!?
あー…ようやく腑に落ちたわ。鹿矛囲が色んなことに精通しすぎてて「ひとりで犯罪を立案・実行している」って気にならなかったのは、この「7人の脳=人格」だ。多分、この繋ぎ合わされた脳の7人それぞれが精通してるものが、薬物だったり医学知識だったりホロだったりプログラム制作だったりクラッキングだったり…ってことなんだ。
そして鹿矛囲が「多層的」なのも、多重人格のように人格がそれぞれ独立して切り替わるんじゃなく、繋ぎ合わされているが故に7つの人格がレイヤー的に重なりあうことで、ひとつの「鹿矛囲桐斗」という人格を作ってるんだ。
「脳の多体移植なんてことが可能だとは驚きだな」と雑賀先生。執刀した升嵜自身も成功する見込みはほとんどなかったという手術だったが鹿矛囲は生きた。そして升嵜は言う。鹿矛囲は「機械サイマティックスキャン)の認識上は繋ぎ合わされた死体にすぎない」…と。
鹿矛囲が透明人間であるカラクリは明かされた――。
しかし、鹿矛囲のシビュラに対する挑戦は、それだけが理由じゃないよな…。
「シビュラに認識されないから」という理由だと、それは槙島と同じ理由になってしまうし、何より鹿矛囲がシビュラを「裁く」、その「罪」の理由には薄すぎる。
とすると、鹿矛囲が恨んでいるのはシビュラというよりは「シビュラの中の人の誰か」なんじゃないだろうか?
シビュラの中の人の誰かが飛行機事故もしくは移植手術の黒幕で、自分を透明人間にした、その「シビュラの中の人」の「罪」を「裁く」のだとしたら、5話で局長の中の人が変わった時に「担当者は『私』」「どんなに責められても、『私』には責任の取りようがない」「過去を覆すことなんてできない」「生まれてしまったものは、せいぜい活用」と言ってたことと符牒が合致するする気がするんだ。
…ん? シビュラと東金、鹿矛囲の点が線で繋がってきたぞ!?
同じように5話で局長が「朱が『あれ』にどんな影響を受けるのか」と言ってた「あれ」はキモ金さんのことでいいんだろうな。前回出た過去の経歴を見ても、シビュラ(局長)が何らかの意図を持って東金が執行官として再配属したことは明らかだし、となると、シビュラと東金(東金財団)は繋がってて、鹿矛囲はそのシビュラ(と繋がりがある東金財団も含む)に恨みがある…ってことか。
現在の局長の中の人が自らを「担当者」って言ってたし、鹿矛囲が恨む「シビュラ(の中の人の誰か)」は、現在の局長の中の人だろうな。
残る見えない線は、シビュラ(現在の局長の中の人)と東金の関係か…。


升嵜いわく、鹿矛囲は手術直後はまだスキャナに認識されていたという。鹿矛囲が自分の特異性を自覚したのは日常生活が送れるようになってから。移植した部位が生着するに従いスキャナに認識されなくなったという。
うーん、待てよ。さっき「固有DNAの残存量をゼロにする」技術の話を出したんだけど、最初はスキャナに認識されてたってことは、(サイマティックスキャンがDNA識別にも関係するという仮説のもとでの話なんだけど)最初は鹿矛囲自身のDNAしか識別されなかったんだけど、生着するに従ってゼロにしたはずの各部位のDNAが鹿矛囲自身のDNAに置き換わらず、元々のDNA反応が出てきて「一つの体から複数のDNA反応」が出てサイマティックスキャンがエラーを起こした…ということ?
通常の臓器移植なら割合で誤差の範囲内で済むけど、鹿矛囲は184人の集合体だからDNAの割合を考えると誤差の範囲なんてもんじゃない。だからサイマティックスキャンがエラーになって計測できない…ってこと、なのかなぁ?
やがて透明人間として社会から切り離された鹿矛囲。初めのうちは何とか認識されようと人目につく犯罪を起こし裁かれるのを期待したこともあったが、それでも認識されなかった。医者やカウンセラー、信頼できそうな人間にも相談したが、鹿矛囲の特異性を目の当たりにすると皆、離れていった。
「だろうな」雑賀先生は言う。シビュラに認識されない人間を肯定するということは今の社会に疑いを持つことに等しい。
そして鹿矛囲*1は言う。「僕はシビュラだけでなくそれに縋る全ての人間から存在を否定された」
なるほど、人々を洗脳するのはそれが理由か…。
槙島も鹿矛囲も、やってることは「シビュラに縋る人間たち」を嘲笑ってるんだけど、槙島は「魂の輝き」と称して「人の本性」を暴き出し、「ほら、人の本性ではシビュラの檻の中で生きるなんて愚かだ」と嘲笑ってたのに対し、鹿矛囲は「自分を否定した者たちへの復讐と嘲笑」なんだよね。そして「シビュラを『裁く』」と言うように、「シビュラは神ではなく『罪人』。それは本当に縋るに値するものなのか」と人々を嘲笑ってる。
そしてシビュラに縋るが故にクリアになることを求める人間を利用し、洗脳する。だから鹿矛囲の犯罪に関わる人間は「自分の意志でそれを実行しているようで、実は自分の意志がない」ってことね…。。
槙島も鹿矛囲も「シビュラに認識されない」という根源と、「だからシビュラに反逆する」という行為、そしてシビュラを倒したその先で己が支配者になろういう気はない(壊すこと自体が目的)という着地点は一緒だけど、やはり「決定的に何かが違う」というのは、その方向性というか、「シビュラに認識されない」から芽吹いた枝葉というべき感情だよな。
槙島が「誰かに認めて欲しい」という「寂しさ」からなら、鹿矛囲は「自分を透明人間にした者への復讐」という純粋な「憎しみ」だもんな。
「何故、自分は誰にも認められず消えねばならないのか」鹿矛囲はその理由を探し、辿り着いた。
地獄の季節」に――。

かつてシビュラシステムに変わる国民支援制度が経済省から発案されたことがあった。交通と銀行を管制しその全てを把握する「パノプティコン」と呼ばれるシステム。
1期19話で出てきた「パノプティコン」がまさかここで出てくるとは…!!
ジェレミーベンサムが収容所の建築形態として構築した全事象展望監視システム。1期19話では雑賀先生と狡噛さんが槙島について語る中で(狡噛さんが見る)槙島の幻影が「最少人数で多数の囚人を監視できる」としてシビュラシステムを皮肉ってたアレね。フーコーも絡めた皮肉についてはウィキペディアさんがそこそこ詳しいのでそちらを参照
「市民の行動と経済活動を監視・記録することで犯罪を未然に防ぎ、最適な生き方を導く――至極単純ではあるが理想的な提案とも言える」と言う鹿矛囲に、雑賀先生は「全てを監視される市民にとっちゃ、まさしく監獄だ」と笑う。
しかし鹿矛囲は「今の社会とどう違うと?」と返す。
…あー、でもなんかこの「パノプティコン」、なんかパノプティコンをロングパスにするために無理やりこじつけた感が…w
シビュラシステムに変わる対案として設定したんだろうけど、なんかこれには緻密さがない気がする。
もっとも「シビュラに変わる対案」としてシビュラ同様「最少人数で多数を監視できるシステム」のため――要はこの場面のためだけに設定されたものだから緻密さはなくてもいいんだろうけど、2期は後付け設定の宝庫であることを活かしまくって色々と緻密に仕上げてるだけに、この設定はちとお粗末で残念かもしれん。
しかし、「市民の行動を監視して犯罪を未然に防ぐ」システムとして考えたら、シビュラが「市民の行動と精神状態」だから、あと犯罪を防ぎそうなものったら経済活動ぐらいしかないっちゃないわな。ここらへんは来年出るらしいオフプロ2で補完されるかもしれないし、されないかもしれないしw
ただ、シビュラによって厚生省がとんでもない既得権益を持っていることに対して、経済省がそれに変わるために出した案という、いわゆる「お役所間の権益戦争」が背後にあることは分かったわ。…てか、この「お役所間の権益戦争が背後にある」ってための設定だからパノプティコン自体が緻密さ皆無のお粗末設定でも別に成立するのかw

交通分野で試験的に運用されるようになったパノプティコンだが、ある時期から多大な不具合が発生し始めた。それが原因でパノプティコンの採用は見送られ、そうしてシビュラによる統治は今に至るまで続くこととなった。
もしそれが何者かに導かれた結論で、それを得るために全てが仕組まれていたとしたら…
それを陰謀論だと一蹴する先生。しかし鹿矛囲は「何が陰謀論なものか…」と呟く。経済省への横槍や人材の操作と流出、予算の奪い合い、政治家同士の取引…それらは実際に起ったことだ…と告げる鹿矛囲。
事実その結果として、その周辺時期の航空および交通事故は例年の数十倍にも跳ね上がり、多大な犠牲者を出したその期間を後に「地獄の季節」と称した。
…ははぁ〜ん、やはり鹿矛囲の飛行機事故は仕組まれたもので、そこに鹿矛囲の復讐の動機があったか
そして鹿矛囲はその事故が「現在の局長の中の人」によって仕組まれたもの…ってとこまで調べてる…と。
なるほどね…それが鹿矛囲が「シビュラを裁く」理由であり、脳の集合体であるシビュラに向けるのは無意味そうなドミネーターをシビュラに向けようとしている理由はそれか。
ってことは鹿矛囲はシビュラの正体=免罪体質者まで行き着いてて、今までの事件はその免罪体質者をあえてドミネーターで裁くための実証実験…ってことか。
うわー、これは面白くなってきたぞ!
多分これ、キーワードは「パラドクス」だ。
前回、シビュラにとっても都合が悪いのに水絵のドミ認証を止められないのとか、取り込めないイレギュラーである鹿矛囲を殺処分したがっているのとか、「シビュラ自身も遵法者であるが故に(法を曲げる=自信を否定することに繋がるので)、自身に都合の悪い存在であってもどうにもできない」というパラドクスが明らかになった。
おそらく鹿矛囲が局長にドミネーターを向けた時、「シビュラは自身を裁けるのか」というパラドクスが発生するんだ。
そのパラドクスをどう解決するのか。ひいてはそれが未だ朱が出すことのできない「法(シビュラ)で裁けない者をどう裁くのか」という答えに繋がる…ってことになるんじゃないかな?
…おぉ、なんか2期最終盤、そして劇場版へ繋がる部分へ進んできた感じがするぞ!?
「君はそこに答えを見出したわけか」鹿矛囲の犯罪動機を知った先生。頷いた鹿矛囲は言う。「全てを知り、自分の為すべきことを見出した僕は、現代のメディスンマン(呪術医)として目覚めた…」
そして鹿矛囲ではなく、升嵜自身に戻った升嵜は鹿矛囲との出会いを語り始める。

5年前、医者という重責に耐えられず薬漬けになっていた升嵜を救ったのが鹿矛囲だった。鹿矛囲は升嵜ら医師が知ることを禁じられた医療データを手に入れ、正しい瞑想と薬物投与で人のサイコパスをクリアにする術を身につけていた。
正しい瞑想と薬物投与…って胡散臭すぎるだろ!www それって完全に洗脳の手口じゃん!
…とも思ったが、逆に考えるとそれが「禁じられた医療データ」ってことは、それこそラクーゼとかの、いわゆる既得権益がある薬物を売るために「あえて正しい医療データ」を教えてない…ってことだな。
本来はクリアにするための医療技術がちゃんとあるんだけど、そこに製薬会社の既得権益が絡んで「正しい医療データ」を封印(隠蔽)している…ってことか。
なるほどぉ…シビュラと東金財団の繋がりはそこか。てか、そこまでいくと、むしろシビュラを支配しているのが東金財団に思えてくるんだけど…。
サイコパスをクリアに出来る技術か…。それ自体が過去への復讐となり得るな」と先生。しかし升嵜は言う「単なる復讐にとどまらない。鹿矛囲なら全てを覆してくれる…そんな夢を見させてくれるような男なんだよ」と、これまでの犯人たち同様、鹿矛囲への心酔ぶりを見せる升嵜。
全てを覆す――それが鹿矛囲の目的
「ふぅ〜ん、そういうこと」それをモニターしていた局長は呟く。
裁きたいのは『私』だけでなく、シビュラシステム全体というわけね…桐斗くん」
さすがはシビュラシステムさんやで…と言うべきだろうか。案の定、局長は鹿矛囲の目的というか復讐動機を分かってたのねw
うーん、となると、シビュラ=局長は、何らかの理由で2期が始まる前から鹿矛囲が自分に復讐してくることを知ってた…と考えたほうがよさそうだな。
あと局長が東金財団関係者であることも確かそうだから、キモ金さんを再度執行官として配属したのも、東金一族として何らかの関係があるだろうことから、(自分の息のかかった者として)鹿矛囲を殺処分するために送り込んだと考えたほうがいいのかも?
ただ、キモ金さんの朱ちゃんに対する執着については、逆に局長の差し金で送り込まれたことを利用してそうだけど。

一方、鹿矛囲の手術について調べる美佳。「死体を繋ぎあわせて作られた人間なんて…気持ち悪い」と嫌悪感を露わに。
するとファイルの閲覧記録に2ヶ月前の日付が…。閲覧者を調べると、鹿矛囲のホロの一人と一致。
「鹿矛囲が、ここに来た!?」鹿矛囲もまた、東金財団について調べていた。

1係では再び捜査会議。弥生の調べで、事故被害者の同姓同名の人物が都心部だけで54名いると判明。朱はその54人だけではなく、鹿矛囲本人を除く事故被害者184人分の外見は全て鹿矛囲が纏うホロと見て間違いないと断定する。
公安に出入りしていたカウンセラー、メンタルケア施設の薬剤師、最初の人質女性――全てが鹿矛囲だった。
「鹿矛囲は事故の被害者のホロしか使わないのかも」雛河が言う。朱もそれに頷き、「鹿矛囲は事故とそれにより植え付けられた184人に固執している」と判断。「その意味で鹿矛囲の顔は割れたと言っていい」東金もそう判断する。

また、ギノの調べで鹿矛囲の隠れ家に残されていた臓器から、入れ替わりの可能性がある人物を割り出したところ、揃いも揃って各界の大物ばかりだと判明。社会に影響のある人物を別人に入れ替えていたのは升嵜であることは、本人が認めている。
「治療と見せかけて殺していた…それだけのことをしながらサイコパスをクリアに保てるとは」感嘆する東金。だがそれが鹿矛囲の特異性。薬物調合とカウンセリングで重篤な潜在犯でさえサイコパスをクリアにしてしまえる――洗脳と言っていいレベルで。
「医療こそが最大の武器か…厄介だな」呟くギノ。
朱は「洗脳」と言うけど、前述した通り、もしかしたら鹿矛囲の手法(特に投薬部分)が「本当は正しい医療行為」だって可能性のほうが高そうなんだよな…。ただ、その後自身を心酔させるまでに至る部分(暗示)は確かに洗脳だと思うけど。
そして、鹿矛囲の攻撃対象が、薬品会社・メンタル医療施設と医療関係に限定されていることに気づいた朱。しかし東金は、港を隠れ家にしていた点が妙だと言う。「何かメリットがあったはず」
港のメリットを考える朱は、この数か月の間に未解決の行方不明事件がないか弥生に尋ねる。しかし記録にはない。
「それ…変。人、減ってないとおかしいのに」雛河は気づく。そして朱も「内臓を抜き取られて殺された人がいるなら、移植される前の人物は消えていないとおかしい」と気づく。「消えたことが認識されない人物となると…」東金も考える。
「…待てよ」ギノは現場に国外の新聞や紙幣が残されていたことを思い出す。
「そうか…密入国」朱は成りすましているのが密入国者である可能性がに気づく。「そこまでして何をするつもりなんだ…!?」ギノは首を傾げるが、まだその目的までは分からない――。
密入国者…ここで劇場版につなげてきたか!!
劇場版の敵は密入国者…ってことになってるんで、おそらく劇場版の犯罪(テロ計画)はこの時点から仕込まれていた…という繋げ方だと思うんだけど、どう上手く繋がってるんだろうかと楽しみになってきた。ひょっとすると、これまでにも劇場版に繋がる伏線とか布石はあるんだろうなぁ…。そこら辺、劇場で「あぁぁぁぁ!!」って気持ちよくさせてくれると信じてるぜ!

その後、雑賀先生を待ち伏せた東金は「以前からあなたには興味がありました」と尋ねた理由を語る。
「受講生を黒く染めた講師」と、かつて受講生のサイコパスを濁らせたことを引き合いに出す東金。「他者のサイコパスを操る能力――そんなものがただの技術であるはずがない」と先生が技術で受講生のサイコパスを濁らせたわけではないだろうと言う東金。先生も「そんなものが伝達できるなら、この社会は成り立たなくなる」と否定。
「技術でないなら、それは才能」「人をクリアにする鹿矛囲とは真逆の、サイコパスを濁らせる才能を、あなたは持っている」と先生を評する東金。「そしてそれ故に、どんなに自分が干渉してもサイコパスが変化しない常守監視官に依存している」とも指摘。
「ほぅ…」対峙する先生と東金。
…なんだ、この狡噛さんが1期19話で先生に「お前と槙島は似ている」と指摘された時に、ものっそ嫌そうな顔をした時にも似たこの緊迫感は。
おそらくあの時狡噛さんが抱いていたものは「同族嫌悪」だろうから、先生と東金も同族嫌悪の波長だよな…。
しかし、そこで東金に呼び出しがかかり一触即発の自体は回避されたかのように見えた。
「依存か…。ならお前はどうなんだ?」問う先生。「あなたはキレすぎる」そう言い残し、去っていく東金。
あぁ…でも先生が朱ちゃんと積極的に関わろうとしてるのって、そこにあると思うわ。先生が社会から隠遁していたのって、シビュラによって職を失ったこともあるけど、自分に関わった相手のサイコパスが濁ることを知って、自ら社会から遠ざかった…というのが最大の理由じゃなかろうか?
狡噛さんは結果的には潜在犯になってしまったけど、最初に雑賀先生と関わった時期は朱ちゃん同様濁りにくい部分があったから親密にしたのだろうし、朱ちゃんに請われて分析官になったのも、自分と関わってくれる(必要としてくれる)サイコパスが濁りにくい存在だったから…と考えると、先生自体は自ら社会から遠ざかったとはいえ、実は社会に参加したかった(必要とされたかった)ってことだよね。
ただ、朱を「黒く染めたい」という欲望を持つ東金としては、先生は同族嫌悪の波長を感じてしまったわけだ…。そして何より先生のその洞察力を始めとしたキレ者であることが、自分の正体を暴きだしそう…と感じたのではなかろうか?
そう考えると、美佳だけじゃなく、先生もキモ金さんの正体を暴きそうだな…特に内面の。


鹿矛囲が閲覧したデータを調べる美佳は、そのデータが薬品関連の項目に偏っていることに気づく。その中には第1の事件で喜汰沢が爆弾を仕掛けた新型ラクーゼの生成技術、立てこもり事件のメンタルケア施設で使っていた数種類の薬品の閲覧履歴も残されていた。
いずれも背後にいるのは――「東金財団
「鹿矛囲は、東金財団に復讐しようとしている」…美佳はそう推理する。
ようやくここで美佳の有能ぶりが発揮されてきたな。性格に難があっても、さすがは飛び級で高等教育機関を卒業して未成年で公安局監視官の適性が出ただけはあるわ…。多分、情報を分析して推理する能力は狡噛さんや朱レベル…ひょっとしたらそれ以上かもしれんぞ。
航空機事故の手術で東金財団が保有していた特許技術が使用されている――脳を生きたまま摘出する手術、摘出した脳を繋ぎ合わせる技術。
「何故こんな技術を保有していたの?」謎に思った美佳は関連項目を調べる。ドローンによる全自動での脳の摘出、人間を必要としない手術の提案…。「なにこれ…」唖然とする美佳。そして特許出願者を調べると「東金美沙子」の名が。
そこに載っている顔写真に、美佳はハッとする――東金の部屋で見た写真に映っていた女性だった。
東金朔夜の母親…」
調べ続ける美佳。美沙子は5年前に死亡していた。ならば…と父親を調べるが、その情報は封印されていた。
「アイツの出生にも特許技術が絡んでるってこと!?」関連データを調べると、1つの項目に行き当たる――「サイコパスに関わる特異体質『AA』の先天性実証例
…ほほぅ、サブタイの「巫女の懐胎<AA>」って、局長の中の人であろう東金美沙子、そしてその息子・東金朔夜のことか。シビュラ=信託の巫女=免罪体質者から生まれた子…ね。
でもって<AA>は何の略かは分からんけど、「サイコパスに関わる特異体質」とあることからも、免罪体質者のことで間違いなさそうだな。
なるほどね…。シビュラと東金財団の繋がりは、東金美沙子がシビュラの中の人(現在の局長の中の人)で、その美沙子は免罪体質者を人工的につくろうとしていたってことか!
…てか、また予想を当てさせてくれたんだけど、いいのか2期!?
しかし、鹿矛囲たちが人工的に免罪体質者を作り出そうとして失敗したので事故に見せかけて処分された…と予想してたんだけど、これは東金朔夜=美沙子が人工的に免罪体質者を作り出そうとして失敗した存在なんじゃ…。
だとすると…あ、なんかキモ金さんの「黒く染めたい」欲望の裏から感じる「愛して欲しい」という叫びが繋がってきた。
「AA」を調べようとする美佳だが、その項目も封印されており、美佳は「サイコパスが濁っちゃう」と溜息をつく。「どうしたら…」呟く美佳。しかし美佳は「そうだ…そうか!」といい案を思いついたようで…。

すり替えられた人間を虱潰しに当たるつもりだったが、不発に終わった朱と東金。そこに朱の自宅の床の荷重センサーに反応があったと通知が。
「やはり自分を囮に使っていたのか…」呆れる東金。「ごめん…苦情は後で聞くから」自宅へ急行する朱。…ってか、朱ちゃん、アンタ、自分でも気づかんうちにかなりのところまでキモ金さんに心開いちゃってますぜ…!? 完全にキモ金さんの術中にハマってるよ朱ちゃん!!
自宅へ到着すると、そこに怪しい人影が…。しかし、住宅システムのメンテナンス職員で、管理人に合鍵の使用許可を出していたこと忘れていた朱の、ある意味早とちりだった。
自宅を鹿矛囲に侵入された時のままにしていることに驚く東金。「鹿矛囲の心理と重なるにはヤツの見た景色を保持しておくのが一番」そう呟いた東金にハッと息を呑む朱。「図星ですか」と指摘され、朱は「さすがですね」と東金の洞察力に感心する。
「感服しますよ。あなたは生まれながらの刑事(デカ)だ」と言う東金に「ありがとうございます」と苦笑う朱だが、「可愛げが足りないという意味です」と付け足され、顔を真っ赤にする。
そこに公安局から、自宅の警報を感知したため、葵おばあちゃんの警備レベルが変更されたとの通知が。それを目にした東金は「祖母か…」と呟き…。
アカン、これは葵おばあちゃんに死亡フラグや!!
朱ちゃんを「黒く染めたい」のなら、身内…葵ばあちゃん殺すのが一番*2だもの…これは…キモ金さん、やる…てか殺る!!

公安局の食堂で、ある報告書を作成する美佳。

事件の発端は15年前の航空機事故に遡る。
死亡した201名の乗員乗客のうち184名が児童という悲惨な事故を利用して、莫大な利益を享受した者たちがいた。それが、東金財団。
そして、この時の唯一の生き残りが鹿矛囲桐斗である。
当時、財団を仕切っていた東金美沙子は「AA」という特異体質の研究に執心しており、その実証実験のひとつが、脳を摘出し繋ぎ合わせるという財団が持つ特許技術を最新の環境で試すことだった。
彼女は鹿矛囲や事故犠牲者の遺体を使い、自らの研究を推し進め、結果、財団が持つ特許技術は更なる進化を遂げた。
鹿矛囲桐斗の犯行目的は、そうした東金財団への報復である。財団をマークすることで、鹿矛囲逮捕に近づける。

しかし、現在の一係は重大な問題を抱えている。それは常守朱と東金朔夜の存在だ。
東金朔夜は「AA」を人工的に作り出そうとした東金美沙子の実験によって生み出された。それが史上最悪の犯罪係数を持つに至った経緯と推測される。
つまり、事件の首謀者である鹿矛囲と東金朔夜は「AA」というキーワードで繋がっていることになる。
鹿矛囲桐斗と東金朔夜は等しく危険である。
東金朔夜は他人の犯罪係数を上げることに悦びを覚える異常者だ。現に今まで彼の担当となった監視官5名全員が潜在犯化しているという実例がある。
東金朔夜の影響により、常守監視官も近い将来、犯罪係数が上がると予想される。しかし常守監視官本人は意にも介さず、忠告も受け入れようとしない。これは由々しき事態である。
常守監視官はすでに己の判断ミスにより、多数の監視官および執行官を犠牲にしている。このままでは鹿矛囲の逮捕や東金朔夜の排除はおろか、公安局存続の危機にも繋がりかねない。
故に私は、常守監視官の更迭もしくは権利停止の必要性を強く訴える。

禾生局長なら、きっと分かってくれるはず」…美佳、死亡フラグ
…ってか、美佳は有能すぎて墓穴を掘るタイプだったか。これまで「無能の象徴」みたいに描かれていた美佳が、ここで情報探索能力と推理力を発揮したことで「実は有能」ってことが分かったんだけど、それでもなんか「できる子」に見えないのは…まぁ、しょうがないわなw
先輩と揉めてんだけど、「自分のほうが正しい」って譲れないから、なら更に上の役職に訴える…っていうのは、実は1期で朱がやらかしてるんだよね。ギノに「子供だ」って言われて局長に抗議しに行くって征陸のとっつぁんに止められた時のアレ。
社会人でも新人というか、ある程度仕事覚えて自分に自信がつき始めた頃にありがち…というか、自分(の仕事)に自信がついてくると「自分のほうが正しい」って凝り固まっちゃって、人の意見を聞けない時期ってありませんでした? 社会人の皆さん…。
多分、今の美佳ってそんな時期なのかもしれない。ただ、それでもまだ経験年数が浅いから、職場で自分の意見を円滑に通す、自分の意見と他者の意見を上手に折衷する(折り合いをつける)、自分とは相違しすぎてる他者の意見で角度を変えてみると分かってくることがある…みたいなのができない。
だから、自分の意見を通すための方法が、更に上の役職に訴えて上から押さえつけてもらう…ってことしか知らないんだろうな…って、まぁ微笑ましいわ…って社会人を10数年やってるオバちゃんは生暖かい微笑みすら浮かべてしまうわけですよw
朱と美佳の悲劇って、朱が刑事として尊敬する狡噛さんを失い、ギノという先輩監視官を失い、「自分が1係を引っ張っていかないといけない」という重責で余裕がなくなってしまったことで、美佳と先輩後輩として…というか同じ職場で働く人間同士として向き合うことをしなかったのが大きな要因なんだよな。
「どうしてそれが必要なのか」という美佳の疑問に、確かに朱は丁寧に答えてはいる。けど、それはとても事務的かつ一方的で「共感」できないの。言動にぬくもりがない…とでも言うのかな。
人から物事を教わるときにあると思うんだけど、教え方が上手な人と下手な人っているじゃない? これはあくまでも私感なんだけど、教え方が下手な人って「自分が解ってるから相手も解ってる(解るはず)」という考えなんだよね。どれだけ懇切丁寧な言葉でも理解できないのって、それだと思うの。そして朱もそれだと思うの。
逆に教え方が上手な人って、相手が(言葉にしなくても)疑問に思っていることを拾い上げて、自分から理解への糸口をつかめるように導いていくようなところがあって、「あぁ、だからそうなのね」って最終的にちゃんと納得できるのよ。
確かに美佳も凝り固まった部分があるから、雑賀先生のように年の功で有無をいわさずに社会の現実を見せて、苦労させて勉強させる必要もあるけど、先生が来るまでの1係にはそんな存在もいなかったからなぁ…。ギノではまだまだ荷が重すぎるというか、若すぎて。
でも、美佳はこの有能さからも見て、朱や執行官たちをちゃんと理解して共感できれば、1係にとっては大きな戦力になるし、何よりも朱の参謀となれると思うんだ。
さて、この美佳の死亡フラグがどう転がるのやら…。8話放送前に公開された劇場版の予告にいたことで生存は確定だから、あとはこの死亡フラグで朱との和解しかないんだが…。

公安局に戻った朱は雑賀先生に現状報告。すり替えられた人間たちの自宅・別宅はもぬけの殻。「このタイミングでの失踪は単なる逃亡とは考えられない」と言う先生に同調する朱。「彼らは目的に向けて動き始めた。何としても止めなければ」と決意する朱に「まるで相手の狙いを把握しているような物言いだな」と先生。
升嵜を信じるなら、鹿矛囲の目的は革命。社会を転覆するため、その社会を体現する存在を裁く。そんな存在はひとつしかない――そう言われ、朱は気づく「シビュラシステム…」
ここで1度監視カメラ映像っぽい描写になるんだけど、これはこの会話もモニターされている…という描写よね? モニターしているのは局長なのか…?
ついに明らかになった鹿矛囲の目的。そして繋がった鹿矛囲・シビュラ・東金の点と線。
鹿矛囲と事故犠牲者を利用した東金美沙子=東金の母。そして東金美沙子=免罪体質者=シビュラの中の人。あとはキモ金さんが何故朱に執着しているのかという理由だけか…。
これで鹿矛囲がシビュラにドミネーターを(あえて)向けたい理由も分かったわな。シビュラシステムではなく、その中の人である「東金美沙子」に向けたいんだもん。そして東金美沙子をシビュラシステム=ドミネーターで裁くことに皮肉を持たせている…と。
今思えば、「シビュラを裁く」と言ってる時点で鹿矛囲は最初からシビュラが支配者=人であることを知っていたんだよな…今思えば。

局長に報告書を提出し、死亡フラグビンビンの美佳。「短期間でこれにたどり着くとは君の捜査能力は大したもの」と褒められたのも束の間、美佳は真相を知らされてしまう。
ところでこの『AA』だが、これはオープンドア・データと呼ばれるものだ」意味が分からない美佳に局長は続ける。「重要機密を暴こうとする社会不適合者をおびき寄せて把握するための罠。君はそれにまんまと引っかかった」
美佳の死亡フラグがバリ3ぐらいに!! …ってか、今時「バリ3」とか死語よ、BBA!w
「AA」とは「Apriori Acquitアプリオリ・アクィット)」――先天的免罪体質
先天的があるなら、後天的もあるのかね、免罪体質って…とも思うのだが、ともあれ1期では「免罪体質者は先天的な体質」と説明されてるから、今のところ免罪体質は生まれながらの素質・体質ってことなんだろうな。
「シビュラの重大な秘密だ」
つまり、美佳は鹿矛囲と東金財団を調べるうちに、免罪体質まで辿り着いてしまったのだった。そしてシビュラはその秘密に辿り着いた者を消すために「AA」というキーワードをワザと仕込んでいた…。
「え!?」意味が分からない美佳。「さて、捜査から逸脱してこのようなデータの収集に勤しんだ君の処理、どうすべきか…」そこでようやく美佳は自分が知ってはいけない秘密を知ってしまったことに気づく。
後ずさる美佳に突きつけられたドミネーター。「まだこの程度の悪化でとどまっていられるとは…」東金だった。何故ここに東金がいるのかと驚く美佳。
「彼女はまだ使えます。私に任せていただけませんか…母さん
やっぱり親子ぉぉぉぉぉぉ!!
現在の局長の中の人=東金美沙子=東金の母…が確定した。
そしてこれ…「法で裁けない者をどう裁くか」というのが、鹿矛囲と美沙子の2人にかかってるのか!!
おそらく…おそらくなんだけど、鹿矛囲が事件を起こしたことでシビュラの総意が美沙子を「担当者」にして局長の義体に入れたってことは、美沙子以外のシビュラの総意として(この鹿矛囲の事件を利用して)「東金美沙子の排除」を目論んでいるんじゃなかろうか?
シビュラの脳からあの局長義体に入る描写がアニメと深見小説ではちょっと異なってて、小説ではパッケージングされた脳が義体に入れられる描写があったんだけど、アニメではうなじのコネクタでデータの入れ替えをしているような描写なんで、義体の脳を壊してもシビュラ本体の脳は無事みたいに思えるんだけど、でも1期で槙島が局長義体の藤間の脳を破壊したことで藤間は死亡したような描写だから、アニメだと義体の脳が破壊されると脳のデータが死ぬので必然的にシビュラ本体の脳も死亡…ということになってるのかしら?
ともあれ、シビュラ社会がいかに東金財団に利益をもたらすようにできているかはこれまでの描写で明らかだし、シビュラの中の人として美沙子は利己的すぎてふさわしくないと思うシビュラメンバーがいてもおかしくはないんだよね。
となるとシビュラ自身にとっても美沙子は「法で裁けない者」で、その美沙子を排除するためにあえて鹿矛囲を泳がせて利用している…と考えることもできるわな。恣意的にドミネーターのモード(犯罪係数)をいじれるはずのシビュラが、本来なら自身にとって都合の悪いはずの鹿矛囲を恣意的にドミネーターをいじってまで裁こうとせず、シビュラ社会、ひいてはシビュラシステムそのものに対するリスクを冒してでも、ある意味「法の外にいる」鹿矛囲を使って「法そのもの」である美沙子を排除したい…とすると、シビュラ自身も遵法者なのを差っ引いても、これまでの整合性がちっとおかしいんじゃねぇのって部分に納得がいく。

「好きにしていいわ。処分はいつでもできるし」母親の声で答える局長=美沙子。ひとまず美佳の命は保証された…?
「やはり問題なのは…」美沙子が美佳よりも危険視する存在――「常守と鹿矛囲のことなら心配ありません。2人とも私が仕留めてみせます」と東金。…そういえばさ、キモ金さんがなんで字幕では「朔夜」って書かれてるのと思ったら、朔夜と美沙子で「東金」が2人存在して紛らわしくなるからだったのか…。
しかし局長の中の人(榊原良子さん)スゲェな…。2期は特にスゲェ。禾生」としての声と「美沙子」としての声が全く違うのな! 「声は一緒なのに芝居が違う」というのが正しいところなんだけど、コレ、多分1話から見直して局長の声に注目すると、禾生としての声と、美沙子としての声と、芝居が違う部分が思った以上にあるのかもしれんで…。
…なるほど、美沙子が朱を危険視するのは、朱がいずれはシビュラシステムがなくなる方向を望んでいる=シビュラが無くなる方向に進めば東金財団が得る利益が減るから…ってことか。
母さんとシビュラを美しく清らかにするのが、私の役目です
やっぱりマザコンか――――――――――っっっっ!!
もう、キモいのフルコンボだよキモ金さん!!
しかし、これで彼の「黒く染めたい」っていう欲望の裏から感じる「愛して欲しい」という叫びも繋がったわ。
美沙子が人工的に免罪体質者を作る実験で生まれてきたのが東金で、その東金自身は失敗作だった…。失敗作だったことで母に愛されなくなった(愛されなくなったと思い込んだ)東金は、愛されるために母に盲従するしかなかった。しかし、その業に疲弊した東金は終わりを望み、その業を断ち切ってくれる(自分を殺してくれる)相手としてサイコパスが濁りにくい朱を選んだのだとしたら…。
朱を「黒く染めたい」というのは確かに彼の欲望だろう。だがそれは支配欲ではなく、朱の濁らないサイコパスが濁る=憎しみに反転した時、自分に向けられるだろう殺意の大きさを期待しているとしたら…。
異常なまでに朱を分析し、朱が信頼していた狡噛さんを模すことで朱の信頼を得る。その上で朱を裏切り、その反動が憎しみを増幅させ、自分を殺してくれることを狙っているとしたら…。
なんかキモ金さんが朱に執着する理由がだんだん分かってきたような…。
だとすると、東金は死ぬんだろうな、多分…というか、9割ぐらいの確率で。
愛されたいが故に美沙子をかばって死ぬか、愛されたいが故に美沙子を裏切って殺されるか…。もしくは、朱が狡噛さん依存を卒業するために、「あなたは狡噛さんじゃない」的な展開で結果的には殺してしまう形(エリミネーター執行)になるのも考えられるけど、今のところはこの3パターンかな? どのパターンであれ、朱が狡噛さん依存から卒業するためには、東金は2期で退場しないといけないと思う。
「何? 何の話をしているの!?」目の前の現実が理解できない美佳。しかし生命の危険に晒されていることだけは理解し「やめて、聞きたくない!」と耳をふさぐ。
そんな美佳を引きずり、局長の机に叩きつける東金。「私、何も知りませんから! 何も話しませんから! 全部忘れるから…」悲鳴を上げ、泣きながら命乞いをする美佳。そんな美佳に美沙子は言う。「賢明な判断ね。やはりあなたは理想的な市民だわ――退屈なほどに」
「この反応、いずれシステムを公開する時のモデルケースなるかもしれません」東金は美佳の利用価値を語る。
「そうね、試してみましょうか」美沙子はシビュラシステムとリンク。
「霜月監視官、あなたに世界の秘密を教えてあげる」
嫌と悲鳴を上げる美佳。しかし、助ける者はいない――。
これで美佳も朱同様、シビュラの秘密を知るフェーズ2になるのだけど、美佳は一体どんな反応を示すのか…。
濁って落ちるのか、それとも踏みとどまるのか。ただ、劇場版の予告では2期と変わらぬビジュアルなので、おそらくは踏みとどまって監視官のままだと思うけど、朱と同じ反応にはならないと思うんだよなぁ…。
朱がシステムの秘密を知っても現実を受け止め、嫌悪感を抱きながらも、社会秩序維持のためには必要…と折り合いをつけたように見せつつ実はシステムに抗い続けているのに対し、美佳はまず「現実」を受け止めない気がするんだよな…。「恐怖」で思考停止して、それ以上は何も考えない。それを「保身」と言うかもしれないけど、シビュラにとってはシステムを開示してなお支配を継続するためには、それは最も理想的な反応だと思う。
もっとも、シビュラ自体が人間の思考を停止させるシステムなのよね。「あなたにはコレが向いてますよ」って学業から職業から結婚まで、とりあえず選択に困ったらシビュラ様の御託宣を受ければいいのだから、これ以上思考停止させるシステムはない。そして色相および犯罪係数が思考の範囲を縛るから、シビュラにとって都合の悪いことを考える人間もいない。なんともまぁ、人間に「考える」ということをさせないディストピア――それがシビュラ社会なんだわ。
そのディストピアにおいて、自分の意志で「考える」「選択する」ということをした人間が社会の中で抗う姿を描いたのがサイコパス。でも支配者のほうが何枚も上手で、簡単に打倒されないのもサイコパス。そして人間たちは同じようなことを繰り返しながら、それでも少しずつ前に進んでいく…そういう話なんだよね、サイコパスって。
美佳の死亡フラグの折り方を考えると、シビュラの秘密を知り、危機に陥ったところを朱に救われて覚醒する…というルートと、これまでずっと自力で突き抜けていることを考えると、この危機すらも自力で脱してしまう可能性もあって、もしかしたら美佳の立ち位置は朱ともギノとも弥生たちとも交わらないんじゃないかって気もしてきた。

やっつけの図を作ってみたけど、図にするとこんな感じ。
シビュラの秘密を知るか否か、シビュラに疑問を抱くか否か…で軸を分けた時に

  • シビュラの秘密を知る者―シビュラに疑問を抱く者 〜 朱
  • シビュラの秘密を知らない者―シビュラに疑問を抱く者 〜 ギノ、雑賀先生
  • シビュラの秘密を知る者―シビュラに疑問を抱かない者 〜美佳
  • シビュラの秘密を知らない者―シビュラに疑問を抱かない者 〜弥生・志恩ほか

ここでは予想で美佳を「シビュラの秘密を知る者―シビュラに疑問を抱かない者」に分けたけど、現状ではこの立ち位置がいないので、もしかしたら美佳はこの枠に入る可能性が高いかな…と。
シビュラとしても同じフェーズ2でも朱と美佳では反応が違うと思うから、観察のし甲斐はあると思うw

そしていよいよ残り3話なんだが…未だに本当に残り3話でちゃんと終わるのかが心配だわw
でもノイタミナ発表会で山本Pが「2期は2期でちゃんと終わります」と断言したから、終わるんだろう。
あと、熊谷が「劇場版に繋がるようにアプローチを変えた」という点もチェックかな…と。多分、劇場版を見たら「あぁ!」ってなるんだろうな…ってか、そうであってくれ。

PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)

PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)

PROPLICA ドミネーター

PROPLICA ドミネーター

*1:語っているのは升嵜だが、ここでは「升嵜の口を借りて鹿矛囲が語っている」という描写

*2:朱の家族が保護対象になった時に朱が言っていたように、朱の両親は公安局の保護施設にいるものと思われる

劇場版PSYCHO-PASS サイコパス 予告編

8話放送前に予告編を公開したので、劇場版に出る=2期生存者が判明してしまい、美佳に至っては生命の危機に陥ったのに「劇場版に出るから死なないよね」という反応になってしまって、ドキドキ感がかなり台無しになった気がするんだけど、1/9公開だと、もう2期放送中に予告編出すしかない…というのも分かる。
前から言われていたように、国外からテロリストが潜入したことで舞台は海外になり、そこで朱はついに狡噛さんと再会するらしいんだけど、どうも狡噛さんは敵に回るっぽい…?
しかし、敵に回ったと見せかけて実は同じ犯人を追ってましたよ…という展開も考えられるけどさw
2期〜劇場版が朱の守破離の物語として、劇場版で狡噛さんが敵に回るか否かは、彼がシビュラの真相を知っているか否かにもかかってくる気がするんだけど、彼が朱の前に現れるってことは、狡噛さんが認めた朱の正義とそれが行使する姿勢が納得できるものであるかどうかを確かめるためって気がする。それが偶然でも必然でも。
おそらく、1期で狡噛さんが出した宿題(法で裁けない者をどう裁くのか)に対して朱が2期で出した答えが、狡噛さん自身納得できるものであれば、彼は望んで朱に裁かれるだろうなって気がする。シビュラに裁かれるのが気に食わないだけで、自身が犯した罪を裁かれること自体は狡噛さんは望んでるしね。
槙島を殺したことで狡噛さん自身「殺される側に回る」ことは覚悟済みで、あとは「誰が自分を殺すのか」と考えたら、彼が望む最も自分を殺すにふさわしい人間は常守朱以外にいないのよね(次点・ギノ)。槙島風に言うなら「常守朱に殺されることしか想像できない」なんだけど、サイコパスが「同じことを繰り返している」なら、狡噛さんの最後の落とし前として、ひょっとしたらある意味壮大な自殺ストーリーにもなり得るかもしれないな…って。
そして本当の意味で朱が狡噛さんから卒業し、狡噛さんも朱に全てを託すのなら、結局のところ狡噛さんの生命は失われないといけないんじゃないか…って。
あと、これは2期が終わってみないと分からないことではあるんだけど、朱が出した「答え」と、狡噛さんとの対峙の行方いかんでは、朱もまた、あのシビュラ社会(日本)を脱して、シビュラが導入されたばかりのシャンバラフロートなら朱の正義と理想の社会が築けるかもしれないという希望を見出す…という可能性もなきにしもあらずかな? ただ、その場合は朱の意志を継ぐ者が現れないといけないんだけどさ。
そしてね、何に驚いたって、ギノの後ろ髪!!
ポニ座? ポニちか!?
もうほら…狡噛さんの場合は何があっても「外国行って何があったの!?」で済むけど、ギノ…その後ろ髪は「お前、ホントに何があった!?」って小一時間問い詰めたいレベルよ!
そんなところにツイッターで回ってきたのが「男性のポニーテールは社会規範への反発」っていうので、スーツ(社会規範への隷属)とポニーテール(社会規範への反発)という組み合わせは、そのまま「執行官」という立ち位置を上手く記号化しているな…と。
潜在犯でありながら社会秩序の維持に当たる「執行官」って、まんま社会規範に反発しているのに隷属しているというアンビバレンツだもの。2期制作より先に劇場版の脚本があったことを考えると、ギノの立ち位置を記号化した結果がスーツにポニテなのではないかと…。そして髪の毛伸ばした理由を語るとしたら、2期最終回でいくらでも後付は可能だしね。
あと意外すぎて驚いたのが、須郷さん生存! そして劇場版も登場!!
狡噛さんが登場しない2期で、この狡噛ファン・理彩さんがドツボにはまったキャラが、東金でも雛河でもなく、須郷さんなんだよ! でもメインキャラじゃないから2期で死ぬよねーとか思ってたら、まさかの劇場版ですか!?
…あぁ、どうりで須郷さん、2期のグッズにいたはずよね。途中から1係に加入するのもあったろうけど、そのまま劇場版にも登場するんならなるわよね…と納得したわよ。
ともあれだな…早く狡噛さん見たい。


Who What Who What(期間生産限定盤)(DVD付)

Who What Who What(期間生産限定盤)(DVD付)

PSYCHO-PASS サイコパス2 #07「見つからない子供たち」

PSYCHO-PASS Sinners of the System

2期ってば俺たちに予想当てさせすぎ吹いたwwwでござる…の巻。
ツイッターの実況および実況後の感想やら考察とか#pp_anime


「事件はまだ続いてるっていうのに、私たちはもうドローンに頼ってる」分析室で自嘲する志恩さん。モニターに表示されているのは今回の死傷者7名。
こうして刑事課メンバーのIDが表示されると、今更だけど00475-AEまでは刑事課全員共通なのね。そしててっきり監視官が末尾1で執行官が2、分析官が3だと思ってたら、そうでもないらしく、末尾の区分は一体何だろうと気になる件。
街では正常に戻ったはずのパトドローンが不審な動きを…。「ゲームはリアルじゃなきゃ」あの現実を見てなお、ゲームを続けている市民がいた。…あ、そうか。現実を見せてプレイヤーにゲームをやめさせただけであって、ゲーム自体を止めたわけじゃないんだったな。
「公安局です!」エリアストレス警報の場所を虱潰しに回る美佳たち。雛河がパラライザーで執行するも、次の場所を指示する弥生。「キリがない!」苛立つ美佳。しかし、これに対処できるのは美佳たちしかいないという現実。

鹿矛囲の隠れ家を現場検証するギノ。そして増田の聴取を続ける雑賀先生は言う。「スキャナに監視されたこの社会で、他人になりすますことは不可能だ」「ただし、意図してサイコパスをクリアにできるなら話変わってくる」「例えば臓器移植だ。多くを取り替えることはサイコパスの移植に等しい
やっぱりかー!! 5話で予想した臓器移植説が当たったぞ、オイww
…なるほどな。人間の生体反応の何を読み取ってるのかは謎技術のサイマティックスキャンだけど、人間の「生体反応」を読み取るってことは、サイコパスがクリアな人間の臓器(部品)を移植すれば、それはそのままサイコパスの移植になる…ってことか。
1期のドローン工場の事件とか泉宮寺さんの時にもあったけど、この世界のDNA鑑定技術は、スキャンしただけで登録されたDNAを割り出して個人を識別できる技術だからな。
「クリアな人間なら誤差の範囲で処理されちまうだろうからな」…あぁ、なるほどねぇ。臓器移植されてるってことは、その人間の体が「複数の人間の部品」でできてるってことだから、スキャンすれば複数のDNAが出るわな。しかし、臓器が1つ2つぐらいだと、割合の問題で誤差の範囲内になるってことか。
多分、鹿矛囲はそれこそ5話で立てた「オリジナルパーツはあっても脳ぐらい」という仮説通り、とんでもない数の移植パーツ複合体なんじゃないか?
「鹿矛囲の隠れ家には大量の臓器が保管してあったそうだ」その言葉に反応する増田。しかし、そこに秘書が迎えに来てタイムアップ。
「お前と同じように他人になりすました人間がいる。そいつらが鹿矛囲の仲間か?」問う先生。しかし、増田は答えることなく去っていった。

埠頭では「また撃てませんでした」と、鹿矛囲を目前にしながら逃してしまったことを悔やむ朱。
「また」っていうのは、1期11話のゆきちゃんが殺される時に、手にした猟銃で槙島を撃てなかったことに続いて…ってことだよな。しかし、あの時と違って朱は明確に「自分自身の正義」を描き、実行しているし、なによりその中に「遵法精神」が根付いている。ただ、1期からずっと継続しているだろう朱の迷いっていうのは、「法(シビュラ)で裁けない犯罪者をどう裁くべきなのか」ということ。
犯罪係数の概念が間違っていることを朱は認識しているんだけど、それがこの世界の法である以上、遵法者である朱はそれに則って対処するしかない。1期でかつての裁判制度を調べたりもしたけど、未だに朱の中には「法(シビュラ)で裁けない犯罪者をどう裁くべきなのか」というビジョンがないんだよね。そのビジョンをこの2期もしくは劇場版で描くことができるのか…っていうのも、朱の成長物語に含まれるのかもしれない…っていうか、含まれてなければいけないものな気がしてきた。
ただ、かつての狡噛さん(法で裁けない者を自分が犯罪者になることによって裁いた)と重なった東金を止めたように、「法で裁けないからといって法から逸脱して裁くのは間違ってる」ということだけは朱の正義の中にあるんだけど、あれから1年半経ってるのに、朱があの時から自分自身の正義の行き着く先を描けてないってことは、結局のところ朱は1期最終回の時点から先へは進めてないんだってことだよね。
言い方を変えれば、朱の時間は1期最終回で止まってる…ってことなのだろう。
狡噛さんに「常守朱の正義は正しい」と言い切られ、「自分の正義は正しいと常に証明し続けなければいけない」という「呪い」をかけられた瞬間――正確にはその「呪い」をかけられた上で自分の正義が正しいと証明しようとしたけど、狡噛さんが法で裁けない者(槙島)を自分が殺人者になることで裁いた時に朱の正義は1度負けている。その「負けた」瞬間から朱は立ち止まったまま…ってことなんだろう。
2期…というか現時点での朱って、「自分の正義が正しいと常に証明し続けること」に精一杯で、じゃあ自分(の正義)はどう未来へ進んでいくべきなのだろうかっていうビジョンを描くことができないままなんだよね。
推理において狡噛さんに依存してしまうのも、狡噛さんが朱の師匠だということもあるけど、なにより狡噛さんが朱の正義を負かしている(朱の正義が結果的には狡噛さんに負けてしまった)ことで、朱自身が「狡噛さんには勝てない」と対等な立場から1段低いところにいる…というのも関係していそうだ。
そういった意味では2期で朱が(東金を通して)狡噛さん依存から卒業して、狡噛さんと「対等な立場」にならないと、おそらく劇場版で再会するだろう狡噛さんに「やっぱりあなたの正義は間違ってるんですよ」って彼を納得させることはできないと思うよね。
「しかし、あなたがいなければ我々は全滅していた」「なにより、透明人間の目前まで辿り着いた」と、鹿矛囲を逃しはしたが、その実在を確認したことには意味がある…と東金。
「やはり、鹿矛囲を逮捕できるのは、あなただけだ」…って、なんでドヤ顔なんですか、キモ金さん!
てか「やはり」っていうのが引っかかるな。「やはり」って言うには、東金がそれだけ朱を見込んでるってことでしょ? 朱を分析しまくってる意味からしても。ってことは、やっぱ東金はシビュラの何かしらの思惑によって差し向けられた存在…っていう線はますます濃厚だよねぇ?
だけど、シビュラと東金、東金と鹿矛囲、シビュラと鹿矛囲という3つのラインが複合的というか多層的に繋がっているのと、その繋がりにしてもまだ足りないピースもあって、上手く組み上げられないんだよなぁ…。
東金の言葉を聞いているのかいないのか…。朱は遠くを見つめたままだった。


推理の海に沈んだ朱。浮かぶ「WC?」の文字。
「適性を持たない人間がドミネーターを所持できるか試した」それが第1の事件。
「ドミネーターで監視官を裁けるのか知ろうとした」それが第2の事件。
そして今回「公安を襲い、複数のドミネーターを手に入れた。おそらく仲間に与えるため」――鹿矛囲の目的はひとりでは成し得ないということ。
手に入れたドミネーターを誰に向けようとしているのか。
そして、裁かれるどころかドミネーターに認識すらされないのは何故なのか。
「一体何故…」と問う朱にヒントを授ける声――え、この声は!?
こ…狡噛さん!? 狡噛さんじゃないっすか!!
ついに朱ちゃん、狡噛さんをスタンド召喚した!www
てか、狡噛さんがスタンド召喚とはいえ本編で喋ったぞ、ヒャッホーイヽ(゚∀゚)ノ
新規カットだけじゃなく新録セリフとは…ありがとうございます、本当にありがとうございます!!

「ありえない自体が起こったなら、疑うべきは2つだけだ。前提条件が間違っているか、それともアンタの頭がイカれちまったか」狡噛さんは朱にそう言った。しかし朱は「私だけが虚構に囚われているなら分かる。でもそうじゃない。鹿矛囲の存在はもう疑いようがない事実」と答える。
「だがドミネーターは認識すらしない」「槙島ともまた違う」朱から得た事実を整理していく狡噛さん。…って、自分で「朱から得た事実を整理していく狡噛さん」と書いておいて、実は私自身「この書き方ってちょっと変だよな」と思っている件。まるで狡噛さんと会話をしているみたい…というか、朱の中では狡噛さんと会話してるんだよな、きっと。
これって朱の脳内とか深層心理で行われてること…という描写なんだろうけど、これが実は「朱の中に狡噛さんを模した人格が本人も知らないうちにできてた」とかだったら色んな意味で笑ってしまいそうだけど、よく考えたら朱の自室に書かれた「WC?」については何ら解決してないことを思い出してしまった…。
ただ、たまにあるよね…。実は刑事や探偵のほうが狂っていた…みたいなオチの推理・ホラー小説。
とはいえ、2期で終わるなら「常守朱は狂っていたEND」も考えられるけど、劇場版に続くからなぁ…。でも最後のほうで「え、私狂ってたの!?」(「え、私の年収低すぎ!?」風)って気づく展開だったら可能な気もする…?
ともあれ、自分でも「この書き方は変だ」と思いつつも、朱と狡噛さんの会話…という形式で進めていこう。
「免罪体質とも違う特殊な体質? だからこの社会に認識されない」鹿矛囲がドミネーターに認識されない理由について考える朱。
「しかし、そこには必ず仕掛けがあるはずだ。個人を徹底的に管理するこの社会の隙間を突いた、重大な仕掛けが…」
個人を徹底的に管理する社会――この世界では出生時にDNA登録をすることが義務付けられてるんだけど*1さっきの「臓器移植」の話。アレこそ、この「隙間」を突いている部分だわ。
つまり、だ。この社会で個人を徹底的に管理する前提には「DNA」がある。「ひとりの人間にひとつのDNAパターン」というのが前提なんだが、もし「臓器移植」によってそれが崩されていたら。しかもひとりの人間に相当数のDNAパターンが存在する――ってことまでは前提にされてない…ってことよね。
そしてふと思ったのだが、この世界でDNAによって個人を識別しているとしたら、DNAパターンが同じである一卵性双生児はどうするんだろう? もっとも我々のこの現代社会の100年後には一卵性双生児すら区別できるDNA認証的なものがあるのかもしれないが。
「それは――案外近いところに転がっているのかもしれない」
鹿矛囲の正体、そして事件解決へのきっかけ――それは案外近いところに転がっているのかもしれない…と朱にヒントを出す狡噛さん。
そこに狡噛さんと重なる東金の声。

東金の声にハッとし、現実に戻る朱。その手にはタバコが。…あぁ、そういえば狡噛さん召喚アイテムだったな、タバコ。
サイマティックスキャンに認識されない鹿矛囲の体質を暴くことが事件解決の最善手ではないか…と言う東金。「その理由さえ分かれば、彼に色を付けられるかもしれない」とスタンド狡噛さんのアドバイスに従い同調する朱。
鹿矛囲が何故透明人間でいられるか。「現場に残されたヒントを探りましょう」と現場に戻る東金。しかし、朱はすぐに動こうとはせず、そこにはいない鹿矛囲に問う――「あなたは、何色なの?」
…しかし、なんだ…この東金が朱を鹿矛囲のもとに導こうとしている感。
朱が「狡噛さんならこうするだろう」と狡噛さんをなぞっているのとは逆に、東金は朱を分析して「朱ならこうするだろう」という予測を立てて朱がそう動くように仕向けている気がするんだよなぁ…。狡噛さん的な部分を匂わせてるのも、朱を思惑通りに動かすために、朱が狡噛さんを信頼していたのを利用して、自分に対してのガードを下げさせている。そして朱に自分を信頼させるように行動している…って気がする。
ただ、それが自分を朱に差し向けただろうシビュラの思惑に則って…ってだけではなさそうなんだよな。例の「黒く染めてやりたい」発言を考えると。
東金がシビュラと鹿矛囲の間を行き来する二重スパイなのか、はたまたシビュラの思惑を利用して自分の野望を達成しようとしているのか…それは今後見えてくるだろうけど、「東金朔夜という個人のレベルで常守朱に執着している」ってことは現時点でも分かるんだよね。ただ、その理由がさっぱり分からん。
だけど、どうも東金の「黒く染めてやりたい」という支配欲の裏から「愛して欲しい」「救って欲しい」という叫びのようなものを感じるんだよなぁ…。今のところ、それと繋がるようなものが、彼の机の上にあった母(or祖母)との写真ぐらいしかないんだけど…うん、イコール「マザコン」という要素からきている気が…する。
そして多分…いや、十中八九、東金は朱を裏切ると思うんだ。まぁ、さすがに朱はエヴァのシンジとは違って「私を裏切ったわね」って東金を殺しはしないと思うけど(とはいえ、結果的にエリミネーターで執行ということはあるかもしれない)、東金に裏切られたことで自分がどれだけ狡噛さんに依存していたのか、狡噛さんから独り立ちしなければ先に進むことはできない…ってことに朱は気づけないんじゃないかなって気はする。

鹿矛囲の隠れ家には移植用の臓器の他に、網膜パターンをトレースした生体コンタクトが置かれていた…と志恩さん。すると雑賀先生は「網膜パターンは酒々井水絵のものだな」と、アッサリと当てる。
…ん? 待てよ。もしかして鹿矛囲、水絵の目は移植してない? いや、移植していたとしても、生体コンタクトってことは、鹿矛囲自身は水絵の目を移植していたとしても、前回鹿矛囲が右手にしていた怪しげなデバイスも含めて複数でドミを使う手段はこれで確定したも同然じゃ…。
適性を持たない人間がドミネーターを扱うには適性者であるように誤認識させるしかない。「鹿矛囲にとって彼女(水絵)はそのための駒だろうからな」と先生。その言葉に「だから酒々井監視官の反応が複数感知されたわけね」と納得する志恩さん。
「奪われたドミネーターは8丁か…。なら酒々井水絵の反応は今後8人まで増えるだろうな」と予測する先生。発言内容に反した危機感のなさに「ずいぶん呑気なのね」と志恩さんは言い、「それとも、もう止める手立てを考えているのかしら?」と問う。
しかし先生は「そんなものはない」とこれまたアッサリと答える。
「シビュラが彼女(水絵)の行動を正しいと認め続ける限り、ドミネーターは使われ続けるさ」と皮肉を込めて言う先生。それ聞いた志恩さんは「シビュラに対する嫌味?」と咎めるが、先生は「疑念だよ」と返し、「余計悪いわよ」と志恩さん。志恩さんがシビュラに対してどう思っているかは今のところ明言されてはいないけど、先生が口にするシビュラに対する「疑念」ってやつがマズイ思想であると志恩さんは認識しているわけだ。多分、志恩さんや弥生は潜在犯ではあるけど、シビュラ社会に生きる一般的な人間なんだよな。
…あ、なるほど。弥生や志恩さんが「傍観者」という立ち位置にあるのはそういうわけか。彼女らは潜在犯ではあるけどシビュラ社会に生きる一般的な人間。潜在犯だから「社会」や「人間」に対して自由な見方はできるけど、あくまでもシビュラ社会に生きる一般的な人間だから「シビュラ」に対しては疑念を抱かないんだ。そしてそんな立ち位置の彼女たちでなければ、この話の「傍観者」は務まらないんだ…やっと分かった。
「本人ではない人間がまかり通り、犯罪者に協力する監視官が野放し…。事実を言ってるだけだ」苛立っているのか、先生は飲み干したコーヒーカップをテーブルに叩きつける。
そして雑賀先生が、きっと我々視聴者の反応に一番近いだろうね。我々視聴者というか、正しくは「我々がいるこの現実世界と、サイコパスという話の世界における価値観には相違がある」ってことを前提として見ていない視聴者…な。
1期の時にもあったんだけど、2期では脚本に関しての叩きが結構あって、それを見ているとどうもサイコパスっていう話…というか、この世界の基準とか価値観ってものを理解せずに、我々がいる現代での価値観だけで見ている人が多いなって感じるのよ。我々の社会の価値観で見ると、それこそさっきの雑賀先生のように「なんで水絵のドミ認証を止めないのか」とか、「ドミネーターで裁けないなら実銃で撃てばいいじゃないか」「法としてはザルだらけのシビュラになんで従っているのか」「公安の刑事たちは無能だらけ」って反応になるわけ。
しかし、「我々の世界とサイコパスの世界の基準や価値観には相違がある」ってことを理解して見ると、美佳や3係がどうしてそういう反応だったかが分かるのよ。更に言うと、少なくとも公安局サイドの人間は「誰も間違っていない」ってこと。
その立場によって、誰もが「正しい反応」をしているだけにすぎないのよ。この話は。
まぁ…なんだ、その、早い話が「我々がいるこの現実世界と、サイコパスという話の世界における価値観には相違がある」ってことを前提として見ていない人は、サイコパスって話を楽しむ上で損してるな…ってことですよ。

事後処理を終え、ギノと東金に引き上げるように指示する朱。しかし自分は残って鹿矛囲の隠れ家を探ると言う。そんな朱にギノは「少し休んだほうがいい」と言い、東金もそれを勧める。
しかし、朱はふたりに「でもあんまり休める状態じゃない」と侵入者事件のまま自宅を維持していると言う。それを聞いたギノは「ちょっと待て、お前引っ越してないのか」と心配性オカン属性が最大にw 東金も「まさか自分を餌にするつもりですか」と問う。
「そこまで怖いもの知らずじゃない」「手続きする時間が取れないだけ」と苦笑する朱だが、ギノは「呆れた」と溜息をつく。
そこに朱の祖母に異変が起きたとの報せが…。そして朱を意味ありげに見つめる東金。

朱の祖母が入院している施設で養護ドローンの異常が発生したとの報せに、駆けつける朱。「介護施設」って言ってるけど、「市川医療総合病院」って書いてあるから、病院…だよな。療養型…ってやつですか? いや、そこら辺の細かいツッコミはしちゃダメだなw おそらく設定した側も介護施設の種類なんてよく分かってないはずだw
朱ちゃんのおばあちゃんは葵さんっていうのか…。そして心臓外科…まさか、そこの医者も鹿矛囲とグルで、おばあちゃん、心臓持って行かれてないだろうな?
幸い、祖母は無事だった。ホッと胸を撫で下ろす朱。葵は「このくらいのことで仕事ほっぽってくるなんてさ」と大したことではないと言う。葵は朱を見て「あーちゃんは昔から自分のこと差し置いて人のために突っ走る」と、昔から変わらない朱に笑う。「ごめんね、迷惑かけて」と言う朱に、葵は「迷惑だなんて思ってない」と言い、朱は「命の大切さ、重さを知っている」と言う。そして「それは何があっても絶対失くしちゃいけない」と朱に諭す。
…あぁ、朱ちゃんって「おばあちゃん子」っていう設定があったけど、朱の価値観とかそういったものって、おばあちゃんから学んだり受け継いだりしたものなんだ。
「命の大切さ、重さ」――多分これ、この先、朱が突きつけられるものじゃないかな?
それが、鹿矛囲に対してなのか、それとも東金に対してなのか…更には再会するだろう狡噛さんになのかは分からない。けど、朱は「裁き」と「命の大切さ、重さ」を天秤にかけなければいけない時が来るんじゃないだろうか?
そこで朱が葛藤し、出した答えこそが、「常守朱の正義」が進む未来ってやつじゃないだろうか…と。
そして葵さん…なんかコレ、「遺言」に聞こえてきましたぜ…。1期で狡噛さんの手紙が朱の「正義」を決めたように、2期ではおばあちゃんのこの言葉が朱の「正義」を揺るぎのないものにするんじゃないだろうか…。
「おばあちゃん、ありがとう」と礼を言い、仕事に戻る朱。
この時、意味がありげに葵のピアスが光るんだけど、コレ、何かのフラグかなぁ…。葵さんがピアスをしていること自体は別に不思議ではないんだよね…なにせ葵さんはあー見えても我々の子供世代なので、ファッションとしてピアスをしていることには何ら違和感はないんだよ。ただ、わざわざキラリと光らせたところがね…もしかすると東金あたりが朱を陥れるために葵さんに仕込んだ発信機的何か…って可能性もあるよな。

局長の元を訪れた朱はシビュラの考えを聞きたいと、何故水絵のドミネーターに使用停止措置を取らないのかを問う。
しかし、局長=シビュラは答える。「酒々井監視官のサイコパスはクリアなままなのでね」「サイコパスがクリアなまま行動している監視官を、我々が止める理由はない」…と。
案の定のお答えでしたわ、シビュラ。犯罪係数でしか犯罪を裁かないから、どれだけ犯罪行為を行っていても、犯罪係数=サイコパスがクリアということは「罪を犯してない」のと同義だもんな。最も解決しないといけないシビュラの穴はそこなんだが、槙島事件からその部分は何も進歩していないんだな…。もっとも、進歩させたら免罪体質者を獲得できなくなるから、あえてシビュラはそこを放置している部分もあるだろうが。
「『あってはいけない』の間違いでしょ」シビュラの答えを予想していたかのように厳しく言い放つ朱。「それは自己の否定に繋がるから」
シビュラは「社会システムの最終進化形」を謳い、市民にはあくまでも「完璧なシステム」と見せかけてるんだよね。ただし、1期で局長が「『完璧』と見せることに意味がある」とギノさんに言ったように、シビュラ自身は「完璧なシステムなどない」という認識をしている。
つまり、ここではシビュラ自身は水絵の行動を危険視しているものの、法的には何ら問題がない水絵のドミ認証を停止してしまうことは、自身(法)を曲げることになってしまう――すなわち自己の否定に繋がってしまうためにできない…ってことか。
最初ね、このことを「チャンチャラおかしいわ」って私は笑ったのさ。第一、1期で自身に都合の悪い存在だった縢や狡噛さんを、ドミネーター(犯罪係数)を恣意的にいじることによって消そうとしたじゃん。
都合の悪い存在を恣意的に消せるはずなのに、何故そうしない? 矛盾してないか? ――そう思ったのよ。でも違った。
まず前提として、縢は狡噛さんは潜在犯だった。つまり、シビュラ社会から「排除された存在」だったってこと。元々シビュラ社会に排除された(シビュラの庇護下にない)存在である潜在犯=縢や狡噛さんには多少犯罪係数をいじったところで法的には不当ではない。だって元々彼らこの社会には要らない人間だから…多分そんな理論だろう。
でも今回の水絵はそうじゃない。確かにシビュラにとって都合が悪い…が、サイコパスがクリアな以上、「シビュラ社会に必要な人間」のままなので手を下せない。シビュラもまた、己が定めた法を守る遵法者であるってことだな。
もしかしたら局長がドミネーターを直に水絵に向けたら、それこそ恣意的にドミネーター(犯罪係数)をいじれるのかもしれないけど、都合が悪いのに恣意的にいじろうとしないところを見ると、シビュラは遠隔操作では犯罪係数をいじれないのかもしれない。
口を慎めという局長=シビュラに対し、「既存の制約に縛られたままでは、今回の犯人は裁けない」と法の例外措置(超法規的措置)を取るように求める朱。
「鹿矛囲か」朱の報告書を開く局長。そしてドミネーターが認識しないことはあり得ないと言う。「免罪体質ならいざ知らず、スキャン自体が不可能なイレギュラーなど存在するはずがない」と断じる局長=シビュラ。「しかし、現に存在するはずのないイレギュラーは現れた」と朱。「そんな相手に私たちはどう対処すればいい」朱は問う。犯罪係数ではなく犯罪行為そのもので罪を裁く――法を変えるしか手段はない。朱は言外に訴える。

だが局長は言う。「簡単なことだ。現に君は実行しようとしたのだろう?」――法を無視して殺す。かつて狡噛さんがそうしたように…。
「殺処分が適当だと?」できたらそうしている…と悔しさを滲ませる朱。
…あ、今気づいたけど、これスゴいわ…雛河じゃないけどw
1期で「法で裁けない者がいる。ならば法から逸脱して裁くまで」っていう狡噛さんの正義を朱は否定してるわけなんだけど、じゃあ2期でこの問題をふたたび突きつけられた朱はどう対処するのか、どう答えを出すのか。そうか、2期で全てに対して朱が出す答えは、1期で狡噛さんに突きつけられた宿題に対する答えなんだ。
そうか、2期は朱が狡噛さん依存から卒業するとともに、1期で狡噛さんに突きつけられた宿題に答えを出して、本当の意味で狡噛さんと「対等の立場」になって、そして劇場版で再会するための物語なんだ。そして多分、劇場版は狡噛さんに対して自分の正義を証明して、彼に納得させる話(狡噛さんがそれを受け入れるかは別の話として)…になるのかな?
鹿矛囲を実銃で撃とうとした東金を止めたのは誤りだったのではないかと言う局長=シビュラ。しかし朱は「不自然だわ」と答える。朱はシビュラシステムが免罪体質者というイレギュラーを取り込むことによってシステムを維持してきたことを引き合いに出し、「でも鹿矛囲に限っては観察対象にさえせずに社会から消し去ろうとしている。…つまり、あなたたちはすでに結論を出している」と、鹿矛囲がシビュラシステムに取り込めない種類のイレギュラー=シビュラにとって都合の悪い存在であることを指摘する。
…ん? ここで鹿矛囲が「シビュラシステムに取って利益をもたらす存在」という線は消えるの…か? いや、まだ朱の推理の段階であって、シビュラからそう明言されてないから可能性から捨てるのは早いとしても、「シビュラにとって都合が悪い存在だから秘密裏に消したい」理由から色々と考えられる線が出てきたぞ。
多分、シビュラシステムに取り込めない種類のイレギュラーってだけじゃなく、それこそ鹿矛囲誕生の秘密がシビュラや東金財団とかに繋がりそうな…。後天的免罪体質者の実験台とか、移植における東金財団の人体実験とか…そこら辺だと上手い具合にシビュラ・東金・鹿矛囲のラインが繋がりそうなんだけど。
「仮にそうだとしたらどうする」と問う局長=シビュラに、「鹿矛囲の謎は必ず解き明かす。その上で私たちの手で逮捕し、正当な法の裁きを受けさせるわ」と答える朱。…しかし朱。その「正当な法」って何処にあるんだよ? アンタ、犯罪係数の概念で裁けない者をどう裁くのか…っていう答えを出してないよね? 仮にその答えを出したとしても、それはシビュラに法を変えさせる…ってことだよね?
うーん、なんとなくだけど、劇場版に繋がる以上、朱は今回も鹿矛囲を(自身が思う)正当には裁けない気がするよ…。なにせサイコパスって話は、結局のところは「シビュラの手のひらの上で人間たちが転がされ続ける物語」なんだよね。「システムに支配された社会で人間たちがどう抗うのか」を描いてはいるけど、その「抗う」がシステムを打倒することとイコールになっておらず、むしろそのシステムが継続していく話がサイコパスなのであって、おそらくサイコパスって話をサーガ化するのであれば、その社会の中で抗う人間たちがその世代によってどう変化していくのか…って姿を描くんじゃないかな。
1期最終話で朱が「いつか誰かがシビュラの電源を落としにやってくる」と言ったように、朱自身、自分がシビュラを打倒する人間ではないことを知ってるのね。それは社会秩序の維持にシビュラが必要な以上、シビュラを必要としない社会を作る必要がある。そしてそのためには何十年という時間がかかることも朱は知っているから「いつか誰か」と言ったんだと思う。自分ではない「誰か」。自分より後の代であろう「誰か」。きっと、朱の望みは「人々が自分の意志でシビュラから決別することで、シビュラを必要としない社会」が作られることだと思うからさ。
鹿矛囲を自分たちの手で逮捕し、正当な法の裁きを受けさせることに「何か問題が?」と問う朱に、「いいや。引き続き職務に励みたまえ」と答えた局長。しかし、何か思うところがあるようで…。
しかしまぁ…この、シビュラが自らを完璧と見せなければならないが故に、鹿矛囲という存在が社会にとっても自身にとっても都合が悪い存在なのに、法(自身)を曲げられないがために野放しにしておくしかできないジレンマというかパラドクスというか…あぁ、やっぱり槙島はそんなシビュラシステムを笑ってる気がするよ。

一方、自室に戻った東金は、テーブルの位置と吸い殻、そして引き出しを開け「取り繕った跡があるが、順番と上下がズレている」と侵入の痕跡を確認。「詰めが甘いな」と、誰が侵入したかまで分かっているようで…。
PCを確認するとデータがコピーされた痕跡もあり、「俺の経歴か…」と目的も分かったようで…。
てか26歳当時の記録だけど、よく見ると東金の生年月日=2073年6月6日生まれ2114年現在41歳…おい、見事なまでに経歴(年齢)詐称じゃねぇかよキモ金さん!!
てか、どう若く見ても30代半ばぐらいなのに、よくもまぁ現在30歳の狡噛さんやギノさん*2より年下だって堂々と詐称できたもんですね!!
逆に感心するよキモ金さん!!
…まぁ、東金財団関係者だったら、アンチエイジング施術し放題だろうからな。てか、アラフォーなのにアラサーって詐称できるくらいの自信過剰さが羨ましいぜ、キモ金さん…。
しかし、アラフォーなのにアラサーと堂々と詐称するキモ金さんと、アラフィフなのに堂々と恐ろしいまでの若作りをしている叶姉妹のどっちがスゴいんだろう…という疑問w
そして部屋に仕掛けてあった監視カメラの映像を確認すると、そこに映っていたのは美佳…。映像を見ながら東金は呟く「よほど俺のことが気に入らないらしい」…美佳、大ピンチだぞ。

東金の古い人事ファイルに目を通した美佳は、東金が18年前一度執行官として配属されていることを確認する。更に、当時の担当監視官が全員潜在犯落ちしてエリミネーターで執行していることを知り、「何なの、コイツ」と東金に対する疑惑が深まる。
ちなみに東金の経歴部分の字幕なしのキャプ画はこちら↓

2096年〜99年まで執行官として在職してるってことは、間違いなく征陸のとっつぁん(2093年から執行官として在職)は東金を知ってるはずなんだよな。東金の過去の経歴を隠した上で再度執行官として配属したのは、東金の存在を知っているとっつぁんの存在がなくなったから…というのもありそうな気がするな。

朱の呼び出しで美佳が刑事部屋に戻ると、須郷以外の全員が集合していた。負傷した須郷は復帰までまだ時間がかかるとのこと。…ってことは、須郷さん今回お休みか…(´・ω・`)
美佳を確かめるとニヤリと笑う東金。…うん、これはもうすでに東金には美佳を陥れる策があって、下手すりゃ次回には美佳はピンチに陥る。
始まる捜査会議。当座の問題は港で消息を絶った鹿矛囲をどう追うかだが、接触する可能性のあった増田の行方を追ったところ、増田は釈放後に自殺していた。「迷うことなく死を選ぶ…それほど心酔しているということ」鹿矛囲の協力者から行方を追うのは難しそうだと判断する朱。
「入れ替わった人間だと分かっていながら、何もできなかった」と悔しさを露わにするギノに、「これ以上好きにはさせません」と朱。まずは現場に残された物証から洗っていくことに。

現場に残っていたもので目立ったのは、大量の臓器とストレスケアの薬。すると雛河が「これ、スゴい」と声を上げる。ほとんどが独自に調合された違法薬で、雛河も見たことがないもので、薬物に詳しい雛河でも「ここまで細かく調節するの、無理」と言う。
意味が分からない言う美佳に雛河は、適当な調合でそれなりの効き目を出すのだったら自分でもできるが、狙ってやっているとしたら普通の知識じゃない…と説明する。それを聞いた朱は「薬物に関して並外れた知識がある…そういうこと?」と問い、雛河は頷く。
そして雛河は「薬剤師のホロを纏ってたのは、案外フリだけじゃないのかも」とも言い、朱は鹿矛囲が薬剤師のホロをかぶっていたことを初めて知る。雛河は立てこもり事件の時にホロを纏った人物を見つけていたのだ…あの施設の薬剤師(大津)がホロだったことを。

「どうして報告しなかったの」と問う弥生に、データを美佳に送ったと答える雛河。メールで報告したという雛河に、メールチェックを怠っていた美佳は「何故口頭で報告しなかった」「これはあなたの伝達ミス」と逆に雛河を咎める。…さすが、安定の美佳。まだまだ自分の非は認めないな…。しかし、いつか自分の非を認めざるを得ない時は来るんだろうな。
しかし朱は「業務改善は後よ」と雛河にデータを分析室に送るよう指示。
分析室に送られたデータを解析するうち、志恩さんは鹿矛囲が使ったホロが成長復元ホロであることを突き止め、試しに例の航空機事故で亡くなった子供たちの中から検索したらピタリと一致。
15年前の航空機事故の犠牲者――鹿矛囲が第1の事件で使った女性のホロと同じ。
そして朱は気づく「私たちは前提条件を間違えていた」焦点にすべきは最初の女性じゃない。「この事故で死んだ、すべての子どもたちよ」
もし、鹿矛囲が纏っていたホロが、この事故の犠牲者の成長復元ホロだとしたら…――。

志恩さんに事故の詳細を出してもらう朱。
事故は15年前の5月、修学旅行に向かう小学校の生徒を乗せた旅客機が熊鷹山*3に墜落。原因は機体トラブル。犠牲者は185名の子供たちに、引率や乗員を合わせた202名…「待って! 生存者がひとりだけいるわ」と、生存者のデータをモニターに出す志恩さん「この名前…」
生存者の名前は「鹿矛囲桐人
「たった一人の生存者」…呟く朱。これが鹿矛囲の正体に迫る糸口になる。
…ってか、その飛行機事故(日空機321便墜落事故)って、思いっきり、あの日航機墜落事故にかけてるよね?
まぁ、飛行機事故の代名詞が、あの日航機墜落事故ではあるんだけど、これが鹿矛囲フランケンシュタイン説だと、これってものすごーく引っかけてあると思うの。墜落遺体でググれば分かるんだけど、ググることを私はおすすめしない。色相濁るなんてレベルじゃないから。
ただ、飛行機事故によって鹿矛囲というフランケンシュタインが生まれたのなら、これ以上上手い引っかけはないんだけど、あの事故をかけたことに対してニヤリとしていいのか私には分からない。あの事故が事故だっただけに。しかし、不謹慎厨ではないので、あの事故をヒントとして使ったことに対しては何ら異論はない。あの事故を知る者にとっては、これ以上にはない分かりやすいヒントだ。
あと、鹿矛囲桐「」が桐「」と名乗ってるということも引っかかる…。「斗」からパッと連想するものとしては「北斗」があるんだけど、もしかして、鹿矛囲って「7人」いるんじゃ…。
フランケンシュタイン鹿矛囲が7人のパーツを繋ぎあわせている…という意味なのか、他の6人が共犯者なのかは分からないけど、どうにも私は、鹿矛囲がいろんな事柄に精通しすぎているのと、例のゲームを使ってドローンを乗っ取った時に出てきた「クラウド」っていうのが引っかかってるのよ。
前回も言ったけど、例えばクラウド上にある「鹿矛囲桐斗」というデータを7人で使っているとか、もしくは「7人」のデータの集合体が「鹿矛囲桐斗」…とか。
ただ、私が鹿矛囲から感じるのは、「合体」というよりは「多層的な存在」。合体して「鹿矛囲桐斗」が出来上がってるというより、それこそレイヤーを重ねて「鹿矛囲桐斗」が出来上がっている…って感じ。
上手く表現できないんだけど、戦隊のロボみたいに同じところでパーツをガシャーンと合体させてるんじゃなくて、デジタル絵みたいにパーツ(レイヤー)重ねることでひとつの絵に仕上げる…みたいなのを感じるのよ、「7人いるかもしれない」鹿矛囲からは。
「斗」が北斗=7人を表すとすると、鹿矛囲の犯罪は「1人で起こしていると見せかけて実は複数の人間で起こしている」というか「1つの体を構成するそれぞれの層(レイヤー)が起こしている」いうことになっている気が…。
…ダメだ、なんか言葉では上手く表現できてねぇ気がする…orz
ともあれ、後半PVで出てきた謎のキーワードだった「185」が事故の犠牲者で、それが今回のサブタイ「見つからない子供たち」ってことか…。
そしてね…気づいたの。回を追うごとにどんどんAパートが長くなってるって。今回、録画開始から20分経ってCM入ったのよ…(秋田テレビは)。この調子だと、最終回なんかABパートが連結するんじゃないかって気さえしてきたわ…。


鹿矛囲についての記録を調べるも、公安の権限ですら閲覧不可能。理由は「医療上の機密保持のため」とあるが…。なんだその「医療上の機密保持」って…よっぽど後ろ暗い部分があるぞ、それ。
ならば「オペの関係者を当たってみましょう」と朱。志恩さんが一番詳しそうな人物を探すと、当時の執刀医がまだ現役だった。朱は美佳を同行させる。
「ありがとう雛河くん」と、雛河のおかげで鹿矛囲を見つけることができた…と朱。…ねぇ、朱ちゃん。あなた、雛河に対する態度って別に計算してないわよね? 天然でそれよね? 雛河がコミュ障のせいなだけであって、別に計算しての行動じゃないわよね!? …でもね朱ちゃん。その態度って、とっても男を勘違いさせる行動だって、オバちゃん思うの…。
飴と鞭…朱は雛河に事故被害者の子供たち185名の成長復元ホロ作成を命じる。「ぜ、全部!?」と驚く雛河。美佳も「それひとりで全部やらせるんですか!?」と驚くが、朱は「第3第4のホロが特定できるかもしれない」と冷静に言う。…ねぇ、朱ちゃん。ホントにそれ、計算してないんだよね!?
「雛河くん、できる?」問う朱。「やります…お姉ちゃん」顔を真赤にして答える雛河。
計算してようが天然だろうが、こうも飴と鞭を使い分けるなんて、常守朱恐ろしい子!!(白目)
そして朱は、弥生には事故被害者と同姓同名の人物がいないの調査を、ギノと東金には押収した臓器から入れ替わった人物の特定を指示し、美佳とともに鹿矛囲の執刀医の元へ向かう。

「必要な処置は全て終わらせた。あれが届けば君たちは全員ドミネーターを扱える」鹿矛囲の執刀医・升嵜は鹿矛囲の協力者だった。…なるほど、移植やら生体認証のコピーを作ったのが升嵜か。
あとはこの社会をこの社会たらしめている主(ぬし)の居場所を見つけるだけ」と言う鹿矛囲。…この社会の主=シビュラか。シビュラの居場所を突き止める…ってことは、ノナタワーはまたも襲撃されるわけだ
ってことは、鹿矛囲が真にドミネーターを向けたい相手って…シビュラシステム? しかし、あいつらにドミネーターを向けても意味がないんじゃ…。しかし、鹿矛囲はシビュラを「裁く」ことを目的としているのだから、そのシビュラが正義を執行するドミネーターでシビュラを裁く…という「皮肉」か。
そこに公安局=朱たちの到着の報せが入り、升嵜は通すように指示。朱たちが升嵜の元へ来ることまでは想定済みだった。
「あなたには感謝している」と礼を言う鹿矛囲に、「例を言うのは私のほう」と升嵜は答え「計画の成功を祈っている」と伝える。そこにやってきた朱(と美佳)は升嵜に任意同行を求める。
「私は口下手なほうでね」覚悟を決めた升嵜は朱に言う。「ちゃんと鹿矛囲の福音を伝えられるか、不安だ」…と。

朱から鹿矛囲の治療記録の調査を依頼された美佳だが、「それ必要なことですか?」「証言者を確保したんだから聴取で聞き出せば済む」と朱に反発。しかし朱は「升嵜も鹿矛囲の手でサイコパスをクリアにされているのなら聴取で偽りを述べるかもしれない。裏を取る必要がある」と返す。
面白くない美佳だが、朱の言うことも正論で、仕方なく弥生に手伝ってもらうとするも、刑事部屋にいたのは雛河だけ。しかも雛河、ご飯に錠剤かけて食ってるwwwどんだけ薬物依存www
「アンタでいいわ、手を貸しなさい」と、仕方なく雛河を使うことにした美佳。

そしてその頃、志恩さんの部屋では…キマシタワー!!
雛河は元々は重度の鬱病で、そのおかげで薬が手放せない体質になった。「かわいそうにねぇ…」と呟く志恩さん。「自衛のために磨いた技術が功を奏してホロデザイナーになってるとこなんて、彼らしくてカワイイわ」と評する志恩さんだが、弥生は「それだけで済んでいれば、執行官になることもなかったのに」と呟く。
弥生は黒のTバック…弥生は黒のTバック(大事なことなので2回言いました)。てか、青柳さんといい、弥生といい、多分志恩さんもそうだろうと思うけど、黒の下着率高すぎぃ!!
しかし弥生はクールというか、同僚の男たちに対して厳しいなぁ…。逆を言えば、同情などせず、常に一歩引いたところから彼らを見ている…ってことなんだろうけど。
そしてさぁ…2期でもあった弥生と志恩さんの事後シーンだけど、ホントにサイコパスにおいて乳首まで見せた人が未だに狡噛さんひとりという事実をどうしたらいいものか…w

鹿矛囲の手術記録の閲覧レベルの高さに疑問を抱く雛河。「後は任せたわ」と調査を雛河に丸投げする美佳。
「考えられるのは技術、もしくは薬剤で特許を取得するため…」雛河の呟きにハッとした美佳は、日本有数の薬剤取得団体を調べる…とそこには東金財団が。「やっぱりこの件は私が調べます」美佳は調査は自分が行うので、雛河には成長復元ホロの作成に戻るように指示。
ってことは、やはり東金との対決は美佳の担当か。そしてピンチに陥ることも確かだろうけど、東金との対決が朱との和解の糸口かね?

一夜明け、升嵜の聴取を雑賀先生に頼んだ朱。「こいつは全部話すつもりだ」と升嵜の意図を感じ取った先生。しかし升嵜は「誰でもいいわけではない」と言い、「幸いにもあなたは聡明で信用に足る人物」と雑賀先生を評価。
「お話しましょう。鹿矛囲のことを…」果たして升嵜の口から語られることとは…?

雛河が185人分の成長復元ホロを完成させた。…「ジェバンニが一晩でやってくれました」とはこのことか!!
分析室で展開される185人分の成長復元ホロ。その中にいたのは、第1のホロ・染水槇、第2のホロ・大津享平だけではなかった。
向島陸――公安局のカウンセラーもまた成長復元ホロだった。驚くギノ。
そして軍事ドローン施設のプログラマー、車両のメンテナンス係…次から次へと出てくる「見覚えのある顔」――。

升嵜は雑賀先生に言う。「あなた方は、鹿矛囲桐斗ひとりにいいように翻弄されていると思っていませんか。…だがそれは違う」と。
「彼はそもそも1人ではない」と言う升嵜。
展開される成長復元ホロ。そしてそのホロが見覚えのある顔の数に「第3、第4のホロどころじゃない」と驚愕する朱たち。
鹿矛囲は、ずっと私たちのそばにいた」――。
鹿矛囲と水絵、そしてそこに集った6人の仲間…。鹿矛囲は仲間に例のデバイスを渡し、笑う。「裁き」に向けて…。
つまり…なんだ。鹿矛囲の計画は1期の時点でもうすでにあった…ってことかよ。ってことは槙島の存在を知っている…?
とにかく、鹿矛囲のこの計画は用意周到に計画・準備されたものである…ってことだよな。
そして鹿矛囲の計画は動き出した…ってことは、ラスボスは鹿矛囲じゃなくておそらくは東金・シビュラのラインだな。東金とシビュラの思惑に鹿矛囲はどう繋がっているのか…。さて、8話はどうなる!?(この時点でまだ8話放送にぎりぎりセーフである…秋田は)。


PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)

PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)

PROPLICA ドミネーター

PROPLICA ドミネーター

*1:ゼロ参照。廃棄区画生まれは出生登録がされていないからDNAも登録されていなくて個人の識別・判別ができないという話があった。

*2:7話時点ではまだ誕生日前なので29歳

*3:字幕では「態」鷹山となってるけど、誤字?

PSYCHO-PASS サイコパス2 #06「石を擲つ人々」

PSYCHO-PASS Sinners of the System

3週連続で虐殺祭に慣れてきたでござる…の巻。
ツイッターの実況および実況後の感想やら考察とか#pp_anime


鹿矛囲の策略によって、またも虐殺祭の会場となった軍事ドローン実験施設。
とにかく今週は初っ端からアクションシーンで見入って実況ができないというw
志恩さんがドローンを遠隔操作しているのがゲームユーザー=一般市民だということを突き止め、朱たちに連絡。血気盛んな蓮池は「スクラップにしてやる」と、ギノと須郷の静止を振り切りドローンを追う…あ、蓮池死んだなw
なにせ1係に来たのに2期のグッズに須郷がいて蓮池いない時点でお察しだったけど、単独行動を取ったということは…死ぬわ、楓死ぬわw

国防省のドローンが乗ったられただけではなく、不特定多数にコントロールされるという前代未聞の事態。志恩さんの分析では、おそらくゲームをしている当人たちに(自分がゲームを通してドローンで人を殺しているという)自覚はなく、国境警備オペレーターが使う保護プログラムが利用されているとのこと。「保護プログラム?」と問う朱に、志恩さんは「(人を殺傷したことで)サイコパスが悪化しないよう違うホロ映像を見せるやつ」「ドローンのカメラ映像をゲーム画面に見せかけてる」と答える。
…あぁ、今週のサブタイの「石を擲つ人々」ってコレか。キリストが石打ちの刑に処される売春婦を見て、「罪を犯したことがない者が石を投げろ」と言ったら、誰も投げることができなかったというアレか。
この話においては、自覚のない犯罪というか、ゲーム画面という偽の映像を見ていることで罪を犯している自覚がないまま、実はドローンをコントロールして人を殺傷している一般市民=石を擲つ人々…ってことか。
サイコパスは1期でもサブタイが聖書からの引用だったことがあるけど、2期はより突っ込んできてるなぁ…。1期は深見の哲学引用が多かったから、そっちの要素のほうがデカかったけど、2期は哲学引用がない代わりに、サブタイの聖書引用多めで、更にそのサブタイ要素を「皮肉」としてぶっ込んできてる気がする。というか、2期は振り返ってみてもサブタイがそのまんま、その回における「皮肉」になってるよな…。
「殺意なく殺す人々…彼らの色は何色か。そういうことなの? 鹿矛囲」朱はこの事件で鹿矛囲が問いかけているものに気づく。


「ゲームは複数のサイトで公開。削除しても数分で再登録。イタチごっこね。港のドローン、全て乗っ取られるのも時間の問題」と志恩さんは朱に伝える。コントロールを奪って停止できないかと言う朱に「クラウドタイプのサーバだから大本のプログラムをどうにかすれば…」と志恩さん。ただ、サーバの場所が巧妙に隠されてて時間がかかる…とも。
早急な対応とプレイヤーへの警告を志恩さんに頼む朱。増殖を食い止めなければ被害は拡大する一方…。しかし、朱たちがこの場を対処するにも、デコンポーザーはひとり3発しか撃てない*1。「厳しい状況ですね…」と東金。すべてのドローンを破壊して止めるのが困難な以上、ドローンの停止を志恩さんたちに託し、全員この場から脱出することを朱は最優先とする。

増田代議士(の偽物)に「お前は公安を狩りに誘い込んだ」と言う雑賀先生。しかし、増田の反応に「いや、それだけじゃないな」と、その目的に気づき始める。そして朱も、鹿矛囲はドミネーターの機能を追求していたのなら、ドローンがデコンポーザーで無力化できるのはわかっていたはず…と、何か別の目的があることにに気づき、ハッとする。
この事件における鹿矛囲の目的に気づいた朱は、慌てて執行官たちに単独行動の禁止と監視官のそばへ集合の指示を出す。
「ドローンはおとりです。ドミネーターを持った敵が背後にいます!」
しかし、ドローンを仕留めるのに夢中な蓮池に、その声は届かない……死んだ、楓死んだw

ドローンを仕留めた蓮池の背後に忍び寄る人影。そして蓮池にドミネーターの照準が…死んだ、蓮池死んだw
気配に気づいた蓮池が振り返るとそこにいたのは酒々井監視官改め女海賊水絵!
エリミネーターで撃たれた蓮池は右足が爆散…死んだ、楓死んだw
「鹿矛囲の作る世界に猟犬はいらない」冷たい声でそう言い放つ女海賊水絵。出血多量で蓮池は絶命する…死んだ、蓮池死んだwwwフラグ通りに死んだwwwwwwwwwwくそっ、蓮池いいキャラだったのに殺しやがった!!
蓮池を撃った水絵に「気分はどうかな?」と訊く鹿矛囲。「とても澄んだ気持ち。サイコパスがクリアなままなのが自分でも分かる」と水絵は答える…が、ここでオフィシャルプロファイリングを持っている人は100ページを開いてみましょう。そこに「青空NG」という項目があって、そこを読むと

この作品では基本、青空NGです。
(中略)
本当に意図的に青空を見せるシーン以外は、時間帯をずらすか、濁った空という描き方をしています。

とある。
つまり、サイコパスという作品で「青空」が描かれることには「意味がある」。ということは、この青空には意味があるってことだ。
しかし、画面右が暗い…ということは、それにも意味がある…ってことか。おそらく、右側が暗いのは「水絵の閉ざされた右目(視界)」って意味があると思うんだが、それとはまた別に「澄んだ青空のようにクリアに見せかけて、実は濁り始めている」水絵…という意味もあるんじゃないか…と。
「クリアになったように見せかけて実は濁っている(後に濁る)」というのはこれまでの犯人たちがたどってきた道なんだよね…。ってことは、いずれ水絵もそうなる運命…ってことではないかい?
ともあれ、2期に「さやか枠」があるとすれば、現状では水絵が有力候補なので(東金の秘密を握ったことで美佳は回避しつつある気がする)、(サイコパスがクリアになれるという)力を手に入れてヒャッハーした水絵は、この先、自滅の道をたどるとしか思えないのだが…。
その「澄んだ気持ち」が「それこそ、君が本来持っていた心だ」と言う鹿矛囲。
「君は開放された。おめでとう」水絵を祝福する鹿矛囲。

「あなたのおかげよ」鹿矛囲に礼を言う水絵に、「そんな言葉を受け取る資格はない」と鹿矛囲。「僕は君に酷いことをした」と水絵の右目を自分に移植したことを詫びる鹿矛囲だが、水絵は「自分の目が嫌いだった」と、そんなことは取るに足りないこと…とでも言いたげに答える。
そういえば、ギノも「自分の目(目元)が嫌いだった」とメガネで隠してたけど、「目が嫌い」=「人の目を気にしている」ということでいいのかな? 
ギノの場合は父親似の目元を気にしてメガネをかけて隠してたけど、父親を認めることでメガネを必要としなくなった。もっと深いところへ突っ込めば、「潜在犯の息子」として「人の目を気にしていた」ギノは、自身も潜在犯に落ちることによって人の目を気にする必要がなくなったから、メガネという仮面を必要としなくなった…ということにもなるんだけど、水絵の場合だと、官僚一家のお嬢様とか「自身のサイコパスにコンプレックスを持っている」という設定からも、「人の目を気にしていた」のは明らかなんだが、かといってギノのように「嫌いな自分の目」が物理的になくなったことで人の目を気にしなくなったかというと、どっこいそうじゃないんだな。
確かに水絵は自分の目が嫌いだったろうけど、その目を抉り取ったのは鹿矛囲で、鹿矛囲によって目を失わされたことで「クリア」になって「人の目を気にしなくなった」のだろう。しかし、ギノが自身の力で解脱して人の目を気にしなくなったのは真逆で、水絵は完全に鹿矛囲の手によってそれを行われているから、水絵は鹿矛囲に「依存」しなければクリアな状態を保てず、鹿矛囲は水絵に今の状態が「本来持っていた心」と言ったが、それこそが偽りであることに気づいてない。
鹿矛囲って、決して相手を否定せず、肯定しかしない…というところに悪意を感じるんだよな。「笑顔の悪意」…とでも言おうか。
槙島も「笑顔の悪意」ではあったけど、槙島は悪意のある者に手段を与えて、あとはスタンドアローンで犯罪を起こさせるという「毒麦を撒く」的なものだったけど、鹿矛囲はそれこそ「悪意のない者に悪意を植え付ける」という「ウィルス」的なものを感じる…いや、ウィルスとも違うな、「染める」だ。
槙島が悪意ある者に「最後の一滴」を落とすのなら、鹿矛囲は悪意なき者に洗脳という「悪意の一滴」を落とし続けて「染めて」しまう…。だんだん槙島と鹿矛囲の違いが分かってきたぞ。
ともあれ、「相手を尊重しているようで実は尊重していない(利用している)」「相手が自主的に動いているようで実は相手を自分の思い通りに動かしている」ってのは槙島も鹿矛囲も一緒なんだけど、それでも槙島は相手の自主性を重んじたのに対し、鹿矛囲は相手を肯定しかしないことで洗脳して実は自主性を奪ってるんだよな…。
槙島は「人はこうあるべき」という姿を求めた結果が「悪意」に帰結してたけど、鹿矛囲は「悪意」によって「人はこうあるべき」という「偽り」の姿を植え付けている…多分、槙島や狡噛さんに言わせれば、鹿矛囲は「思想がない」って言われそうな気もする。
まだ上手く言い表せないんだけど、鹿矛囲が槙島と決定的に違う部分って「思想がない」って部分な気がするんだよ。鹿矛囲からは槙島のように思想的なものを感じないの。薄っぺらいっていうのかな…多分、どっちも犯罪の根源が「駄々っ子理論」だから、狡噛さんなら槙島も鹿矛囲も「どっちもガキだ」って言うんだろうけど、鹿矛囲のほうが悪意がストレートな分、薄っぺらい気がするんだよなぁ…。
水絵が「嫌い」という目だが、「僕にとっては大切な目だ」と言い、受け取ったドミネーターが自分が持っても水絵のIDで認証されることを確認した鹿矛囲は「完璧だ」「これでこのドミネーターは僕を君(水絵)だと認識し続ける」と満足そうに笑みを浮かべる。
この時、鹿矛囲が右手にしてる手袋型のデバイスらしきものが映ったんだけど、これがまた非常に怪しい…怪しすぎるほど怪しい。
「あなたの目になれて嬉しい。役に立つなら私の身体をいくらでも使って」と喜ぶ水絵。「私の身体をいくらでも使って」…ね。目以外にも水絵のパーツが使われてる(この先使われる)可能性がある…ってことか。
水絵の申し出に礼を言うも、鹿矛囲は「今は計画を進めよう」と水絵を促す。

この事件の目的が執行官の殺害ではないことに気づいた朱。そして雑賀先生もまた、事件の目的に気づいていた。
「今までの事件を考えれば、答えはひとつ」「…なるほど、お前たちの目的は」
――ドミネーターの回収
これまで、鹿矛囲が何故ドミネーターを複数必要とするのかを考えてたんだけど、ひとつは「予備のドミネーターが必要」である…ってことだと思ってたんだ。フル充電時でエリミ4発、デコポン3発っていう弾数制限があるからね。でも、どうやらこれは本当の理由じゃないらしい…ってことがこれで分かった。
さっき出てきた鹿矛囲が手にはめてたデバイス。これが槙島のヘルメットよろしく、水絵のID(生体認証)をコピーして、より多人数の人間がドミネーターを使えるようにしているとしたら…。
そのために、より多くのドミネーターを集める必要があって、今回の虐殺祭を引き起こしていたとしたら…?
監視官・執行官ではない複数の人間にドミネーターを持たせることで鹿矛囲が何を企んでいるのか、ハッキリとは分からないにせよ、次にシビュラの穴を突いた犯罪を起こすとしたらこれしかない…気がする。

一方、東金の部屋に忍び込んで彼の秘密を探り出そうとする美佳は、東金のもつ膨大な朱の写真の他にも、朱のサイコパスの変化を配属されてから毎日記録していることを知り、「気持ち悪っ!」とドン引き。
…えぇ、美佳でなくてもドン引きです…が、やっぱり写真といい、「配属されてから」のデータといい、シビュラでなければ知り得ない情報ばかりで、東金とシビュラは繋がってる…という線は濃厚だよな。とはいえ、東金は鹿矛囲とも繋がってる気がするから、その繋がりが何処で出てくるのか…。そして、シビュラ・東金・鹿矛囲がどう繋がっているのか…。
その瞬間、志恩さんから「先輩がピンチの時に、何処ほっつき歩いてんの?」と志恩さんから通信が入り、突然の通信に驚き、椅子から転がり落ちる美佳。
この時、転げ落ちた拍子に後ろのテープルにもぶつかって、その拍子に灰皿から吸い殻が1本落ちた…って描写があるんだけど、これで東金は美佳の侵入に気づく…って流れだろうな。美佳、ピンチだぞw
ただ、逆を考えると東金は美佳が侵入することまで計算ずく…という気もしないではない。

志恩さんと弥生は、水絵のIDでドミネーターが2丁起動し、別々に動いていることを確認。「彼女に成り代わった誰かがドミネータを扱ってる」と言う志恩さんに「あり得ない」と言う弥生だが、「それ以外に説明がつかない」と志恩さん。
ここで今回、ドミネーターのGPSによる各人の位置表示で、各係の監視官と執行官のコールサインが判明したんだけど

  • 1係
  • 2係
    • 監視官=BALTO(バルト/犬ぞり犬。アラスカでジフテリアが発生した際、猛吹雪の中、犬ぞりチームのリレーで血清を届けた。その最後の輸送区間を走った犬ぞりチームのリーダー犬の名前に由来)
    • 執行官=CHIPS(チップス/軍用犬。第二次大戦中、敵陣に突入して勲章を受けた軍用犬の名前に由来)
  • 3係
    • 監視官=GUARDING(ガーディング/牧羊犬。群れの見張りや外敵を防ぐタイプ「ガーディングドッグ」に由来)
    • 執行官=LURCHER(ラーチャー/狩猟犬種の混血犬)

となってるので、刑事課全員が揃ってもコールサインが混乱することはない…ってことだったか。
しかし、1係と3係が犬種由来のところに、2係だけが犬の名前由来というところにエリート集団というイメージを感じるわ…いや、壊滅しちゃったけどさw
美佳を待って応援に出る…と言う弥生に、「敵にドミネーターがある以上、執行官は来るべきじゃない」と局内に留まるよう命令を出す朱。

その間、鹿矛囲の手によって倒れていく3係…噛ませ、乙。
鹿矛囲の手で會川執行官がエリミネーターで撃たれ死亡、それを目の当たりにした兵頭執行官もまた撃たれるが、こちらはパラライザー。そして乗っ取られたドローンによって蜂の巣にされた錫木監視官が死に、堂本監視官も負傷する…って、「3係の監視官・錫木萌の話がある」っていうのは、奴が死ぬ話…ってことだったんかいw

朱・東金組と合流したギノ・須郷組。3係の監視官と連絡が取れなくなり、朱は志恩さんに水絵のドミネーターの位置を両方とも転送するように指示。追うつもりか…と言う東金に、自衛を最優先に3人ともこの場から脱出しろとに指示する朱。「ひとりで行く気か!?」と止めるギノに、「ドミネーターでは監視官は殺せない」「鹿矛囲は私が捕えてみせます」と納得させようとする朱。しかし、ギノは納得するはずもない。

一方、分析室に向かう道すがら、その通信を聞いていた美佳は、「何、勘違いしてんの」「ちょっとサイコパスがクリアだからって調子に乗って…」と相変わらずの朱への悪態。そして「濁っちゃえばいいのに…」と呟くが、自分の発言にハッとし、「私、何言ってるんだろう」…と立ち止まる。
おそらく美佳って1期に出てきた時もだけど、人の悪口言ってストレス解消…みたいなところがあったんじゃないかな。自分が「人の悪口言ってる」って自覚がないから濁らなかっただけで、それこそ神経が図太いから自分の悪意に自覚がなくて、それでメンタル美人だった部分が往々にしてあったんだと思う。
ただ、今ここで美佳は自分の悪意に気づいて「何言ってるんだろう…」って、ひょっとしたら自分自身に恐怖すら抱いたかもしれない。これがこの先サイコパスが濁って破滅に向かう「終わりの始まり」になるのか、それとも自分の中の悪意を克服するために朱(や執行官たち)を理解しようとする=成長の芽になるのか…。
前回、美佳は「自分が変わらないという自信が欲しい」と言い、自分が変わってしまうことを恐れているところがあるので、ここで自分の中の「悪意」に気づいてしまったことはちょっと嫌な予感がする…ましてや東金の秘密を知ってしまっただけに。…と考えると、美佳にもまだ「さやか枠」の可能性が残ってるんだよなぁw

ドミネーターの周囲はドローンだらけで「それは無謀です!」と朱を止める弥生。だが、執行官たちがドミネーターで撃たれることなく事態に対処できるのは朱しかいない…。
そこに雑賀先生(と雛河)が分析室に入ってきて、「ゲームのクラウドサーバ…灯台下暗しなんじゃないのか」とアドバイスを。
「…そうよ」志恩さんは「どうして気が付かなかったのかしら」と、国防省のドローン管理サーバのハッキングに成功。「次はゲームプログラムをクラックしてサイコパス保護のホロを解除しろ」と指示を出す先生。サイコパス保護のホロを解除するということは、すなわち…。
「見せるんですか!? プレイヤーに現実の光景を」とサイコハザードが起きかねない状況を危惧する弥生。しかし先生は「それが一番手っ取り早い」と意に介さない。…確かにそれしかプレイヤーのほうからゲームをやめる手段はないわな。
「さっすが国防省のプログラム。ホロ情報を解除するだけでも骨が折れそう…」と、やや苦戦気味の志恩さんに、「僕が…やる」と手を上げた雛河。「お姉ちゃん、助けなきゃ…」と作業に向かい、弥生もサポートに入る。
…お、お姉ちゃん!? 朱をお姉ちゃんって呼んだ!?
お前は某リュウタロスか、雛河!wwwwwwwww
もっとも、雛河に姉がいる可能性もあるわけだが、「雛河の朱に対する信頼」とか「報われぬ雛河の想い」とか言われてるので、雛河に姉がいる説を捨てないまま、とりあえずは雛河に「お前はリュウタロスか」と言っときたいと思いますw

「悪い魔女を倒せ」と、ゲーム内でラスボス扱いされた朱。志恩さんのナビでドローンが手薄なところへと逃げこんでいくが、疲労が蓄積されていく…。
そして志恩さん・雛河・弥生はホロの解除を急ぐ…が、8体のプレイアブルホロに、その全てが15層のホロレイヤー構成と、そう簡単に解除させてくれない。…うん、よく分かんないけど、とにかく手が込んでて難しいっていうのだけは分かったよ、弥生。
朱に襲いかかるドローン。そのピンチを救ったのは、須郷。
…うん、須郷、アンタここで今、その前職(元この施設の職員)を生かしてGJなことしてくれる!! 分かってた!!

ドローン2台に挟み込まれた朱と須郷。しかし、ドローンは撃ってこない。ゲームのプレイヤーも突如、敵が撃てなくなったことに困惑する。デコンポーザーでドローンを破壊する朱と須郷。一方、ゲームプレイヤーは一方的に敵に攻撃されてゲームオーバーになったことに納得いかず腹を立てる。
2人と合流したギノと東金。「お守りは監視官の仕事だぞ。逆なんてやらせるな」と朱を咎めつつ、心配するギノ。監視官時代もさることながら、執行官になっても心配ばっかしてないといけないとか…もうギノはそんな星の下に生まれたとしかw
「それより、今のは?」と尋ねる東金。須郷は「同士討ちを避けるための安全装置」と答える。一定の射角内に同機種が存在する場合、銃にロックがかかるようになっている。それを知っていた須郷はその機能を逆手に取って朱を救ったのだった。
須郷GJ! 超GJ!!
前回、ここが須郷の元職場だというバックボーンが描かれた時点で須郷GJフラグとして存在してたけど、期待通りのGJぶりだよ須郷! そりゃ蓮池死んでも須郷は生き残るわw そしてグッズに存在するということは、まだまだ生き残る=活躍するんだな、須郷!?
「勝手知ったる職場か」と須郷を振り返らないものの、その仕事を評価はするギノ。まだまだ青柳さんの件でのわだかまり残りすぎてるなぁ…。
「自分に作戦があります」ドローンの大半を無力化できるかもしれないと朱に切り出す須郷。「失敗した場合は?」と問う東金に、「自分が死ぬだけです。損害とはいえない」と答える須郷。
この時、ギノが嫌そうな顔するんだよね。そういや監視官時代のギノも、執行官を使い捨ての存在とは考えてなくて、どちらかと言うと前線に立ちたがる監視官だったことを思い出した。あとギノ自身、自分の部下だった執行官を何人も死なせてるから、尚更「執行官は使い捨て」って考え方を嫌ってるんだと思う…執行官になってもなお。
かといって執行官である現在のギノが死ぬことに躊躇があるかというと、多分そうではないと思う。自分の命を使うべきだと思ったら、ギノは躊躇なく死ぬと思うんだ。ただ、父親であるとっつぁんにもらった(救われた)命だから、軍師官兵衛の言葉じゃないけど「命の使い道」をギノはちゃんと知ってて、間違った使い方をしない(してない)だけだろうって。
須郷に説明を求める朱。そして「私がやります」と言う。もちろんギノはそれを止めようとする。

そこに3係・新庄執行官から「みんな死んじまった」と応援要請…というより「助けてくれ」って言ってるから救援要請だな。
そういや新庄も1期では2係の監視官だったけど、2期では執行官として3係に配属されている、いわばギノとは元監視官仲間だったんだな。1期で狡噛さんが元監視官って明らかになった時は、監視官の執行官落ちはレアケースかと思ってたけど、ギノが落ち、新庄が落ち…だと監視官の執行官落ちなんて日常茶飯事なんだろうな、公安局…って2期の組織図見た時に思ったわなw
しかし、そこに迫る足音――鹿矛囲。為す術なく、新庄もまたエリミネーターで殺される。
そしてリアルタイムで見た時にはこれで3係全員死んだと思ったんだけど、実は半分は生きている模様。
 ←クリックで原寸になります
放送終了後に確認したら、堂本・兵頭・芳賀が生きてて、この現場に波多野の姿が見えないのと合わせると、半分は生きててビックリしたものw
そして前々から3係の芳賀の名前がどこかで聞いたことがあると思ったら、あの所ジョージの本名だったwww
新庄と連絡が取れなくなり、いよいよ後がなくなった朱たち。朱は須郷に「命令です。私に指示を!」と、彼の作戦を実行に移すことを決意。「お前がやる必要は…」と制止するギノだが、「早く! これ以上犠牲が出ないうちに!」と叫ぶ。
朱に圧された須郷は、この先の運用試験場へ移動し、そこで作戦を実行に移すと告げ、朱たちはそこへと走る。
そして東金は、先を行く朱の背にドミネーターを向け、サイコパスを計測。
「この状況で…なんて美しい」「だからこそ、黒く染めてやりたい…
ウットリと東金は呟く。
へ…変態だ―――――――――――っっ!!
キモい、キモいよキモ金さん!!
前回言った、後半PVにあった気になるセリフが、この「黒く染めてやりたい」なんだけど、まさかこんなにもキモい表情でウットリと言うとは思ってなかったわ…。
しかしなんだろう…。この「黒く染めてやりたい」って言葉は、ともすれば支配欲や征服欲といったサディスティックな感情に思えるんだけど、実は裏を返せば「救って欲しい」とか「愛して欲しい」という欲求の裏返しなんじゃなかろうか?
このセリフを聞いた時に私が思い出したのが、銀河英雄伝説ロイエンタールだったんだわ。漁色家で野心的なキャラクターなんだけど、実は幼いころに母親に殺されかけたトラウマで女嫌いになってて、でもその実は愛を求めていた…っていう金銀妖瞳(ヘテロクロミア)のアンチクショウですよ。
東金の目的が今のところ明らかになってはいないんだけど、朱にここまで執拗にこだわることには絶対に理由があるはずで、この「黒く染めてやりたい」っていう欲求の奥にあるものが、その執拗さの理由なんじゃないかなぁ…?
でもね、キモいもんはキモいです、キモ金さん!!(キッパリ)
ストーカーのストー金さん通り越して、もうキモ金さんでいいですか、キモ金さん!?
そしてね、この東金さんの執着っぷりに何かデジャブを覚えると思ったら、シンケンジャーの腑破十臓だったw アイツに匹敵するキモさだね(多分褒めてる。ドン引きしながらも褒めてる)


ドローンが朱に標的を絞っている。朱を囮にドローンを目的の場所まで誘導し、例の安全装置を逆手に取って動きを止める。そして保管されていたドローンの装備用火器を利用して一気に叩く…というのが須郷の作戦だった。志恩さんのナビでドローンを引きつけながら作戦の場所へと走る朱。
そこで美佳が分析室に到着。「何を…」自分の預かり知らないところで作戦は着々と進行していたことに呆然とする美佳。
持ち前の身体能力があるとはいえ、さすがの朱も疲労の色が隠せない。しかし、ついに朱は作戦の実行場所場でたどり着く。集まってくるドローン。しかし…というか、予想通り安全装置が働き、銃にロックがかかる。
ドミネーターを構える朱。そして、ドミネーターはデコンポーザーに…。

「今よ!」志恩さんの合図で東金が吊り下げフックを下ろす。タイミングを逃さず掴まる朱。同時にギノ・須郷組がドローンの装備用火器を撃ち、ドローンを殲滅していく。撃った弾は積み上げられていた弾薬にも引火し、爆発。ドローンが全滅したことで、連動していたゲームもゲームオーバーに。
そして、水絵のもとに5丁のドミネーターが集まっていると伝える志恩さん。そして動いている方角から、海路で逃げるつもりかもしれない…とも。

ただ、この絵で見ると水絵(と鹿矛囲で)2丁、3係監視官のが1丁、3係執行官の2丁で計5丁…ってことになってるようにも見えるんだよな。確か蓮池のドミを回収した描写もあったし、殺傷された人数と集まったドミの数が合ってない気がするんだが?

ドローンから銃を外した朱に「どうするつもりだ」と問うギノ。「鹿矛囲はドミネーターで裁けない可能性が高い」と、まるで槙島の時の狡噛さんのような行動を取ろうとする朱。「サイコパスを濁らせたいのか」とギノは銃を取り上げるが、朱は「お守りですよ」と取り返す。
すると東金はパトドローンの怪しい動きに気づく。街ではゲーム画面にコンティニュー表示がされ、ゲームの再開と同時に、今度は公安局のドローンが乗っ取られた…!
「ウチ(公安局)にも仕込んでたなんて…」と驚く美佳。「いよいよもってマズイかもね…」呟く志恩さん。為す術なしなのか…。
「で…できた」そこに上がる雛河の声。そして、雛河が作ったプログラムをすぐにゲームプログラムに打ち込んで、ゲーム画面のホロを解除しろと指示する雑賀先生。

しかし「待って!」と止める美佳。プレイヤーに今までの現実を見せることで、サイコハザードが起こることを危惧する美佳。しかし、志恩さんも弥生も雛河も、誰一人としてその手を止めようとしない。
「そいつはお前さんの仕事だ」と美佳に説く先生。「このまま全てのドローンがコントロールを奪われたら、どうなると思う?」街ではドローンが人を殺傷し始めていた。
多数の人間がサイコパスを濁らせることと、多数の人間が殺されていくこと。先生たちにとっては天秤にかけるまでもないことなのだが…。
「そんなの公安のやることじゃない!」人々のサイコパスを濁らせてまで、それを行うのか。果たしてそれは正義なのか…美佳は叫ぶ。しかし、先生は言う。「マニュアル通りじゃどうにもならないこともある」…と。
2期で雑賀先生がレギュラーになった理由って、朱の師匠としてという意味もあるんだけど、征陸のとっつぁんがそうであったように、若い者に対して道を説く先人としての役割もあるんだよね。朱はいっぱいいっぱいであるがゆえに先輩として美佳に対して道を指し示す役割を放棄してるし、同じ先輩でもギノではまだ押しが足りない。しかし、先生には年の功から美佳に有無を言わさない押しの強さがある。確かに美佳は素直に聞くタイプじゃないが、先人でなければ出せない「説得力」を先生が持っているからこそ、先生を分析官として登場させた意味はデカいな…と。
やっぱね、おっさんには説得力があるんだよ…。おっさんでなければ出せない「深み」ってやつがね…。うん、おっさんはいいものですよ。
「…っ」言い返せない美佳。…そうよ、美佳ちゃん。この場の責任者は、あなたよ、ア・ナ・タ♪

一方、乗っ取られたパトドローンを止めるのに必死なギノたち。負傷した須郷が倒れ、それを救いに入る東金。しかし、デコンポーザーを何発も撃ったため、もう残弾がない。そこに襲いかかろうとするドローン…にギノパンチ!! まるでタツノコヒーローの作画だぜ、ギノ…。
ギノの義手が活躍する時が来るとは思っていたが、まさか…まさかこんなにカッコよくギノが活躍する日が来ようとは!!
1期2期通して今まで一番カッコいいぞギノ!!
カッコ悪いところはみんなメガネが背負ってくれたんや…。そして今なら狡噛さんに勝てるぞ、ギノ。ワンパンチで狡噛さんを沈められるぞギノ!!
ギノ(と東金)に抱えられた須郷は「すいません、宜野座執行官」と詫びるが、ギノは「黙って走れ」と安全な場所へと移動する。…あ、なんか今、ギノと須郷のわだかまりがちょっと解けた気がする。
そして鹿矛囲を追う朱。その手にはドミネーターとドローンの銃が握られていた。
多分これ、1期11話のドミネーターと泉宮寺さんの散弾銃を持った朱のリプレイ的なものなんだろうけど、あの時の朱は実弾の銃を撃つ覚悟がなかったけど、今の朱は撃てる(少なくとも本人的にはどうしても必要であればやむを得ず撃つことも覚悟している)という対比でもあるんだろうね。そしてそんな2期を通して劇場版では実弾の銃を持っている(本当の意味で撃つことも辞さない)朱がいる…ってことか。

解除プログラムの転送も終わり、「OK〜行っちゃおうかしら」とエンターキーを押す志恩さん。…この時の志恩さんに「やっておしまい!」なんてセリフをフォロワーさんがつけてくださったので、暫くの間、みゆきちボイスで脳内再生が止まらなかったわよwww
ホロが解除され、ドローンのカメラに映る現実が、それぞれのプレイヤーの端末に映る。「なんだよこれ!?」悲鳴を上げるプレイヤーたち。
そしてプレイヤーたちがゲームをプレイする手を止めたことにより、乗っ取られたドローンもまた停止していく。「よし!」とガッツポーズする雛河。

同時に都内各所にエリアストレス警報が…。「だから言ったのに!」危惧した通り、ゲームプレイヤーは現実を見たことでサイコパスを濁らせた。「こんなの全部対処しきれるわけないじゃん!!」叫ぶ美佳。しかし、「泣きごと言うな、監視官だろ」と雑賀先生。そして弥生もまた「出動しましょう」と美佳を促す。
朱の指示もあったとはいえ、雑賀先生たちは監視官=美佳の制止を無視してこの作戦に出た。しかし、先生も志恩さんも弥生も雛河も「人が死に続けるよりはマシ」とサイコハザード覚悟でプレイヤーに現実を見せることを選んだ。それは間違いなく、彼らの「正義」がそうさせたものだ。
今の1係の中で、唯一「自分の中に」正義を持っていないのが美佳だ。「正義」を決めるのはシビュラであり、シビュラこそが「正義」。それはかつて朱がそう思っていて打ち砕かれたものだ。おそらくこれから美佳は「正義の在処」を試される。そこで成長するのか、はたまた濁るのか。美佳が成長するだけの尺は…足りるのか!?
「集団的なサイコパス汚染か…」先生は呟く。
まるでシビュラによる秩序の弱点を、ひとつひとつ確認してるみたいだな…
前回、「シビュラ社会に対する脅威」は必ずしも「シビュラシステムに対する脅威」とイコールではない。むしろ槙島がシビュラ社会の脅威でありながら(免罪体質者として)シビュラシステムに求められたように、鹿矛囲もまたシビュラ社会の脅威でありながらシビュラシステムにとては有益な存在なのではないか…と言ったんだけど、ここで鹿矛囲がシビュラにとって利益をもたらす存在である可能性について整理してみる。
鹿矛囲もまたシビュラシステムにとって有益な存在であるから鹿矛囲を泳がせているとすれば、考えられるシビュラの思惑として考えられる可能性は3つ。

  • シビュラが量産しようとしているであろう「強化人間」に繋がる存在
    • 1期最終話で朱に語ったように、シビュラはそう遠くない将来、自身の正体を市民に開示することを前提としている。そのためには朱のように強靭なサイコパスをもった人間が必要だが、シビュラ自身は薬物等で人間のサイコパスを維持することが困難であることに気づいている。故に、次の段階への進化のためには、どうしても朱のような強靭なサイコパスを持った人間(ガンダムになぞらえて仮に「強化人間」と呼ぶ)を人工的に増やす必要がある。そこで東金を差し向けて朱を分析していたのだが、そこに現れた鹿矛囲は「強化人間」を作るより、もっとお手軽にサイコパスが濁りにくい(どころか濁らない)人間を作り出せる可能性を持っている。
  • シビュラ輸出にあたって人工的に免罪体質者を作り出せる可能性としての存在
    • サイコパスが測定できない存在ということは、免罪体質者にも似た存在である。(劇場版でシビュラシステムを海外に輸出するという設定があるので)シビュラを海外に輸出するにあたって、免罪体質者(の脳)が今以上に必要になる。そのため、鹿矛囲には人工的・後天的に免罪体質者を作ることができる可能性がある。
  • シビュラシステムがセルフデバッグのために使用している存在。
    • 強襲型ドミネーターの開発など、シビュラ自身、槙島事件で突かれたシビュラ社会の穴を埋めようとしている部分がある。そのためシビュラがセルフデバッグとして、この一連の事件を鹿矛囲に主導させている可能性。ただしこれは鹿矛囲による裏切りまでもを前提としている可能性が高い。

2期が劇場版に繋がるという前提を考えると、「人工的・後天的に免罪体質者を作り出せる可能性としての存在」かな…と思っているのだけど、すべての可能性が可能性であるうち(=真実が明らかにされるまで)は捨ててはならなのが、このサイコパスという話なんだけどねw
ともあれ、劇場版でもシビュラが健在な以上、2期も結局は「常守朱、抗いなさい」ENDは確定だし、やはりシビュラの思惑としちゃ、槙島同様、鹿矛囲は脅威ではなく「取り込みたい存在」として泳がせている…んだろうなぁ。

船で逃走を図ろうとする鹿矛囲と水絵。そこには新たに5丁のドミネーターが…。5丁ってことは、蓮池・會川・錫木・新庄の殺された4人と、兵頭・堂本の負傷した2人のどちらかの1丁…ってことか。殺傷された描写がない所さん芳賀は無事…と解釈していいのだろうか?
つまり、鹿矛囲側には、水絵・山門屋・青柳の3丁+今回の5丁の計8丁のドミがある…ってことか。ただしこれまでにエリミで4人*2殺してるから、少なくともエリミ弾数が残り1〜2発のドミは存在するよな。ドミの充電設備を持っていなければ…の話だが。てか、鹿矛囲のことだ、ドミを充電できる設備は持ってるだろ、絶対。
そこに朱が追いつき、鹿矛囲にドミネーターを向けるが、ドミネーターは鹿矛囲を認識すらしない。そして鹿矛囲もまた、朱にドミネーターを向け、「これが君の色…やはり驚くほどクリアだ」と満足気に呟く。
そんな鹿矛囲と朱を見て、水絵が嫉妬すら感じさせる表情を浮かべるのがまたなんとも…。文字通り身を捧げているのに、朱にこだわる鹿矛囲に対して、なにかアクションを起こしそう…というか、逆に朱にアクションを起こしそうだな、水絵。昼ドラ展開、お待ちしておりますw(そんな尺は多分ない)
「あなたは何者? 何が目的なの」と問う朱に、「君に裁きを見届けて欲しい」と告げる鹿矛囲。
果たして鹿矛囲は「何を」裁こうとしているのか…――。「シビュラを裁く」と鹿矛囲は言ったが、一体シビュラの「何」を裁くのか。鹿矛囲が裁こうとしているシビュラの「罪」…それが鹿矛囲が犯罪を起こした「動機」…だよな。
船を動かし、逃げる鹿矛囲。ドローンの銃を構えた朱。しかし鹿矛囲は「君が撃てないのは知ってる」と笑う。埠頭から離れていく船…って、よく見たらこの船、船体に「What Color?」って書いてあったよね…鹿矛囲ダセェwww

そこに東金が朱に追いつき、朱から銃を奪い取る。「汚れ仕事は我々の役目だ」と銃を構える東金。
夕日を背後に銃を構える男――朱はその姿にハッとする。
東金の姿に、あの日の狡噛さんの姿が重なった朱。
まさかの狡噛さん新規カットキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
ありがとう!! 本当にありがとう!! もう狡噛ファンはOPと名前以外には出てこないと思ってたから、この新規カットに狂喜乱舞せずにはいられなかった!!
もうこの際、作画がどうとかいう問題は取るに足りない。あの伝説の1期18話に比べたら全く問題ありませんよ!!
ありがとう!! 本当にありがとう!!
「ダメ!!」朱は叫び、東金を止める。そして鹿矛囲の船は沖へと去っていく…。
ハッとした朱ちゃんの顔がさ、1期の朱ちゃんに戻ってるの。きっと朱ちゃんは、あの時狡噛さんを止められなかったがずっとトラウマになってたんだな…。もちろん、ここで東金を止めたことで、そのトラウマが解消されたわけではないけど、「同じ轍を踏まない」ことはできた。でも多分、朱ちゃんが「狡噛さんを止められなかった(救えなかった)」というトラウマが解消されるとしたら、それは本当に狡噛さんを救った時じゃないと解消されないんだろうな…とも思う。
そしてここでハッキリと分かったのが、2期は東金を通して朱ちゃんが狡噛さん依存を卒業する話だ。
前から2期は「朱の守破離の物語」とは言ってたんだけど、朱が明確に東金を狡噛さんに重ねたことでハッキリとした。そして…うん、確実に朱を裏切るよね、東金さん。
多分、東金は「意識して」自分を狡噛さんっぽく見せてるんだろう。それこそ朱を「黒く染める」ために…。朱から信頼されるために狡噛さんを意識させ、その信頼が高まったところで朱を裏切る…それが東金の筋書き…か?
だとすると、尚更、東金は鹿矛囲と繋がってる説が濃くなってきたな…。そのためにシビュラを利用している…か。
そしてまたもや意味ありげに見せられた鹿矛囲の顔の傷だけど、前回出てきた手術室に移植パーツとか人体(義体っぽい)パーツがいっぱいあったし、やはり鹿矛囲は移植パーツだらけでサイマティックスキャンがエラーを起こして認識されない…ということだろうか。
あと、今回「クラウド」って出てきてふと思ったんだけど、鹿矛囲があまりにも様々なことに精通しすぎてて、逆に「鹿矛囲桐斗」って存在が複数…というか、それこそ「鹿矛囲桐斗」というデータ的なものがクラウド上に存在してて、そこで様々なスキルがアップデートされて身体(義体)にDLされてるんじゃないかって気さえしてくるのよ。もちろん、ゴルゴ13みたいに様々なことに精通しすぎてる完璧超人も存在してはいるけどさw
もちろん、鹿矛囲フランケンシュタイン(人体パーツ継ぎ接ぎ)説も捨ててないから、「鹿矛囲桐斗」=鹿矛囲の身体の元になった人間の名前から取った説も考えられるけど、鹿矛囲の正体を考えると、どうやっても「気持ち悪さ」に辿り着くんだよなぁ…。
ともあれ、まだまだ鹿矛囲・東金・シビュラの繋がりと、それぞれの思惑が見えてこないので、それがいつ、どう繋がるのか…。残り5話でどう描くんだろうな…楽しみすぎるわ。

でもって、ひとまず虐殺祭は今週で終わり…よね?
青柳ハザードの時は色相が濁りに濁ったけど、こうも続くと人間慣れるもんだね…。そういや1期で狡噛さんが言ってたわ…「人間は過酷な状況に慣れるもんだ」ってw
だけど残り5話もあるし、あと何人死ぬんだろうね…(遠い目)。


PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)

PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)

Fallen(初回生産限定盤)(DVD付)

Fallen(初回生産限定盤)(DVD付)

*1:ドミネーターはフル充電時でパラライザーは無制限、エリミネーターは4発、デコンポーザーは3発という弾数制限あり

*2:1話の山門屋+今回の蓮池・會川・新庄